スクリーンショット

説明

音ゲー×2Dシューティング!
リズムアクション、シューティングゲームファンにオススメ!
音ゲーかシューティングか・・・?その目で確かめろ!

キュートなメロディ、クレバーなモニカ、ワイルドなリズと一緒に8人のボスを倒そう!
音ゲーパートもシューティングパートも気が抜けないぞ!


◆音ゲーパート◆
単純明快、シンプル操作で音楽ゲーム初心者でも安心!
降ってくるノーツを楽曲に合わせてタップorホールド!音ゲーマーならわかるな・・?

楽曲ごとに3種類(NORMAL、HARD、EXTREME)の難易度が用意されているので
入門者から上級者まで納得の難易度でプレイできるぞ!


◆シューティングパート◆
指一本で移動もショットもできるカンタン操作の2DSTG!
飛び回るザコ敵に地上を這う戦車、自機を狙う固定砲台、地形ギミック、
弾幕を放つ中型機に、画面を覆わんばかりの大型機の極太レーザー!
これぞ2D横スクロールシューティング!

パワーアップアイテムでオプション強化し、
ワイドショット、ミサイル、レーザー、スプレッドボム等の特殊ショット獲得でフルパワーだ!
ハイテンションモード中はショットで敵弾をスコアアイテム(コイン)に変化させることができるぞ!
硬い大型機や、ボスキャラクターには接近してショットを撃ち込め!シューターならわかるな・・?

音ゲーパートと同じく、ステージごとに3種類(NORMAL、HARD、EXTREME)の難易度が用意されているので
入門者から上級者まで納得の難易度でプレイできるぞ!高難易度ステージは、もはや弾幕シューティング!


◆その他のパート◆
メロディラン(ミニゲーム)でラン&ジャンプを駆使してMBを獲得しながら楽曲を解禁していこう!
メロディランはスキップし続けても楽曲の解禁はできるぞ!

ショップでMBを使ってお買い物できるよ!
お買い物でメロディランを有利にプレイして解禁を早めたり、
シューティングパートのメロディのライフを増やしたりできるぞ!

楽曲(ステージ)ごとの獲得したスコアによってSKILL POINTが与えられるよ!
SKILL POINTの高い上位30の楽曲の合計値が君のPLAYER SKILLだ!
PLAYER SKILLの値によって段位が与えられるぞ!目指せ!「皆伝」!
ネットランキングで全世界のプレイヤーとPLAYER SKILLを競い合おう!

登場キャラクターはザコ敵も含めフルボイス!
個性豊かなキャラクターボイスで萌え上がろう!


◆キャスト◆
メロディ(MELODY)    :ななひら

モニカ(MONICA)     :森野めぐむ

リズ(LIZ)        :柊真冬

シンセ(SYNTH)      :森野めぐむ

クラシカ(CLASSICA)   :森野めぐむ

ガラージュ(GARAGE)   :柊真冬

ルチル(RUTILE)     :大山チロル

アーシェ(ASHE)     :柊真冬

フォルクローレ(FOLCLORE):柊真冬

エレクトラ(ELECTRA)   :大山チロル

ディズ(DIZ)       :大山チロル

ザコ敵         :森野めぐむ、柊真冬、大山チロル

新機能

バージョン 1.2.7

●App Store価格設定用テーブル(Tier)の改定に対応し、アプリ内の表示アイコンを修正しました

評価とレビュー

4.8/5
604件の評価

604件の評価

ココデミ

普段音ゲームやらない人の感想

タイトル通り音ゲーは昔太鼓の達人をすこし遊んだ程度の人の感想です。

音ゲーが得意でないので最初は「シューティングは楽しいのに音ゲーがなぁ…」と感じていました。
ですが作者の他のゲーム(ユニティちゃん、りんごさん)が好きなので続けてみたところ、少しずつ音ゲーパートにも慣れてきてオトシューそのものが楽しくなってきました。
それでも結局「どんなにそれぞれ面白くてもやっぱり音ゲーとシューティング別々に作った方がいいのでは?」と思う方もいるかなと感じるので、自分なりにプレイした思った"オトシューならではの楽しさ"を書きたいと思います。

