スクリーンショット

説明

周期表に関するアプリはたくさんありますが、スティーヴン・フライが「これ一つで、iPadの値段分の価値がある!」と絶賛したのはただ一つ、「元素図鑑:目で見て学ぶその全て」だけです。単なる情報アプリの枠を超え、元素と周期表への愛に溢れた読み応えのある物語に思わず引き込まれる内容になっています。言葉や画像によって紹介される、この宇宙を形作るブロックの美しさと神秘の数々によって、かつてない形で元素の世界を体験することができます。

元素図鑑は、ポピュラーサイエンス誌でコラム「グレイ・マター」を連載するセオドア・グレイによる世界的ベストセラー「世界で一番美しい元素図鑑」を元に制作されていますが、アプリでは紙の本で表現できる限界をはるかに超えた仕上がりになっています。

最初に目にするのは、周期表の上で滑らかに回転する、それぞれの元素のサンプルです。スズ(Sn)について調べたい時は、ブリキの兵隊をタップしましょう。金(Au)なら、金塊をタップします。そうすれば、そのサンプルが画面いっぱいに拡大されます。細部まで驚くべき精細さで撮影されたその画像は、あなたの目の前で360度回転します。元素についての情報と数値が書かれたセクションでは、タップすることでさらに詳細な情報を表示できます。さらに、Wolfram Alphaの計算知識エンジンを搭載しているため、最新の情報を取得することが可能です。

各元素のトップから、次のページに進むと、その元素についての興味深い物語を読むことができます。それを彩るのは、細部までこだわって撮影された物体の画像。全部で500以上も用意されたこれらの画像は、自由に回転させてあらゆる方向から観察したり、指で一部を拡大してかつてないほどの細部まで確認したりできます。

ページの上にある元素の名前をタッチすれば、12の言語でその元素の名前が表示されます。元素図鑑には、オリジナルの文章と書籍の内容、物語、キャプションなどが全て英語で収録され、さらに12の言語の翻訳版も含まれています。

オブジェクトはどれも、指でつまんで拡大するか、タップすることで画面いっぱいに表示させることができ、さらにそこからステレオ3D表示にできます。安価な3Dメガネを使えば、500個のオブジェクトが画面から立体的に飛び出してきます。さらに、3Dのオブジェクトを指でタッチして回転させることも可能。これ以上ないほどのリアリティを体験できます。

学校の化学の授業が苦手だったという人にとって、この図鑑は解毒剤の役割を果たしてくれます。化学は教科の中で一番退屈だと思い、恐れている人も、この図鑑を見れば周期表が単なる記号と数字の集まりではないことがわかるでしょう。

------------

レビュー:

“iPadの素晴らしさと力が、最も良く表れているのが、元素図鑑のアプリかもしれない。…これはこれまでの電子書籍とは、まったく別物だ。生命を吹き込まれた周期表と元素に出会うことができる”
– USA トゥデイ

“素晴らしく魅力的なアプリ。科学というものを、手の中で魔法のように体験できる”
– Xeni Jardin, Boing Boing

------------

フルバージョンに含まれる機能:

• 驚異的な解像度で精細に撮影された、500以上の回転可能なオブジェクト
• Wolfram Alphaを利用した最新の詳細な情報
• 周期表の全ての元素それぞれに用意された、美しいデザインのページ
• 楽しい物語と、驚くべき事実の数々
• 全てのオブジェクトが、ピンチで細部を拡大したり、回転可能な3D表示にできる
• 周期表の構造が分かる、興味深く読みやすい解説
• 完全翻訳が追加された言語:日本語、イタリア語、オランダ、カタロニア語、クロアチア語、スウェーデン語、スペイン語、トルコ語、ドイツ語、フィンランド語、フランス語、ポルトガル語、ポーランド、ロシア語、簡体字中国語、英語、韓国語

------------

著者について:

セオドア・グレイは2003年からポピュラーサイエンス誌で「グレイ・マター」コラムを連載するベストセラー作家。

------------

単行本に寄せられた賞賛の声:

“この美しい本は、単に元素の知識を与えるだけでは終わらない。我々の元素に対する基本的な認識を深め、この世界を形作る要素の本当の価値を教えてくれる”
– Oliver Sacks(「レナードの朝」「タングステンおじさん」等の著者)

