スクリーンショット

説明

伝説の無料音楽プレーヤーがiPhoneにやってきた!! 多彩なエフェクトで、音楽をもっと楽しく!!

「ハヤえもんはふりかけである」
あなたにこのアプリを紹介できることを、とても嬉しく思っています。

このアプリは、音楽プレーヤーです。普通の音楽プレーヤーというのは、たった1つのことしかできません。それは、音楽を再生すること。たった1つのことが、音楽を再生することなのです。

ぼくには悲しい過去があります。かつて、ぼくにはたくさんのお気に入りの曲がありました。そう、「あった」のです。しかし、無くなってしまいました。

なぜかって? 飽きたからです。あなたにも同じ経験があるかもしれませんね。そう、みんなお気に入りの曲に飽きてしまうのです。

大好きな曲があると、大抵何回も繰り返しその曲を聴きます。そして、ぼくたちは飽きるのです。

シンプル。非常に単純なメカニズムです。みんな、お気に入りの曲に飽きていくのです。

だからぼくは、自分の手で音楽プレーヤーを生み出すことに決めました。もしこの音楽プレーヤーを使えば、永遠にお気に入りの曲に飽きることはありません。

さて、どうやったら良いでしょう? ヒントは、ぼくたちの日常生活の中にありました。

ぼくは毎日ごはんを食べます。でも、ぼくはごはんに飽きることはありません。

なぜかって? ふりかけによって、味を変えることができるからです。ふりかけをかけることによって、ぼくたちはごはんに飽きずに済むのです。

だから、音楽にとってのふりかけを作ることができたら、ぼくたちはお気に入りの曲に飽きずに済むのです。

音楽にとってのふりかけは、サウンドエフェクトです。もし、お気に入りの曲にエフェクトをかけられたら、飽きることはないでしょう。

これが、ぼくの音楽プレーヤーのコンセプトです。これが、ハヤえもんです。

ハヤえもんは、「音楽を、もっと楽しく!!」という目的のためだけに作られた世界でひとつだけのユニークな音楽プレーヤーです。

さあ、聞々ハヤえもんを使ってみましょう。あなたにとっての音楽が、今日から変わります。

◆広告削除
アプリ内のすべての広告を非表示にすることができます。
広告の非表示には、現在2種類の方法があります。

○買い切りプラン(2,080円)
1回のみ購入が必要で、それ以降はお使いのApple IDに関連付けられている他のデバイスでも適用できます。

○月額プラン(180円)
「買い切りプランが高い」といった声が数多く寄せられたため、新たに月額プランを設けました。
月単位の定期購入で、広告非表示が適用されます。
月額プランの購入後、買い切りプランに変更することも可能です。(※買い切りプランを購入する際は、月額プランの解約手続きを行ってください。)

【解約方法】
1)「設定」>「[ユーザ名]」>「iTunes と App Store」の順に選択します。
2)画面上部に表示されている Apple ID をタップし、「Apple ID を表示」をタップします。サインアウトしている場合は、Apple ID でサインインする必要があります。
3)スクロールして「登録」を表示し、タップします。
4)変更または解約したい登録 (サブスクリプション) をタップします。この画面から次回の自動更新タイミングの確認や、自動更新の解除/設定ができます。

【自動継続課金について】
月額プランは自動更新されます。期間終了の24時間前までに登録のキャンセルがなかった場合、次の期間に自動更新され課金されます。

【注意点】
・当月分のキャンセルについては受け付けておりません。
・Apple ID を経由して課金されます。

【利用規約・プライバシーポリシー】
http://hayaemon.jp/blog/hayaemon_privacy_jp

新機能

バージョン 4.05

◆アップデート内容
どーん! AirDropなどから追加した曲をロック画面で再生中、次の曲に進まなくなるケースがあったのを修正したのを含む3点の対応を行いました!

◆詳細
はいどーも! ハヤえもん開発者のりょーたです!

今回のアップデートでは、以下3点の対応を行いました。

(1)AirDropなどから追加した曲をロック画面で再生中、次の曲に進まなくなるケースがあったのを修正

(2)空の再生リストで上部の再生ボタンを押すとアプリがクラッシュするケースがあったのを修正

(3)再生リスト画面での検索中に次の曲に進もうとするとアプリがクラッシュするケースがあったのを修正

不具合に遭遇された方、申し訳ありませんでした!

