スクリーンショット

説明

究極の戦国ストラテジーゲームが、さらなる進化を遂げた!!アプリ内課金で「1582年 本能寺の変」「決戦ルール」「3倍速ボタン」の販売を開始!!

■□ 君のポケットに戦国時代をつめこもう! ■□
スマホの中に広がる戦国の世界!街道を行き交う戦国の住民たち!全国に散らばる300の城と1000人を超える登場武将!究極のリアルタイム戦国シミュレーションゲームがiPhoneについに登場!!

▼ ポケット戦国とは!?

プレイヤーは戦国大名の1人になり、天下統一をめざします!まずは家臣団に命令して石高を増やし、商業を発展させましょう。城の防御力を高めたり、櫓や忍者屋敷などの施設を作ることも大切です。不要な敵を作らないように、外交を行うことも欠かせません。武将を雇い軍勢を整えたら、いよいよ隣国に攻め込んで下さい。同盟国の援軍があれば、勝利は確実です。合戦は400の兵隊が入り乱れる、白熱のリアルタイムバトル!用兵家としてのプレイヤーの戦術能力が、勝利の鍵となります!敵対する大名を武力制圧し、弱小大名は威圧して屈服させ、いくさ無き平和な世の実現を目指して下さい!!

シナリオは、桶狭間の戦いがあった1560年と、信長が苦境に立たされた1570年の、2本を用意!!

▼ 豊かな国を目指して!

プレイヤーが支配している城からは、農業収入と商業収入があります。収入額は人口や民の忠誠度、治安などに左右されます。「新田開発」や「商業投資」を行って土地を豊かにし、「施し」を行って民の心をつかんで下さい。民の忠誠度が下がると、一揆が発生して城を乗っ取ってしまいますのでご用心!「寺」を建設すれば、僧侶が近くの城の忠誠度を上昇させてくれるでしょう。いくさで治安が悪化すると、盗賊が発生して周囲の城の治安を悪化させますが、そんな時は「奉行所」を建設!お奉行様に盗賊をやっつけてもらいましょう。「大仏」を建設すれば、その城は参拝客が押し寄せる人気の観光スポットになるでしょう。金山がある城では採掘所を建設!強力な軍隊を養い、戦争を継続するには、しっかりとした経済力が不可欠です。豊かな国を目指しましょう!

▼ 巧みな外交を!

敵にしたくない大名へは親善使節を派遣して友好を保ちましょう。友好が高まれば同盟を結ぶことも可能です。同盟国は、自国が攻められた時に助けてくれる、とても頼りになる存在です。同盟国に、攻略目標の城への援軍を求めれば、勝利は間違いありません!でも、八方美人にはならないようにご用心。強力な大名が隣接している場合は、臣従して庇護を求めるのも良いでしょう。盟主となった大名はあれこれと出兵命令を出してきますが、コツコツと命令をこなせば恩賞を与えてくれます。逆に自国が強大な場合は、弱小大名を威圧して家臣にしましょう。従属大名に新たな城を与えるのも、逆に城を召し上げるのも、プレイヤーのお気に召すまま!お気に入りの大名に一国を与えるも良し!憎っくき大名を僻地の城に転封するのも良し!強者の理論をふりかざして、思う存分に楽しんで下さい!!

▼ 軍備を整えよう!

経済力が整えば、次に必要なのは軍備です。ポケット戦国では、大名も新参武将も、一人の武将が率いる兵は1000人。大軍を編成するには、それだけの武将を雇用する必要があります。部隊の兵科(兵の種類)には、「足軽」「侍」「鉄砲」「騎馬」の4種類があり、国ごとに兵の強さが異なります。たとえば信濃の騎馬や、三河の侍は強く、逆に尾張の兵は弱いことに定評があります。しかし心配ご無用!「道場」を建設したり、「訓練」を行ったりすることで兵隊の質は向上し、「政策」で兵隊の能力を高めることもできます。でも結局、戦いは数ですよ、お兄さん!

▼ 白熱のリアルタイムバトル!

合戦には最大で20人の武将、400の兵隊が参加します!忍者で敵の陣形を調べ、それに応じた適切な陣形を組んでください。合戦はリアルタイムに進行しますが、部隊へ命令する時には時間が止まりますので、ゆっくりと決断を下すことができます。合戦では、何よりも「士気」(兵隊の"やる気")が重要です。士気が下がると兵の能力が落ち、ゼロになると逃げ出してしまいます。戦いで士気が下がった部隊は後方に下げて、適度に休憩を与えてください。部隊には兵科に応じて得意な能力があります。

・「足軽」は防御力に優れています。槍衾を並べて、戦線を維持するのがお得意です。でも、突破力がないのが悩みの種。
・「侍」は攻撃力に優れています。抜刀突撃で、敵の槍衾を突破するのだ!
・「鉄砲」は遠隔攻撃が可能です。どんな敵でも、命中すれば一発でやっつけます!でも防御力はとても低いので、敵が近づかないように気をつけてネ。
・「騎馬」の持ち味は、抜群の機動力!そして、すぐれた破壊力を持つ「突撃」です!敵の背後から突撃すれば、敵部隊を瞬殺するでしょう!足軽で敵部隊を防ぎつつ、背後からの騎馬突撃で敵を粉砕するのが勝利の黄金パターン!でも防御力が低いので持久力はありません。一撃離脱と側面攻撃こそが、騎馬隊の本領よぉぉー!

