スクリーンショット

説明

■ゲーム概要
・ブレフロ、FFBEなど幾多の名作スマホRPGを手掛けた、早貸久敏が監督を務める新作RPG
・圧倒的なシナリオボリュームとそれを演出する高グラフィック3Dシネマ
・爽快感と戦略性を兼ね備えた、新感覚3Dリアルタイム・コマンドバトル
・青二プロダクション全面協力!豪華声優陣によるキャラクターが登場。

■STAFF
<監督>
早貸久敏
 代表作:ブレイブ フロンティア
    :ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス

<クリエイティブディレクター>
竹田彰吾
 代表作:Legend of The Cryptids

<アートディレクター>
中谷幸夫
 代表作:ファイナルファンタジーⅦシリーズ
    :クロノ・トリガー
    
<シナリオディレクター>
巌光生
 代表作:スターオーシャン4 -THE LAST HOPE-

■CAST
ALL CAST PRESENTED BY 青二プロダクション

新井良平/庄司宇芽香/大和田仁美/阿座上洋平
神谷浩史/沢城みゆき/銀河万丈/野沢雅子

赤羽根健治/石塚運昇/伊藤かな恵/稲田徹
大場真人/置鮎龍太郎/岸尾だいすけ/佐藤聡美
佐藤正治/柴田秀勝/島﨑信長/島田敏/広橋涼/
/藤井ゆきよ/緑川光/和多田美咲 and more...

■最低動作保証端末
対象OS :iOS 11.0 以降
対応端末:iPhone6s以降及び相当するタブレット端末
※一部機種に関しては対象バージョン以上でも動作しない可能性がございます。

新機能

バージョン 2.7.0

・アクセサリの作成回数に応じて、選んだ刻印のSSRアクセサリを作成できる機能を追加しました。
・見た目武器に設定した5段階目限界突破武器のエフェクトが、特定の条件で表示されない不具合を修正しました。
・コラボキャンペーン画面に移動した際、チャットの更新がない場合でも未読を示すアイコンが表示される不具合を修正しました。
・一部のユーザーにおいて、コラボキャンペーンの報酬一覧が表示されない不具合を修正しました。
・ブレイドパスの再購入を促すダイアログが、特定の条件で表示されない不具合を修正しました。
・その他、一部機能の改修と不具合の修正を行いました。

評価とレビュー

4.5/5
3.6万件の評価

3.6万件の評価

548=5「569

無課金でも全然楽しめます!

始めて4ヶ月目に入り、ランクも180近くになって戦力が18万(多分ライト勢辺り)超えたのでレビューします。
課金はブレイドパスという月に1度買える980円のパスだけです。

本当にこれはやればやるほど強くなるゲームです。
最近キャラのインフレ化が目立って来ましたが装備編成、PSでの立ち回り次第で全然カバー出来ます。
装備の編成方法、立ち回り等は騎士団に入れば騎士団の方がアドバイスをしてくれます。
腕が良くなれば自然と強くなります。
刻印などちょっと複雑な部分もありますがずっとやってれば勝手に覚えますw

ガチャに関してですが
闇鍋感はどこも同じでしょう。
このゲームだけに限った話ではありません。
1つ言えるのは最高レアのSSRはキャラ、武器含め通常10%なので結構来やすいです。
ガチャでキャラが被った時はオルガンという物に変わりキャラのスキルレベルアップの素材となります。
これはよほど課金しない限りはほとんど集まらないので無視しても構いません。
キャラも8割程がかなり使えるキャラばかりなので、うわ!ハズレだ…なんて事はありません。

そして、本当に強くなれるのかと言われたら一気に強くなる!って事はないです。
本当にコツコツ積み重ねるゲームなので一気に強くなりたい!って方にはオススメしません。
根気よく周回をこなす必要があります。
BG周回があるのでアプリを閉じていても勝手に周回してアイテム収集してくれる便利な機能があるので是非ともBG周回を活用しましょう。
注意点として周回の際にはエナジーポーションという必須アイテムを使う必要がありますが、自分で大量生産出来ます。
その代わり素材を集めなければいけません。
素材は周回場所によってたくさん素材が集まる為そこを周回しつつエナジーポーションを作りつつで上手く周回する必要があります。
それが出来ると暇する事無くゲームが出来ますよ。

イベントですが
ナイツオーダー、狂霊獣戦、シナリオイベントが月に2回ほど定期的にあります。
ナイツオーダーはボスと戦い戦果(スコア)で全国のブレスロユーザーと競い合うイベントです。
リーグ制になっており1位または2位の方はキャラもしくは武器のSSR確定チケが貰えるので戦力アップに大きく繋がるでしょう。

狂霊獣戦は騎士団の方々と共にボスを倒して行くイベントで1周毎にSSR確定チケ等の報酬が貰える美味しいイベントです。
だんだんと手強くなるのでそこは強い方に任せましょうw

シナリオイベントは新キャラ登場に伴い貴重なオルガン、強化素材、超レアアイテム、武器等が手に入るイベントです。
どのイベントもやらない方が良いなんて事は絶対ないので是非とも強くなる為に回りましょう。
最近神蛇という常駐イベントが追加されましたが上級者向けで、ある程度強くならないと面白みを感じないので最初は無視して良いです。
ある程度強くなったらチャレンジしましょう。

これらを踏まえてブレスロは本当に面白いゲームです。
これから始める方は共に楽しく頑張りましょう!
新規者大歓迎!!

SMZG432

エンジョイ派には向かないゲーム

グラフィック・コマンド設定など、ゲームとしては良い出来なんですが、お金 or 運+時間のどちらかをたっぷり使えないと、育成が追いつきません。
基本ソロプレーでの、戦闘時間・ダメージ量など評価によるポイント戦です。
対人戦はなく、レイドや協力戦もなし。ギルドはありますが、ギルドイベントが少なく、内容も今のところショボイです。

育成素材は自動周回で、1人育成するのに延べ24時間程度放置出来れば集められます。
自動周回を謳っていますが、自動周回中も節電モードと言う設定でゲームを開けたままにしていく必要があり、このゲームやるのなら普段使わない予備携帯かタブレットなどで遊ぶことをオススメします。(通信と電力の無駄遣い。何故スキップ券にしないのか?)

ガチャは武器とユニット混在で、SSRはまあまあ出ます。
しかし、6属性x4人のユニットと6属性x6職用の武器を全てSSRで揃えて、更に武器は種類がどんどん増える中、4回被らないと上級以上のメイン編成としては使えません。

24ユニットとユニットに合わせた武器を育てようとすれば、上記の育成素材集めも膨大になります。初めからだと、ガチャ頑張ってユニット・武器揃えて、1ヶ月程度、このゲーム専用機で自動周回させることになりますね。更に初期育成後も、新ユニット出る度に同じ作業が必要です。
課金すれば、育成パックなどでいくらか楽が出来ますが、育成急ぐなら、初めに大きな額¥が必要になることは言うまでもありません。

暇つぶしにやる程度では、イベントでも順位戦でも中級周回がやっと。半年以上やってみましたが、強化してイベント上位を目指す以外に目的に出来る要素が見つからなかったので、Give Upしました。

ゲオ√

ここ最近(10/25時点)では一番の出来

まず一言。
なぜ寝放置推奨しているのに、深夜にメンテナンスを行うのか…。
朝起きたら全然周回できておらず端末が爆熱である。

さて。

故石塚運昇さんの声が使われている事から、開発は2年以上前から行われていた模様。

さて、まず短評から。

ストーリー★★★★⭐︎
グラフィック★★★★⭐︎
バトル★★★★★
サウンド★★★★⭐︎
バランス★★★★⭐︎
イベント★★⭐︎⭐︎⭐︎

気になるガチャはキャラと武器混合で排出率10%。昨今のゲームではかなり高いが、その分キャラは被りやすい印象で、必要とする武器を集めるのはキツい。

以下は詳細なレビュー。

○ストーリー
設定が細かいゲームというものは、どうしても出だしの置いてきぼり感が出てしまうので、その点は仕方ないとしよう。
しかし、深い設定の割に専門用語が少なく内容は簡潔で面白い。
ストーリーではテイルズ味のする雰囲気でキャラが表情と動きを楽しませてくれ、ムービーはFF調で満足させてくれる。紙芝居が入る部分も程よく、手抜きというよりスピード感がある。

○グラフィック
リアル頭身の3Dであるが、リアルに寄り過ぎて気持ち悪いという事はない。
また、美麗というほどでもないが3D酔いする筆者でも酔わないのは及第点。

○バトル
一見アクション性が高そうに見えて、序盤はスキルバシバシゲーなのだが、高難易度になるにつれて奥深さが増してくる。
スキル、作戦、道具、ターゲッティング、ダッシュ攻撃、回り込み…
おおよそこれだけの操作しかないのだが、実に面白い。
また、安定パターンを構築したつもりでも、敵のHPによって行動パターンが変わったり、攻撃力の上がるモードになったりと最後までスリル満点。
敵のバリエーションは若干少ない印象を受けるが、背後がとれない敵や、即座に倒さなければ危険な敵がいたり、低レベルではそうでもなかった雑魚が高レベルになると化けたりする等、飽きさせない工夫が見て取れる。

○サウンド
BGMは雰囲気重視で、バックグラウンドに徹している印象。
何よりSEが良い。特に攻撃がヒットしている感覚と心地よさは昨今稀に見るレベル。

○バランス
公開時点から16章まで公開されており、ひと月毎に2章ずつ(おおよそ30戦分か)追加されるとの事。
かなり作り込まれているだけあって、ストーリーのバトルバランスはとても良い。難易度はどちらかと言えば、やや厳し目に設定されていたが、緩和された。
キャラも各属性6人ずつの36人(リリース時の人数)と豊富で、全般的にバランスが取れている。
追加キャラにより何人かのキャラは出番が減った。
初期メンバーで個人的4強を挙げるならウェンディ、スパロ、カッシュ、ヒースベル。だがこの4人で組んだからと言っても強いというわけではないのがこのゲームの面白いところだ。

○イベント
メインとなるイベントは、ランキングイベントであるナイツオーダー。
報酬はそこそこ美味しく、1位になったユーザーにはログボを決める権利が与えられるなど意欲的な試みが見受けられる…が、これを1ヶ月に2回繰り返すというのは少々面白味に欠ける。もうひとつのイベントはストーリー付きの周回イベント。ストーリーそのものは早々に終了し、後は周回するだけになってしまう。ボスの設定が面白いだけで相当遊べるので、ここを何とか改良して欲しかった。

○筆者からのコメント
素材の出来は非常にレベルが高く、一歩違っていれば覇権、神ゲーと呼称されたとしても過言ではない逸材。
それを象徴するようにアクティブプレイヤー数も多く、ゲームにはこれからの進化も期待できる。
特にマルチプレイが実装されようものなら確実に化ける。
残念ながら筆者は継続するモチベーションが下がり切ってしまった為、身を引く事にしたが、まだ未プレイの方は、絶対に一度触ってみる価値のあるゲームだ。

○その他
・ボスにブレイク状態が存在する事で、攻防のメリハリが効いた戦いが出来る。
・バフ、デバフ、状態異常などの搦手が非常に強い。
・基本的に周回必須ゲー。
放置でスタミナ回復を含めた自動周回をしてくれるが、途中で操作も出来る。
・節電モードの有効性が極めて高かったのだが、全滅時に解除されるようになってしまった。
・スタミナ回復アイテムは配布も多く交換が可能になり、消費スタミナも軽減されたため実質的に無制限になった。
・珍しく男が多く、強力な男性キャラが多い。
・アクセサリーに要素が多すぎて難解。理解すると、これ以上ないカスタマイズ性を誇りドハマりするのだが、もう少し段階的に解放しても良かったのでは。特にクオリティと強化レベルの関係性は重要。
・武器に付随している一部のオートスキルが窮屈。属性を固める必要性は大体オートスキルのせい。特に「操作時」限定で効果を発揮するスキルは使用キャラの自由度が減るのでマイナス要素。
・イベントがつまらない。特にナイツオーダーは頻繁に行うイベントでありながら敵の設定が極めて面倒で、特定のキャラを必要とする持ち物検査まで含み即座に飽きる内容。この完成度の低さはテコ入れの必要性を感じさせるが。
・ストーリーと自パーティの連動性の無さは少し気になるところ。最初から全く関係ないものとして扱ってくれれば良いのだが、最初はストーリーに沿ったメンバーなので、途中からストーリーと乖離するのが違和感を覚える。
・ユーザーの意見を頻繁に取り入れるフットワークの軽さが運営にあるが、取り入れすぎてバランスが崩壊するのではないかと危惧している。
・フィールド上に隠し宝箱が存在するのが面白い。小さな要素だが、こんなところに!という驚きをくれるのは嬉しい。追加はよ。
・同じ騎士団内限定だが、アクセサリーの取引が出来るのはとても良い。特にアクセサリーは製作の都合上、余りがちであるし、素材もなかなか貴重なものが多いのでおいそれと処分するには惜しくなるものだ。
・デフォルト名がブレイドひとつなので、騎士団内ではちょっとややこしい。
・騎士団というソーシャル要素こそあるが、基本的には一人プレイ用ゲームなので、気の向くまま遊べる素晴らしいゲームだ。

以上、ご覧いただきありがとうございました。

Appのプライバシー

デベロッパである"Applibot Inc."は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザのトラッキングに使用されるデータ

次のデータは、他社のAppやWebサイト間でユーザをトラッキングする目的で使用される場合があります:

  • ID

ユーザに関連付けられないデータ

次のデータは収集される場合がありますが、ユーザの識別情報には関連付けられません:

  • ID
  • 使用状況データ
  • 診断

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • Game Center

    友達にチャレンジして、ランクや達成項目をチェックできます。

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