◆開発後記
我が家には3人の子供がいるんですが、この4月から一番下の長男がぶじに年少になりました。

とは言っても、前から保育園に通わせているので、そんなに大きな変化があったわけではないんですよね。

個人的に一番嬉しかった変化は、年少になりクラス名が「あかぐみ」になったという部分ですね。

「え? そんな些細な事?」

そう思われるかもしれませんね。

というのも、去年がなかなかカオスでした。

去年は「ももぐみ」だったんですが、2クラスに分かれていて、ももぐみの中に「ももチーム」と「ぶどうチーム」があったんですよね。

初めてそれを聞いた時は耳を疑いました。

え、ももぐみのももチームと、ももぐみのぶとうチーム!?

い、いったい何を言っているんだろう……。

ももぐみっていう大きいクラスの中に、ももチームとぶとうチームがある!?

ももの中がももとぶとうに分かれている。

え、なんで? なんでなんで?

ねえ、なんで?

ももぐみの中が「ぞうさんチーム」と「きりんさんチーム」に分かれてるとかだったら、まあ分かるじゃないですか。

なにゆえ、ももぐみの中にももチームが入ってるの?

そしたら、ぶとうチームはサブチームみたいな感じになるやん。

ねえ、なんで?

ももチームがレギュラーで、ぶとうチームが補欠みたいな感じになるやん。

ねえ、なんでよ。なんでなのよ。なんでそんなネーミングにしたのよ。

チーム名を決める段階で、「え、それっておかしくないですか?」って絶対誰か思うやん。

「え、なんでももぐみの中にももチームが入ってるんですか?」って絶対誰か思ったやん。その思いをグッと飲み込んだやん。

ねえ、なんでー! なにゆえー! なにゆえー!

それからというもの、「ももぐみのももチーム」とか「ももぐみのぶどうチーム」ってフレーズを聞くたびに、「なにゆえー!」という声が脳内に響く1年を過ごしてきたんですね。

「ただいまー、きょうはももチームさんとあそんだんだよ」

そんな長男からの報告を受けても、頭の中は「なにゆえー!」でいっぱいでした。

だからこそ、この4月から「あかぐみ」になったっていうのはとっても嬉しい変化だったんですね。

あぁ、今回は「あかぐみのあかチーム」とかそんなカオスな事にはなってない……!

全員があかぐみ。ただ、それだけ。

これでついに、脳内に「なにゆえー!」が響いてくる事も無い。

良かった、良かった……!

「ついにあかぐみさんになれたね、おめでとう!」

4月になってすぐ長男にそう伝えたんですが、そこにはそんな思いも含まれていましたとさ。

◆リニューアル版開発状況
さてさて、「ハヤえもんというアプリがたどり着ける場所は、まだまだこんなもんじゃない!」という思いを胸に、現在フルリニューアル版をゼロから開発しているわけですが、日々地道に作業を進めています。

現状はライブラリ画面の開発を進めているところで、iTunes Storeからの試聴機能については一通り開発が終わり、ついに端末の曲を選べるようにする部分の開発をしているところです。

ハヤえもんユーザーのみんなが喜んでくれるよう開発を進めてますので、どうか楽しみにしていてくださいね。

また、現行バージョンについても何か不具合などあれば対応していきますので、ツイッターやApp Storeのコメント欄などでお気軽にご連絡いただけると嬉しいです。

これからも進化し続けるハヤえもんにどうかご期待くださいね。

それでは、Enjoy "Your" Music with Hayaemon!!

音楽を、もっと楽しく!