さあっ、用兵家としての君の手腕を存分に見せてくれっ!!

----------------------------------------

さらに詳しい情報は、デベロッパWebサイトで見てね。
http://pocket-app.jp

アプリの内容が詳しく分かるゲーム動画もあるよ!

----------------------------------------

【対応機種】
iPhone6S以降

【メイングラフィック】
蓮賀まさとき(http://hachisukaan.blog.fc2.com/)

新機能

バージョン 1.2.5

- 調略を担当する武将を複数選択できるようにしました
- 不具合を修正しました

評価とレビュー

4.5/5
920件の評価

920件の評価

ssssttthh

面白いけど…

どこか物足りない気がする。
良いところは他のレビューにあるので個人的にイマイチだった点を。
1:合戦に出られる人数が少ない
これは小大名でも戦えるようにという配慮があるのだろうが、それにしても少な過ぎる。
それなりの武将10人に兵さえ揃えられれば大勢力にも勝利できるのは違和感がある。

2:武将の雇用数によるコストの増大が大き過ぎる
これもまた大勢力が有能な武将を独り占めして小勢力に武将が回ってこないことが無い様にとの配慮なのだろうがコストが倍々で増えていくのは少し極端な気がする。

2つとも小勢力に対する救済措置としての仕様なのだろうが、その小勢力からの大勢力になった時に「強くなった」という達成感が持ちにくい。
ただ大勢力になっても平押しでは勝てずそれなりに考えないと勝てないという緊張感を維持するという良さもあるのでもう少しバランス調整をして欲しかったと思う。

3:クリアする楽しみが少ない。
エンディングがあっさりしているのはいいにしても、クリアフラグすら立たないのはあまりにも寂しい。せっかく多くの大名家があるのだからクリア後の大名には選択時に(済)や(統一)のマークをつけるなりして全体の進行度を見られるようにして欲しかった。

長々と良くないと思われる点を挙げたが、全体としてテンポよく進み取れる選択肢も多く戦略性もあるいいゲーム。
実際プレイしていて楽しかったのでこの評価で。

追記:10人くらいの大名でクリアしてみたがシナリオが少ないせいで好きなのにすぐ寿命が来る武将が結構いる(毛利元就や馬場信春など)ので寿命を少し操作できればもっと面白くなると思った。

いっえーい★

面白いです

面白いです。
内政も外交も戦争が充実しており、リアルタイムでの戦略性が高いです。製作者さんの歴史愛がひしひしと感じます。
ただ幾つか不満な点もあります。
・人口や徴兵可能数の増加が高く、また戦闘も頻繁に起こる点が……まあゲーム性を考えてそちらの方が楽しいのでしょうが、一戦一戦が現システムの合戦のようだったら個人的には嬉しかったり。
・包囲中の城を掻い潜って別の大名が威圧して来て、ストレスが溜まります。
・政策が同時に行えず、正面強化や側面強化などの10レベルある政策が詰まり詰まりになって進行が遅れます。
ただ、これらは個人的に変えて欲しい点であり、変えたら変えたで別の不満が他のユーザーさんから出たりするのでバランス的にしかたないのかなあと。
これら抜きでも十分に楽しいです。

デベロッパの回答

せっかくポケット戦国をご購入いただき、お楽しみのところを、アプリが落ちるとのことで大変申し訳ございません。アプリが落ちる不具合につきましては、最新バージョンで改善されておりますので、お試し頂ければと存じます。品質の改善には今後も努めて参ります。これからも末長くポケット戦国をご愛顧頂けますよう、よろしくお願いいたします。

かやはかはねな

素晴らしいゲーム

会社ではなく、個人で開発されて運営もしているとのことですが、素晴らしいゲームには資金も組織も関係ない、ということを教えてくれるゲームです。これに比べれば、光○のゲームなどはるかに及びません。
とにかく、ゲームバランスがいい!
こういうゲームは前半良くても、後半は作業ゲームと化してしまい、結局10ヵ国ほど勢力伸ばして飽きてしまう、というのが定番です。
このゲームはそうしたダラダラを解消するために、敵国の属国化システムを導入しています。これがいい。特に幕府を開いて全国の大名たちちが雪崩をうって属国となり、残ったまつろわぬ大名たちにピラニアの如く襲いかかっていくのを見るのは最高です。
気づくと、夢中で2時間とかやってます。
また私は殆ど課金しませんが、本能寺の変を課金してみました。
開発者に敬意を表する意味でも。
これがまた、面白かった!
光秀と真田、上杉辺りがお勧めです。
とくに光秀でプレイしたときに発生した、本願寺イベントと細川家イベントは、やるなあ、といった感じです。
興味ある方は、是非プレイしてみてください。
損はしないと思います。

Appのプライバシー

デベロッパである"Shinya Ishizaki"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

データの収集なし

デベロッパはこのAppからデータを収集しません。

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

他のおすすめ