スクリーンショット

説明

「アタッシェケース4」は日常的に使うことを想定し、見た目のシンプルさと簡便な操作性に注力しながらも、世界標準の暗号アルゴリズム(AES)を採用した強力なファイル/フォルダ暗号化ソフトです。

また、公開鍵暗号(RSA)も採用し、AESなど共通鍵暗号方式にあるようなパスワードをメールなどで送信することなく、安全に鍵交換することで、暗号化データのやりとりもできます。

暗号化はわずか3ステップ。ファイルをドラッグ&ドロップしてパスワードを入力するだけで、簡単に暗号化することができます。フォルダごとドラッグ&ドロップした場合には、1つにまとめて暗号化ファイルを作ります(フォルダごとパックします)。なお、暗号化の際にはデータに圧縮がかかりますので、ファイルサイズがコンパクトになります。

Windows版で多くの方に使われている「アタッシェケース」のmacOS版です。暗号化ファイルは互換性があり、異なるOS間でファイルをやりとりし、暗号化・復号が可能です。

新機能

バージョン 4.1.0

- Sandboxセキュリティポリシーに従いつつも、一度暗号化・復号を行ったディレクトリは認証済みとして記憶し、一々保存ダイアログが開かないように改善。
- それにより、メニューに認証済みディレクトリをリセットする項目を追加した。
- 暗号化・復号処理をキャンセルしてウィンドウを閉じ、再び表示させようとするとアプリが強制終了してしまっていた問題に対処。
- 復号時にパスワード入力を誤ったとき、正しく元の画面へ戻れず、パスワードが入力できなくなっていた問題に対処。
- 暗号化ファイルに設定されたパスワード入力制限を超えて入力された時のエラー処理がなかったので追加した。

評価とレビュー

2.3/5
4件の評価

4件の評価

はらったかし

ファイル選択しても開かない

仕事で必要なファイルを開こうと購入しましたが、開かず断念しました。原因が掴めず、ただ無駄になりました。

Ender Zakalwe

Paid version with less features.

Unlike the free W10 version, you are unable to create encrypted .zip files.

This is necessary for my work. I paid $5 for nothing.

デベロッパの回答

If you want to use the free version of macOS, you can find it on the official website(https://hibara.org/software/attachecase/). Please use that one.

香坂京

使いやすくて安心感もある

WIn Mac両対応のクロスプラットフォームかつ、WIn版のみとはいえオープンソースで安心感もある、とても貴重な(と私は思う)アプリです。
また、開発者サイトに今後の開発ロードマップを明示している姿勢が素晴らしいです。
おかげさまで心地よく使用することができます。ありがとうございます。

現状でも基本機能が使えるmacOSへの対応状況、
将来どのような進化を辿るのかの期待を込めて評価いたしました。

Appのプライバシー

デベロッパである"MITSUHIRO HIBARA"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

データの収集なし

デベロッパはこのAppからデータを収集しません。

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp