iPhoneスクリーンショット

説明

「一人じゃないんだ!」美術教師のそばに寄りそうiPhoneアプリ
『中学美術先生のためのABC』

なぜ、今までなかったのでしょう。
まるで、美術のよき先輩教師に出会えたような…。
ふとしたあなたの悩みや疑問に、問題解決のヒントを優しく示してくれます。
こんなアプリが欲しかった!そんな画期的なアプリです。

◆◇◆「中学美術 先生のためのABC」の7つの特長◆◇◆

【特長1】 「題材をさがす」機能で授業のねらいを意識した題材の組み立てをサポート
学習指導要領を踏まえ「領域」「カテゴリ」「発想のきっかけ」「鑑賞の観点」から題材を整理しました。アプリを使って題材を選ぶことで、授業のねらいに沿って題材の組み立てができます。

【特長2】 題材ごとにポイントを絞った解説を掲載。題材研究・授業準備に活用可能
「題材をさがす」機能で選んだ各題材には「目標、題材の特徴、授業の流れ、バリエーション、指導のポイント、注意点、評価のポイント」のカテゴリーを設け、ポイントを絞って解説。授業研究、授業準備に活用できます。

【特長3】 「指導のヒントABC」には先生の悩みに応える指導のヒントを幅広く収録
教科特性や中学校という環境を踏まえ、美術科の基本から評価、授業、学級経営などをテーマにした指導のヒントを幅広く収録。記事の中には分かりやすく読めるマンガもあります。

【特長4】 「カメラ機能」で授業中に制作した作品を撮影が可能。保存された画像には、メモ機能で評価コメントなどを残すことができ、評価資料としての活用が可能です。

【特長5】 「キーワード検索」でキーワードから簡単に関連した題材や指導のヒントの記事が検索できます。

【特長6】 「My題材」でお気に入りの題材を保存。必要な時に、すぐにポイントをチェックできる
「題材をさがす」機能の選んだ題材をMy題材に保存ができます。保存した題材は、ホーム画面からも開くことができるので、確認したい時に、すぐに題材のポイントを確認できます。

【特長7】 「授業履歴」で授業を実施した題材の振り返り
授業を実施した題材を「授業履歴」に日付とともに保存できます。いつどんな題材を実施したか、振り返りの際に活用可能です。

※スクリーンショットの画像は、変更の可能性があります。掲載している画像は実際の商品と異なる場合があります。

新機能

バージョン 1.1.0

このAppは最新のAppleの署名用証明書を使用するようAppleにより更新されました。

-「指導のヒントABC」の記事をカテゴリーからの選択が可能になりました。
-「My題材」「授業履歴」からカメラの起動が可能になりました。
-「カメラ」で撮影した写真を題材に紐づけて保存することが可能になりました。
‐保存した写真に「コメント」を記入することが可能になりました。
-「キーワード検索機能」が追加され、キーワードからの題材、指導のヒントABCの記事の選択が可能になりました。
-Push配信機能が追加されました。
-「My題材」への保存が、時間ごとに複数保存が可能になりました。

評価とレビュー

4.3/5
6件の評価

6件の評価

Appのプライバシー

デベロッパである"日本文教出版株式会社"は、プライバシー慣行およびデータの取り扱いについての詳細をAppleに示していません。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

詳細が提供されていません

デベロッパは、次のAppアップデートを提出するときに、プライバシーの詳細を提供する必要があります。

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

他のおすすめ