“この本は、内容もスタイルも、元素に関する他の本をはるかに凌駕している!黒い背景に、素晴らしい写真が引き立っている。それらのそばに付けられた短い解説文では、選び抜かれた最小限の言葉で用途を説明し、歴史を掘り下げ、さらに世界の事象について切れ味鋭いコメントをつけ加えるグレイの筆致が冴えている。「原子的」な楽しさを呼び起こされる一冊。”
– Roald Hoffmann(作家、ノーベル化学賞受賞者)

------------

新機能

バージョン 3.1.1

マイナーバグ修正

評価とレビュー

4.1/5
28件の評価

28件の評価

皇帝ねらー

ナビゲーションを改良してほしい

評判の良い大変良質なアプリだと思う。元素について一気に身近になり深い知識が身につく。解説もユーモアがあって面白く短時間では眺め尽くせない分量があり何時間も楽しめる。ただしナビゲーションが少しやりにくくてスムーズな閲覧を妨げているかもしれない。全体として以下のような欠点が目についたので改善されると嬉しい。

1.翻訳が熟れていない箇所が見られる
所々で日本語が分かりにくかったり間違っていたりする箇所が見られる。
おそらく翻訳の問題だと思う。

2.画面の各項目が何を表してるのか分かりにくい
画面はいくつもの項目が並んでいるが最初何を表しているのか分かるまで時間がかかる。
ヘルプを読んでも解説文が画面上の何を指してるのか分かりにくい(原子半径の右に図はないなど矛盾も見られる)。
画面右端のゲージが何を意味してるのかしばらく理解できなかった。
ヘルプは図入りでもう少し丁寧に解説した方が良い(吹き出しではなく全画面表示で良い)。
ヘルプの内容を「はじめに」で解説した方が良い。

3.デザインの統一が不十分
iPad縦置き横置きどちらにも対応しているが縦置きにすると一画面完結レイアウトではなくなりスクロールして読む形になる。
縦置きの場合テキストが白地になりデザインの統一感が損なわれる(黒地で良いのでは)。
「はじめに」の文章は複数の画面にした方良い。
「はじめに」はヘルプと統合させて個々の元素からも直接参照できると良い。

4.ナビゲーションがやりにくい
一番の問題はこれ。
元素の基本情報と解説が2ページに分かれていて、左右のナビゲーションで2ページごとに前後の元素に移動することになるが、左右で元素の移動、上下で解説との移動など2次元で工夫するとより分かりやすくなる。
矢印ボタンではなく画面スワイプでページ移動が出来るようにした方がスムーズ。
その際、画面内の画像を画面スワイプで動かすのではなく最初から自動で回しておけば良い(タップした場合のみ拡大表示して自分で操作できるようにする)。
別売りの化学反応デモアプリと連携できるようになっていて、デモへの移動はボタンがあるのに、デモから戻ってくるボタンはないのでつけた方が良い。

koko.jp(((o(*゚▽゚*)o)))

グラフィックが素晴らしい

美しい写真を外出先でも手軽に見られて、かつ勉強にもなります。
紙媒体とは違い、スワイプで写真を立体的に回す(?)ことができてとても楽しいです(´∇`)
ただ、外出先でスマホなどを使って見る時は見づらく感じます。縦画面対応してほしいなぁと思います。図鑑とはまた違う楽しみ方をしたいので。
少しシニカルな解説がまたいいですね。化学に関するアプリでは一番好きなアプリです。

twobox

ニホニウム

などの新しく加わった元素もぜひ、追加して頂きたいです。
本も持っていますが、アプリならではの、追加を期待しています。

情報

販売元
Touch Press Inc
サイズ
1.7GB
カテゴリ
教育
互換性

iOS 10.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語、イタリア語、オランダ語、カタロニア語、クロアチア語、スウェーデン語、スペイン語、トルコ語、ドイツ語、フィンランド語、フランス語、ポルトガル語、ポーランド、ロシア語、簡体字中国語、英語、韓国語

年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© Theodore Gray and Touch Press Inc, 2019
価格
¥1,080

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