スクリーンショット

説明

「この地球上に、私……と、貴方以外の人間はいません」
過酷な運命を背負った少女と2人、滅んだ地球で旅をする。
選択肢無し、ヒロインはフルボイスの短編ノベルゲームです。


■ストーリー
ある日高校生の鏡夜が目覚めると、世界は様変わりしていた。
体は動かず、建物は寂れ、荒地が続く。
通りがかった少女によると、世界は滅んだという。
信じたくない鏡夜は、他の生物を探すため、少女と共に旅をはじめる。

――しかし。少女には『使命』があった。

人間の罪を償うために、彼女は死に続けなければならない。
何回も、何十回も、何百回も、何千回も。何万回も。息絶えては生き返る。
苦痛しか知らない彼女を見ているうちに、幸せを教えたいと鏡夜は思う。

滅んだ世界で2人きり。
死に続ける少女と、生きるための旅をする。

■キャスト
アサギリ CV松代真由

■概要
プレイ時間 3~5時間
動作環境 iOS 6.1.2 以降に対応。iOS 7 以上を推奨。

■お問い合わせ
バグや不都合がありましたら、お手数ではありますがメール(info@water-phoenix.com)
もしくはサポートよりご連絡をお願い致します。

サポート
http://www.water-phoenix.com/support/

新機能

バージョン i.3

一部バグを修正しました。

評価とレビュー

4.8/5
162件の評価

162件の評価

Ssunderson

このゲームに出会えて幸せでした

ただの自己満足長文レビューです、ご了承ください...。

(ネタバレ無し)

"荒廃した世界で死に続ける少女"

話はそこからブレません。ギャグやお色気、主人公の自分語りもあまり無く、終始灰色な雰囲気で物語は進んでいきます。今のソシャゲに比べると絵も淡白で、アサギリも可愛い〜萌え〜って感じでは無いですが、絵柄で判断するのはもったいないかも...。最後に素晴らしい絵が見られました...ありがとう。そしてアサギリの声優さんがすごい!声可愛いしアサギリの心情に合わせてうまく声色を変えていて、より一層作品に入れ込めました。個人的にかなり良作でした。「一緒に行きましょう、逝きましょう、生きましょう」...。タイトルの意味を考える度に涙がこみ上げてきます。とりあえず泣きゲーがしたい人、無機質なセカイ系が好きな人にはオススメです。

(ネタバレ有り)

まず疑問点(と言ってもそんなに気にしてないです、勝手に解釈してます)は次の3つです。

・「生きてくれ、鏡夜」は結局誰の言葉だったんだろう...お父さんかな?お父さんは息子のために極秘で脳人間を作った科学者だったんですかね。

・魚の缶詰の味のくだりがイマイチ腑に落ちないです。アサギリも何か言いたげだったような...。

・最後のエピローグ、輪廻転生かと思ったけどこの世界観なら多分違いますよね。アサギリは死んで星になる鏡夜を迎えにきたのかな?

・神様は最初から最後まで不透明な存在でしたが、まぁ罪深い人間の産みの親なので意外と適当だったりするのかもしれないですね。

鏡夜が数万年経っても砂に埋もれなかったり、気合で動けるようになったのは...想いが強かったからでしょう!

2人が全ての命の死を体験するまでの数億年?...きっと太陽も空気を読んで膨張しなかったんでしょう!

改善してほしいと思った点

・ダブルタップでメニュー画面、トリプルで早送りは個人的にやりにくかったかも...。

・アイコンは...朝と夜?のアサギリなのかな、何かもう少し違ったものがある様な気がしました。でもアサギリ大好きです。

感想

多くの人が序盤で鏡夜の現状には気付いたと思いますし、僕自身もなんとなく先が読めて「あー、多分この後アサギリと喧嘩して別れて、命の大切さ教えて仲直りして、動けるようになった鏡夜が落ちてくる瓦礫からアサギリ守って死ぬのかな...?」みたいなストーリーを考えていました...。予想はしていたものの、徐々に感情を覚えて愛らしくなるアサギリ、葛藤する2人をみてすっかりこの物語「ハマってしまいました。三章終盤、世界中におはようを刻もうの辺りで、"life is beautiful”の優しい旋律とアサギリの、屈託のない満面の笑みを見た時、目から温かい涙が流れました。「神曲だなぁ...そしてこの笑顔の為にやってきたんだ...」と満足し、「ふう、かなり楽しめました」と思いセーブしてCG鑑賞。「あれっ...まだ結構未回収の絵が...」何となく嫌な予感はしました。ここで終わっていても良かった...。でも2人の行く末を見届けなければ...。そう思い続きをプレイしました。

先ほどの予想ですが見事に裏切られました。

この話で大切なのは「命の大切さ」では無かったんですね。アサギリに殺される事で物体だった鏡夜は「命」を終え、記憶が重なることで触れ合い、「鏡夜の死」が「アサギリの生きた意味」になったんですね...。単調な世界観で、うまく設定を使って、こんなにもほろ苦い最後を描けるなんて本当にすごいと思いました...。共に逝き、共に生きていった2人をどうしようもなく美しいものだと感じ、言いようもなく切ない涙が流れました。暇つぶしにやるつもりでしたが結局二回も泣かされてしまいました。しばらくしてふと思い返す時が来ても、また切ない気持ちになると思います。本当に素晴らしい作品に出会えて良かった...ありがとうございました。

Cony & Pony

ただいまクリアしました

選択肢は無くひたすら読み進めてていくタイプのゲーム
序盤からややキツめの描写がガッツリ入っているが今後の世界観を知る為には必要な場面である思う、掴みもバッチリ
謎は全て解決されるわけでは無いが伏線はドンドン回収していくのでまた見返したくなる作品である
特に世界観が非常に素晴らしく、音楽と相まって世界を想像しながら読み進めていくのがするのが非常に楽しい
ストーリーに関してはシリアスと感動、和みパートの配分が丁度良く飽きずに読み進められる
各章のラストには必ず感動させられ、個人的には無くというより心にポッカリ穴が開いたかのような状態になる

うぉぉぉ......きょーやぁぁ......

(☆・ω・☆)

期待し過ぎた?

レビューを見て購入したのですが、泣きはしませんでした(^^;ちょっと期待し過ぎた感はありますね。
アプリ自体はラノベアプリの中でも作り込まれていて良いです。

ですがちょっと私には物足りない感はありましたね、特に(ネタバレ注意・主人公はどういう経緯で機械化したなど。気合いで機械の頭から身体を生やすなど…)このようなシーンで信憑性出して欲しかった面はあります…(すみません細かいことが気になってしまう性分で。

ですが泣いた、泣かなかったを抜いても良い作品ではあると思いますよ。

Appのプライバシー

デベロッパであるWATERPHOENIX.Incは、プライバシー情報の使用方法およびデータの取り扱いについての詳細をAppleに示していません。

詳細が提供されていません

デベロッパは、次のAppアップデートを提出するときに、プライバシーの詳細を提供する必要があります。

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp