スクリーンショット

説明

地形·戦略にこだわり抜いた本格派SLG

全世界で5,000万ダウンロードを突破した『三國志・戦略版』、
日本市場向けタイトル名が『三國志 真戦』に決定!
これまで「三國志」シリーズは常に戦略要素が基盤のゲームであったが、『三國志 真戦』は革新作として、究極の戦略性と公平性をもった三国志の舞台を提供する。

ここでは、プレイヤーは慣れ親しんだゲーム性に加え、さらに進化した戦略のぶつかり合いを体験することができる。

ここは公平な舞台。
資源や兵士への課金は必要なし。正々堂々と知略で強敵を撃破して、
戦略の頂点を見せつけよ!

【公平な戦い】
リアルな三国志の戦場『三國志 真戦』で、知略を操りしのぎを削る。
木材、石材、鉄鉱、兵糧などの資源への課金はできず、資源、兵士、時間を早めるためのアイテムは販売されない。プレイヤーは武将の戦力値だけで相手に勝つことはできない。それによりこの戦いの舞台がいかに公平であるかが体現されている。
戦略こそが全て、正々堂々と知略で勝負せよ!

【リアルな地形】
中国の古代地図に基づき、リアルな三国志の戦場を再現。
「三國志 真戦」では、山脈を乗り越えることはできず、関所を占領しなければならない。河を渡る時も同様で、埠頭に行かなければ兵士を移動させることができない。それゆえ、要衝である埠頭をしっかりと守り抜けば、数万の敵軍を封じ込めることができる。
同時に柵や櫓といった建築物に対しても戦略的知識が必要とされる。状況に応じた防御線を設置できるかどうかも、プレイヤーにとって大きな試練となる。地形に応じた戦略や、内通者を利用した戦略性なども実装されている。

【敵との遭遇で戦闘開始】
本作では、同じマスで敵と遭遇するとすぐに戦闘が開始される。
プレイヤーは、敵の行軍路線を予測することで防御ラインを敷き、敵の動きに影響を及ぼすことができる。さらに、独特な「士気」は行軍距離が関連しており、行軍距離が長いほど、「士気」は低くなり、部隊の戦闘力にも影響する。「士気」と「敵と遭遇したら戦闘が開始される」というルールを活かし、戦をリードすることにより相手をせん滅する爽快感を味わうことができる。

【多種多彩な編制】
本作では、兵種の相関関係がはっきりとしており、槍兵、騎兵、盾兵、弓兵の間で四すくみの関係を持っている。また、強力な“兵器”もあり、城を攻め落とす際には活躍するが、全ての兵種に対して不利となる。プレイヤーは兵種を有効活用することで、自分の勢力を拡大できる。
さらに三国志の歴史を尊重した武将の設定、武将が持つ兵種の能力もしっかりと再現されている。プレイヤーは適した武将と兵のタイプを選択し、最適解を探していく。
同じ兵種であっても、武将や戦法で全く異なる組み合わせができる。同じ兵力で更に高い勝率を目指すか、少ない部隊で戦闘を有利に運ぶか、戦い方は全てプレイヤーの選択にかかっている。

【頂上対決】
『三國志 真戦』はかつてない同盟規模を擁する。各シーズンでは、盟友とともに同盟を作り上げ、城を攻め、土地を占領することができる。超大規模の200人対200人のGVGも体験できる。
偵察や進路の舗装、敵の陽動……まさに知略を尽くした共闘体験。

最強軍団を作り上げて、天下統一を成し遂げろ!

ホームページ:https://sangokushi.qookkagames.jp/

新機能

バージョン 1.2.1

シーズン3ついに開幕!
※サーバーにより、開始日時が異なりますので、ご注意ください
※シーズン3をプレイするには、シーズン1、2をクリアする必要があります

限定武将解禁!
賈詡、郝昭、魯粛、蒋琬、凌統、木鹿大王がシーズン3に限定登場。より多種多様な編制をご期待ください!

新規事件戦法『三勢陣』が登場!
異なる陣営の武将3名を組み合わせて出陣!従来の編制に新たな風を吹き込む!

4つの新兵種戦法が登場!
錦帆軍、青州兵、象兵、虎衛軍の4つの特殊兵種戦法。相性のいい武将に組み合わせ、更なる力を発揮せよ!

『軍屯』システム追加!
資源の産出量を大きく上げることができる『軍屯』システム。備えあれば憂いなし!

『勲功』と『褒賞』システム追加!
前シーズンでの活躍に応じて『勲功』を入手し、『褒賞』で様々な物品と交換しよう!