評価とレビュー

4.4/5
3,978件の評価

3,978件の評価

ニックネームほとんど使われてんじゃん

再レビュー申し上げます。

【3】
いつも利用しております、ありがとうございます。
今回、レビューを書かせて頂いた理由は

複数の再生リストがいつの間にかすっ空かんになり、全曲の方にも今日が表示されない、削除状態になっていました。
再起動など試して見たのですがどうやっても復元することが出来ず……
私の場合、カメラロールから音楽を入れているので、ミュージックライブラリとは少し違いはあると分かっているのですが、この不具合(?)は解決、または原因を改名したく思いレビューを記入させて頂きました。

悪い場所ばかり指摘して申し訳ありません。
しかし毎日私はこのアプリを使って楽しませてもらっています。今ではyoutubeよりも活用するほど重宝していますので、早急な解消をしたく思いました。



【2】
いつも利用しております、ありがとうございます。
今回、レビューを書かせていただいた理由は

ハヤえもんのアプリを閉じた状態で音楽を再生していると、稀に前に再生した楽曲の[タイトル]及び[アーティスト名]が反映され、本来の楽曲のタイトル、アーティスト名を再度書き直しをしなければいけないことがあります。(一度だけ、歌詞も反映されました)

再度アプリを立ち上げても反映された内容は変わりません。

直ちに改善していただけると幸いです。

※このような事例が起きているのは、カメラロールに保存された楽曲を再生した時のみの経験です。



【1】
データ量使用についての質問(省略)

デベロッパの回答

ご連絡ありがとうございます! りょーたです😁

あらら、ご迷惑をおかけして申し訳ありません🙏

こちらの環境でも色々と試しているのですが、該当の不具合を再現できていない状況です💡

何か発生する状況に規則性のようなものはありますでしょうか?

ぜひ不具合を修正したいと思いますので、少しでも手がかりをいただけたら助かります!

kohitime

語学学習に (20.2.27:謝辞追記)

語学学習に使っていて、特に再生速度を自由に変えられる機能や、マーカー再生機能で特定部分をループさせながら、繰り返し聞くことができて重宝しています。良いアプリをありがとうございます。

機能要望
iPadのスライドオーバー表示や半画面表示等の時に、二本指等で波形をスライドさせられる機能

主にスライドオーバーで使っています。その際、マーカーをファイル内に数個打ちたい場合に、波形が動かせない(?)ため、見えない後半部分を見るために一度、アプリを全画面表示させなければなりません。上記機能があればスライドオーバー表示のままで、マーカーが打ててとても便利になると思い、機能要望致しました。ご検討お願い致します。

追記 20.2.27
希望していた機能を追加して頂きありがとうございます。
「スライドオーバーの状態で、全体波形が見える」
様になりました。

元々用意されていた拡大ボタンにて波形の拡大を行うこともでき、またその拡大率を維持しながら、指一本で波形をスライドさせることも可能になっています。
これで全画面表示させることなく、スライドオーバー状態のままマーカーを打つことができる様になりました。
ありがとうございました!

ご自身で作られたアプリが完璧に近づき、どんどん世界中の皆さんに広まり、愛されるモノとなっていますね。
ものづくりに対する強い気持ちを感じています。
頑張ってください。
男性で申し訳ありませんが、応援してます❤️

気になった点
音声波形を拡大させた状態での、スライドの動きが機敏過ぎる感じがしました。波形を次の区間へと送る時はこのくらいの速度が便利ですが、微調整しながらマーカーを打つ際にもう少しゆっくり動いて欲しい感じです。
しかし、指を微妙に動かせばなんとかできますので、こんな意見もあったと、どこか頭の片隅にでも残して頂ければと思います。

デベロッパの回答

kohitimeさん、ありがとうございます! りょーたです😁

スライドオーバー表示の対応について、喜んでいただけて嬉しいです🙏

タップ時の操作性についても改善を考えてみますね!

他にも気になる点などありましたら、いつでもご連絡くださいませ!

ツイッター(@ryota_yama)からご連絡いただく事もできます💡

Pastorius999

ボクは時刻表眺めてオンガク🎵キミは流しのラジオでオンガク📻

2020年3月9日追記
Ryotaさん、お返事ありがとうございます😊
そういえば、もう一点素晴らしいと思うことがあります。。
それは
・ピッチそのままでテンポ半分に出来る点です。
今どきキーボードでもギターでも、耳コピにメトロノーム、シーケンサーやらWALKMANやiPodやらお使いの事と思います、、、が、、、その練習方法、、、あなたに合ってますか?おとといよりも昨日、昨日よりも本日の方が弾けてますか?
タイム感つかめましたか?
上達するには練習ありきですが、メトロノーム、シーケンサーである設定をすると上達への近道になるかも知れません。。WALKMANやiPodには無いですね。。