オトシューは基本的に"シューティングパート→音ゲーパート"が1セットになっています。
これが1ステージにつき2セットだったり3セットだったり難しいステージならさらにそれ以上あったりします。
BGMは基本1セット固定で次のセットに入るとちょっと曲調が変わったりします。
またシューティングパートでは敵はBGMに合わせて現れたり攻撃してきたりします。
この"BGMが1セット固定"な事と"BGMに合わせて敵が行動する"事でシューティングパートが音ゲーパートのなんとなくの予習になっています。(あくまでなんとなくです)
音ゲーが苦手な自分がそれなりにリズムを掴めるのも多分このためだと思います。

音ゲーは多分これに限らず覚えゲーなところ(とくに難易度の高い曲)があるかもしれませんが、オトシューはその覚える部分をシューティングとして、本番を音ゲーとして1つのゲームに放り込んだようなゲームです。
作者がそれを意図したのかはわかりませんが(単に両方好きで混ぜただけかも)意外とそこまで支離滅裂な組み合わせではないなと私は感じました。

ゲーム自体のボリュームも充分なステージ数と、更に各ステージ毎に3段階の難易度があり、普通にクリアを目指すだけでも長く遊べると思います。
ハイスコアを目指すなら尚更です。

一部ステージは有料ですが、上記のように無料分でもかなり遊べますしクオリティもかなり高いので、「音ゲーとシューティングって…」とか「シューティング(あるいは音ゲー)はやるけどもう一方は…」と感じている人にもオススメです🙂


追記
ノーマルはある程度余裕を持ってプレイできるようになって気づいたのですが、シューティング→音ゲーでわりと曲調が変わってたりしました。(いままで必死で気づいてなかっただけでした😰)
ですがシューティングパートで曲のテンポや雰囲気がなんとなく掴める事には変わりはないと思いますし、オトシューの個人的オススメポイントは変わりません🤗

*Luna*

これは斬新!!

Normal5まで進めての感想です。
シューティングゲームが程よい難易度設定。
虫姫さま系統の弾幕量に懐かしさを感じました。最近のゆるゲーキャラげーとは違ってシューティングゲームとしてかなり満足度は高いかと思います。ステージ途中で突然、音ゲーが始まりますw(ここが賛否両論かな
感覚的には音ゲー部分はボムのような扱いに近く音ゲーを抜けるとスコアに応じて?敵が一掃されます。これが気持ちいい✨
これからやり込みたいと思いますが、現時点でのマイナス要素はユニットの固定ですかね。多少はカスタマイズ要素があった方が最近の傾向としては受け入れやすかったのではないかなって思いました(自分としては全く問題になりませんが。シューティング好きはDLするべき☝️でも音ゲーを楽しみたい方は自己判断って感じになるシューティングよりのアプリでした。

ポテトM

ノリが良い。勢いがあるゲームすき。

キャラも可愛いし、ネタのこっちより感すき。
メロディと一緒に すりー とぅー わん GO!! ってノレると最高!
電子レンジバンバンしてそうな曲とかも好きではありますが、電波ソングがあったら買いたいです。
電波ソングで思い出しましたが、主人公のメロディちゃんはななひらさんなんですね! とても元気が出る声で大好きです。
あとはみんなが知ってそうな著作権切れのクラッシックがもう少し増えるとノリやすくて気が狂う程気持ちがええんじゃ。
キャラの掘り下げももう少しあると僕はウレシイ...ウレシイ...。
キャラのやりとりがてぇてくてショップ通いしました。
初プレイはビシバシチャンプのような楽しさがありました。
こんな楽しいゲームを夜中に見つけてしまっては寝不足になります。

Appのプライバシー

デベロッパであるMasaya Mukaeは、プライバシー情報の使用方法およびデータの取り扱いについての詳細をAppleに示していません。 詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

詳細が提供されていません

デベロッパは、次のAppアップデートを提出するときに、プライバシーの詳細を提供する必要があります。

サポート

  • Game Center

    友達にチャレンジして、ランクや達成項目をチェックできます。

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

他のおすすめ