評価とレビュー

4.4/5
1.7万件の評価

1.7万件の評価

Sheryel

他ゲームに比べれば微課金でも楽しめる

あくまでも、他の類似ゲームに比べればですが、微課金でも楽しめます。

スキルのレベルアップに必要なリソース獲得に対して、課金しても大きなリターンが得られないバランスです。
また、様々な行動を行うのに必要な武将の体力(行動力)を課金で回復不可能という仕組みも◎です。

特徴として認識したのは、各部隊に設定されている士気で、マスを移動する度に低下して戦闘時に能力が低下します。
幕舎(いわゆる要塞など)を建設し、そこに入れれば士気は回復するものの、幕舎から出陣すれば、そこから移動の度に士気が低下する事に変わりはありません。

課金だけでは解決出来ない要素が多いとは思います。

ただし、無課金では相当厳しいです。
どのゲームも同じですが、限られたリソースの奪い合いが基本ですが、無課金では周回遅れですので、成長出来ないタイミングが来ます。
もちろん、土地(リソース)の保有上限数が設定されているため、低レベルの土地は時間と共に放棄されて確保可能になりますが、ミッション達成に必要な土地がどうしても見つからない場合も発生し得ます。
同盟に加入して他ユーザーから譲り受ける形になると思います。

一個人としては、こんな感じですが、ゲーム全体では同盟の影響力が非常に高く、それもかなり少数の同盟に集約されます。
同盟同士の合併や吸収に抵抗していると成長出来ません。
それなりに強者側に居たいなら、さくっと移籍してしまうドライな姿勢も必要です。

数千円〜1万円程度は課金する覚悟があれば、それなりに楽しめると思います。

デベロッパの回答

お忙しい中、コメントをいただき誠にありがとうございます。
「三國志 真戦」を楽しんで頂き誠にありがとうございます。
君主様は既にゲームの要領を掴めたようでございます。おめでとうございます!
奥深いシステムでございますので、様々な可能性がございます。
是非引き続きご体験くださるようよろしくお願いいたします。
今後とも「三國志 真戦」へのご愛顧、よろしくお願い申し上げます。

wmeimei

悪いレビューは定期的に消えます

もう2度消えました。評価を落としたくないここの運営方針なのか、よほど私のレビューには運営が書いて欲しくない事が書かれているのか。
まずは結論から述べておきますが「システムはそこそこ面白いけど勝ちたいなら重課金が必須です」
無課金でも戦略次第で勝てるなどとCMに騙されて甘い幻想をお持ちの方は早々に回れ右をオススメします。以下にその理由を書きます。

「兵力を課金で売らない」というのは確かに正しいが、強い武将・強い戦法(ほとんどの場合強い武将を消費して取得する)を揃える事によって兵力差などは普通に覆される。言い換えれば「必要なのは兵力よりも戦術」…?うん、言い様によっては確かにそれも正しい。ただし、強い武将などは微課金程度ではほぼ出ない上に、強い武将を消費しなければ得られない強い戦法などもあり、勝つためには強い武将を複数取得する必要がある。
また、無・微課金なりに工夫して色々な戦術を試してみようにも、戦法を付け替えるにも微課金程度では所持武将や戦法的にも資源的にもすぐに限界がくる。結局は効率を求めてテンプレ編成になっていく…が、そのテンプレ編成ですら、数万円程度の課金では到底辿り着けない。
編成で負ければ結局は兵力を確保する為の資源競争にも負ける事になる。そもそも特に最上位の資源などは無課金では到底辿り着けない領域にある。最上位資源が目の前にあっても、NPCに打ち負かされ、重課金者が悠々と取っていく様を指を加えて見ているしかできない。そうして、倍の兵力揃えても到底太刀打ちできない様な相手が、むしろコチラの倍の兵力を揃えてくるのである。勝てるわけがない。
倍の兵力揃えても勝てないと書いたがなんの誇張でもなく、コチラ3万vs相手1万3千とかで、コチラは全滅、相手は兵損3千とかである。また3万の兵を集めなければならない間にも相手はドンドン攻めてくる。戦略?上手いこと引き付けて...いやいや何をどうこねくり回したってあまりに戦力差がありすぎる。
最終的には強者に媚売りマップの端っこの方で畑耕すゲームになる。それが楽しそうという方にはオススメです。

だったのですが、放浪軍というシステムができてそれすら許されない環境に。放浪軍は「対人戦が好きな方にオススメ」というだけあって、対人戦が有利になる様なシステムになる。そのかわりに資源が集めにくいという弱点があるぞ!などと運営は仰るが、上記の通り対人戦が好きな方々=重〜廃課金者の方々は、少しの資源で少しの兵数でも太刀打ちできない程の脅威なのである。それがまた集めにくくなった資源を少しでも集めようとドンドンコチラに襲い掛かってくる。ゆっくり畑耕す事すら許されなくなった...
挙句の果てには、同盟間の戦争で負けたからと言って放浪軍になり、特定の同盟に粘着し、また特定の同盟に同調して動くようにも。放浪軍はその気になればどこにでも飛べるので、正面で他同盟と正々堂々の戦争中、気付いたら同盟の裏に戦闘民族廃課金が集まっていて挟み撃ち...なんて事も。

デベロッパの回答

お客様のご期待に沿えない点がございましたことをお詫び申し上げます。

レビュー削除に関してましては、こちらでは操作しておりませんので、
大変お手数ではございますが、App Store サポートまで、
ご相談くださいますようお願いいたします。

今回お寄せいただいたご意見につきましては、開発チームと情報共有し、
今後のサービス改善の参考にさせていただきます。

皆様にお楽しみいただけるコンテンツとなるよう、より一層努力してまいります。

なお、「三國志 真戦」は公平な戦い、資源や兵士を販売しない、
知略だけで対決ができるゲームとなっております。

また、無課金や微課金の状態でも時間をかけることで、いずれは好きな武将の入手が可能です。

名将パックにて、毎日各2回の「無償登用」と「半額登用」がございます。

ゲームシーズンが進むにつれ、新しいイベントも増えてまいりますので、
引き続きお楽しみしていただければ幸いです。

今後とも「三國志 真戦」をご愛顧くださいますようお願いいたします。

サウンドtrack

やり込みたいならスマホですね

三国志のゲームといえば、個人的にはコーエーテクモさんの三国志シリーズなので、そのコーエーテクモさん監修のアプリがスマホででているとなると、三国志好きとしては遊ばずにはいられないです笑

三国志好きな人が遊ぶのがほとんどだとは思いますが、三国志を知らない人にもわかるように説明させていただくと、自分は軍師として国を豊かにしていきつつ、戦略を駆使して敵国を占領して陣地を広げていくといった感じですね。

三国志というもの自体は聞いたことあると思いますが、中国のかなり昔のお話を作られています。ゲーム内のマップや地形なんかも、中国のものをリアルに再現されているので、三国志好きな自分としては何気にポイント高かったです笑

基本的には全てリアル寄りに作られたゲームなので、サクサク爽快バトルというよりは、じっくりコツコツ態勢を整えてから、敵城を攻めていくといった流れになるので、シミュレーション好きの人の方がゲームとしては楽しめるかな?とは思いますね。もちろんそうでない方も試しに遊んでみていただきたい所ではありますが…!

あとは先ほどの地形の話もそうですが、武将やお城、政策なんかに関しても基本的には史実を基に、忠実に再現してくれているので、三国志に対するイメージの剥離なんかもほぼなく、違和感なく遊べました。

個人的にバトルメインのアクションゲームよりは、じっくり遊べるこういった形の方が好きですし、いつでもできるという点でスマホの特性に合っていると思いました。家庭用ゲームだと仕事の日なんかはなかなかやる気も起きずらいですからね…。

スマホであれば通退勤時なんかでも気軽に遊べるので、やり込むのにかなり適してます笑 最後になりますが、レビューにも書かれている通り、好きな武将を狙い撃ちでゲットしようと思ったら、それなりの運が必要になりますし、課金前提だとそれも額はかかってくる部分はありますが、ことそれ以外の点に関していうなれば、無課金でもかなり遊べる作りにはなっています。

無課金・微課金でもやり込めますので、武将に関しては気長にそのうちゲットできればいいなーくらいに付き合っていくのが一番楽しく向き合えるゲームなんじゃないかなと思います笑

Appのプライバシー

デベロッパである"Qookka Entertainment Limited"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザのトラッキングに使用されるデータ

次のデータは、他社のAppやWebサイト間でユーザをトラッキングする目的で使用される場合があります:

  • 使用状況データ

ユーザに関連付けられたデータ

次のデータは収集され、ユーザの識別情報に関連付けられる場合があります:

  • 購入
  • ID
  • 使用状況データ

ユーザに関連付けられないデータ

次のデータは収集される場合がありますが、ユーザの識別情報には関連付けられません:

  • 位置情報
  • 連絡先情報
  • ユーザコンテンツ
  • 診断

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

ストーリー

他のおすすめ