それは、テンポを半分にするです。。
えー、半分なんて設定したら、遅すぎるし、乗らないし、ダメでしょう。。いつまでたってもある程度から上がらない人の言い訳です、、、→勝手な私見です。。

はやえもんにはありますね。。
しかも音程そのままで!
その曲をテンポ半分で練習できますねー^ - ^
まあちょっとデジタルノイズが目立つ、、、が、ディレイのダブリング掛けてる位に思ってればダイジョブかな。。
早過ぎて何だか分からなかったタイミングが掴めたとよく聞きます^ - ^二拍三連とか16分音符の三連符とか弾けるようになったよーって。。
どうぞ味わいつくしてくださいねー^ - ^

また、逆に
・テンポ半分で音程を1オクターブ下にってやると、例えばシンセなら音作りのヒントになったりしますねー^ - ^五度とかやると、まるっきり曲の印象が変わったり。。

レビュー初回:
もう使い始めてどれだけ経ったのか分からないくらい、わたしには標準化したAppのひとつです。。
デフォルトのミュージックAppには無い魅力が有ります^ - ^⭐️☀️🌙✨🌟

・プレイリスト作成出来る^ - ^→コレ、出来ない他のAppを削除した一番の理由です。。

・リバーブが掛けられる点→ここのところ「Live化するApp」がじわじわとその個数が増えてきているが、それらには決定的なダメ👎な点がある。。それはリバーブの深さを決められないこと。。そりゃホールなんかの物理的なシミュレーションしてるのかどうかはさておき、人間の耳ってフィルターがあるので、騒がしくても、その音楽で楽しめるようになっており、いやいやそこまでリバーブ深いとダメじゃん。。まるでYouTubeにアップロードされてる自作DTM作品のリバーブの深さと変わらないじゃん。。何を演奏してるのかパッと聞き取れないっつーか、音が不明瞭過ぎる。。
その点、はやえもんには、リバーブのパラメーター設定があるので、部屋を決めてかかり具合や初期ディレイタイム(別のエフェクターのディレイの事じゃなくて)などいじれる。。コレが他のLIVE化Appを削除した第二の理由です^ - ^

・ちょっとメタリックでパワー全開に変えたいと思うとき、フランジャーを掛けられる^ - ^

・昔ディスカウントストアなんかで売ってたジャズやクラッシックのCD💿(一枚100円でしたねー最近ではDAISOでも見かけた^ - ^)は、LPレコードから起こしたものなので、音がよろしく無いので→固定ピークをグライコで少し下げてみる、耳につくところを下げてみるなどいじれる^ - ^

・ノーマライザーという悪魔のエフェクターがある^ - ^これは、プレイリスト上でも元のアルバム毎の設定になるのだが、なんと、SONYのWALKMANよろしくダイナミック・ノーマライザーとして働らくのです^ - ^具体的には音の小さい部分を大きくして、そうダイナミック・レンジの広いっつまり、音の大小の差を感じやすいとき、コレをオンにします。。原曲を知り尽くしている方は、眉ひそめモノでしょうが、元々ロックとかディスコとか聞いてきた私なんて、心静かにクラッシックを聴くときは重宝します^ - ^ただ、ピアノ曲には合わないというかオンにしたくないですねー^ - ^⭐️☀️🌙✨🌟

デベロッパの回答

Pastorius999さん、はじめまして! ハヤえもん開発者のりょーたと申します😁

とっっっても嬉しい長文コメント、ありがとうございます🙏
めちゃくちゃ励みになります……!

アプリを使っていて気になる点などありましたら、いつでもご連絡くださいね。

ツイッター(@ryota_yama)からご連絡いただく事もできます💡

Appのプライバシー

デベロッパである"Ryota Yamauchi"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザのトラッキングに使用されるデータ

次のデータは、他社のAppやWebサイト間でユーザをトラッキングする目的で使用される場合があります:

  • 位置情報
  • ID
  • 使用状況データ
  • 診断

ユーザに関連付けられたデータ

次のデータは収集され、ユーザの識別情報に関連付けられる場合があります:

  • 位置情報
  • ID
  • 使用状況データ
  • 診断

ユーザに関連付けられないデータ

次のデータは収集される場合がありますが、ユーザの識別情報には関連付けられません:

  • 診断

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