iPhone Screenshots

Description

お酒は百薬の長で、万病の元。
きちんと適量を守り、長く楽しみたいものですね。

でも問題があります。アルコール濃度はお酒によって違うので、飲んだ実際の量で適量を決めるのは難しいのです。

例えば「1日の自分のお酒の適量は、ビール500cc」と決めていても、ワインや焼酎なども飲んだとき、「今日のお酒の量は、適量の範囲だったのか、どうか」わからなくなります。

これを解決するため、飲んだお酒を純アルコールに換算して分かりやすく表示する方法が多くの国で行われています。(出典:厚生労働省 e-ヘルスネット)。

基準飲酒量という考え方です。

(具体的には、純アルコール量10グラムを「1ドリンク」として、飲んだお酒の量を測定する方法です。)

参考までに、厚生労働省は、節度ある飲酒を2ドリンク程度としていますが、個人差が大きいので自分の適量は自身で判断します。

・・・「適量くん」は、飲んだお酒の量をドリンク数で計算して「見える化」、設定した自分の適量と比べるアプリです。いろんな種類のお酒も、ドリンク数に換算。

What’s New

Version 2.1

【新機能】このバージョンから、飲酒履歴ではドリンク数に加えて、飲んだお酒の量も表示します。
注意:当バージョンで入力したデータ限定の機能です。以前のバージョンで入力されたデータでは、飲酒量はゼロと表示されます。

その他の改良点としては:
- お酒の表示順を統一しました。
- 入力可能な最大飲酒量を、1000ccから2500ccに増やしました。
- アイコンのデザインを変えました。

「適量くん」は、これからも少しづつです改良を加えて、あなたのお酒ライフが長く楽しめるようにサポートしていきます。応援よろしくお願いします。

App Privacy

The developer, 株式会社OHANA, has not provided details about its privacy practices and handling of data to Apple. For more information, see the developer’s privacy policy.

No Details Provided

The developer will be required to provide privacy details when they submit their next app update.

Supports

  • Family Sharing

    Up to six family members will be able to use this app with Family Sharing enabled.

You May Also Like