iPhoneスクリーンショット

説明

気がつかないふりをして、もう、その年齢・・・見る覚悟はありますか?

毎日が忙しすぎて、大変すぎて、本当に大切なことなのに、忘れている「ふり」をしていた。
自分のこと、家族のこと、身近な人たちの・・・。

ちょっとだけ、覗いてみませんか?

ゆっくり落ちていく時間に心が痛くなります・・・本当に大切なものってなんなんだろう?

迷ったとき、立ち止まったとき、誰かを冷たく接してしまうとき・・・
残された時間をみつめると、なにか、べつの答えが見えてくるかもしれません。


※※※※※
【 ご注意 】
本アプリで表示されている値は、平成29年簡易生命表をもとに本アプリ内で再計算されています。
また、データ取得時期から時間が経過するごとに、平均余命は変化し、
各生年月日を基にした実際の世代との値と、誤差が生じていきます。
基本的に、アートコンセプトとしてご堪能くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※※※※※

---[NOTE]----

厚生労働省の発表している各世代の「平均余命」をもとに、現在の年齢とを再計算して、
あなたの人生の残り時間を可視化するアート・コンセプト・アプリです。

アプリを見つめることで、誰かのこと想ったり、本当に大切な事を考えてみたり、
そんな風に使っていただけたら幸いです。


■ データに関して ■
厚生労働省の発表している「平均余命」とは、
いわゆる「平均寿命」とは異なり、
その年齢の人が、平均して、あと何年生きられるかを指標にしたものです。

【よく勘違いされている間違い】
平均寿命とは、統計をとった年度の0歳児を対象にした数値であり、
統計をとった年度に自身の年齢が0歳ではない場合、
この値と自身の寿命とは関係がありません。

※2015年度の平均寿命は、男性が80.79歳、女性が87.05歳となっています。
これは、2015年に生まれた人(0歳児)が平均してその歳まで生きられるという予測指標です。


【平均余命と平均寿命の違い】
一方、「平均余命」とは、各年齢の人が「あと何年生きられるか」という数値であり、
この数値は、各年齢の人にとって、より実際的な寿命予測となると思われます。


※本アプリで表示されている値は、平成29年度の厚生労働省ホームページにある「平均余命」の値を基準に再計算しております。
また当然のことながら、数値は、あくまで計測値であり、ひとりひとりの豊かな人生の時間とは全く別のものであり、 本アプリは、「人生をみつめなおす」とテーマにしたアートコンセプトの一環として御考え下さい。

※重ねまして本アプリで表示されている数値は、同省が発表した数値をもとにしておりますが、本アプリ内での再計算も行われております。
同省が発表している、より正確な平均余命に関するデータはコチラをご覧下さい。


出典:厚生労働省ホームページ
■ 平成29年簡易生命表の概況
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life17/index.html

■ 主な年齢の平均余命
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life10/01.html

参考データは、政府統計発表のものですが、
本アプリ自体は、政府所管のもではなく、
MAMOORU PROJECT Digital Artの作成したデジタルアート作品です。

新機能

バージョン 13

内部処理を最適化し動作を軽快にしました

評価とレビュー

4.1/5
295件の評価

295件の評価

Hoppintosh

とてもよい

人生時計というコンセプトはかなり昔から欧米にありました。
 私は今62歳ですが、20代の頃に初めて知りました。
 その頃は平均余命を知ることがとても難しく、何年かに一度たまたま雑誌に掲載されると計算しなおし、それから何年もの間はその平均余命の数字を使っていました。
 このアプリのレビューの中に、命をオモチャにしているという批判や、せつなくなるという暗い感想がありますが、私自身、人生時計をそう思ったことは一度もありません。
 自分で人生の時刻を計算し始めた頃はまだ朝でした。今は午後6時45分を過ぎています。
 自分の人生時計をみつめていると、もうこんな時刻とはせつないことだというより、残りがこれくらいならばもうひとがんばりしようという気持ちになります。
・・・・・・
アプリへの希望
 ぜひ普通の「時計型人生時計表示」も作って下さい。やはり人生時計は時計型がよいと思います。人生を一日に例えるというコンセプトに一番しっくり合います。
 有料でかまいませんので、広告がでなくなるとうれしいです。

かさらららららら

10年早く、このアプリに会いたかった

俺は何をやってるんだ

ハッとしてレビューをつけざるを得なかった

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は24で実家暮らしだ
今日はアルバイトが休みで

なんとなくお菓子を食べながら

「いいゲームないかなー」

っとストアでゲームを探していた

ちょうどすごろくゲームが欲しくて

人生ゲーム

というキーワードで探していた

桃鉄はでてきたんだけど

「なんだ、人生ゲームないのかよ」

と思いながら桃鉄をインストールした。

と同時に、このアプリが表示されていた。

「ふーん人生時計ね、確かに時間は大事だな。」

他にも色々インストールしたが
大量にアプリをインストールするうちの中に
人生時計が入った。

「残りの時間を見る覚悟はありますか?」

この文に惹かれて
桃鉄よりも、何よりもこのアプリを起動した。

自分の生年月日を入力して

いざ起動!



こちらは使い終わった時間です

「二度と」

戻ることはありません。



今まで使った時間と
まだ使える時間が

円の大きさで
分かりやすく表示されていた。

僕はしばらく
画面を見続けることしかできなかった。

そういえば小学生の頃
母に教えてもらったことがある

「人は死ぬんだよ。」

肩をもって
目線を合わせて

静かな口調で話してくれたんだ。

ああ、こういうことなのか。

僕は余っていたお菓子を直ちにゴミ箱に捨てた。

「俺は何をやっているんだ」

時間はもう二度と戻らない。

だから、後悔なんかしても仕方がない

今からでも、できることを

1つずつやっていくしかないんだ。

正直、ここまでの人生を
上手く生きていた自信がない。

人は死ぬ

これは事実だ。

小学生に教えてもらったことが
やっと理解できた気がする。

もう10年早く出会いたかった

…いや、違うな

後悔しても時間は戻らない。

今ある時間で
少しずつでも、成長するんだ。

それが母にできる
1番の親孝行だろう。

Hoppintosh

とてもよい

人生時計というコンセプトはかなり昔から欧米にありました。
 私は今62歳ですが、20代の頃に初めて知りました。
 その頃は平均余命を知ることがとても難しく、何年かに一度たまたま雑誌に掲載されると計算しなおし、それから何年もの間はその平均余命の数字を使っていました。
 このアプリのレビューの中に、命をオモチャにしているという批判や、せつなくなるという暗い感想がありますが、私自身、人生時計をそう思ったことは一度もありません。
 自分で人生の時刻を計算し始めた頃はまだ朝でした。今は午後6時45分を過ぎています。
 自分の人生時計をみつめていると、もうこんな時刻とはせつないことだというより、残りがこれくらいならばもうひとがんばりしようという気持ちになります。
・・・・・・
アプリへの希望
 ぜひ普通の「時計型人生時計表示」も作って下さい。やはり人生時計は時計型がよいと思います。人生を一日に例えるというコンセプトに一番しっくり合います。
 有料でかまいませんので、広告がでなくなるとうれしいです。

情報

販売元
mamoru sasagawa
サイズ
89.2MB
カテゴリ
ライフスタイル
互換性

iOS 9.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

英語

年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© mamoru sasagawa
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