スクリーンショット

説明

お腹も心もあったまる、心にしみる物語。

このゲームは、おばあさんの小さな食堂を舞台にした、物語形式のお店育成ゲームです。
ひとりで頑張るおばあちゃんのお店は、小さいけれど大繁盛。
次々とやってくるお客さんに、得意の料理を振る舞いましょう。

おにぎり、豚汁、たまご焼き。
カレー、ラーメン、ナポリタン。
ギョーザ、シューマイ、エビフライ!

料理の腕を磨けば、いろんな料理を作れるようになります。

お店には時々、さまざまな事情を抱えたワケアリのお客さんもやってきます。
彼らにもきっとあるはず。
忘れられない『思い出の味』が…。

そして、
悲喜こもごもの物語の結末を見届けよう!


【ストーリー】
----------------------------------
ここは誰も知らない小さな町。
なつかしい昭和の匂いあふれる横丁に、
小さな食堂がありました。

病気のおじいさんに代わって、
おばあさんがひとりで切り盛りする、
小さなお店。

目を閉じると聞こえてくる、
トントントンと包丁の音。
ジューッと漂う醤油と油の匂い。

みんなの心の内にある、あのお店。

さあ、ちょっと覗いてみましょうか。
あなたも思い出してみませんか?
あの日のこと。
あの人のこと。
----------------------------------


【こんな人にオススメ】
・放置型ゲームが好きな人
・心も体も癒やしを求めている人
・お店屋さんゲームが好きな人
・感動の物語を探している人
・『昭和駄菓子屋物語』が好きな人
・お腹がすいている人

新機能

バージョン 1.1.4

軽微な不具合を修正いたしました。

評価とレビュー

4.7/5
1.6万件の評価

1.6万件の評価

もえもえきゅーん♡

単なる癒しゲームではない魅力

ある事情により夫であるじいちゃんが切り盛りしていた食堂を任されることになったばあちゃんの物語です。
厨房には立ったことのなかったばあちゃんは最初は作れる料理の種類が少なく、食堂の設備も乏しいですが、それらが充実していくと共にストーリーが紐解かれていきます。
憎まれ口を叩きながらも、それぞれの事情を抱えたお客さんたちと料理を通じて向き合うばあちゃんの物語は切なさを含みながらも心が温まります。
かわいい画風に似合わず、社会の残酷な一面を思わせる問題を抱えたお客さんもいて、単なる癒しゲームではないブラックさを漂わせている点が魅力です。

様々なお客さんの再出発を見届けたばあちゃんも、最後は心に区切りをつけ、重石が取れたところで物語は幕を閉じます。
ストーリープレイ後は、とりあえず今日もできる範囲で生きてみようと思えるような気がします。

ゲームとしてはなかなか忙しいです。よくある料理提供ゲームよりは行程が単純化されていますが、厨房設備の制約を気にしながらのプレイはそこそこ難しいです。

昭和感の漂う店の内装やアイテムのグラフィックはやわらかくも綺麗に描かれており、ミニキャラのお客さんやばあちゃんがちょこちょこと動く様子もかわいいです。

シャパパパーリナイ

のんびりできるかと思いきや

店じまいがないのでダラダラとお客が来ます。
お客一人が一食3品作り置きの料理や飲み物を選んで注文し、作り置きの料理がなければ2品に抑えて注文します。

もてなす側としては、お客を3品分食べさせてお腹いっぱいにさせたいですが、時間が空いてログインした時には既に満席で待たれており、
作り置き分の料理と新たに作るぶんでは、ハートが枯渇して、まかないきれなくなります。

別にお客から苦情はきません。
しかし、まかないきれなくなるとプレイしてる身としてはストレスに感じます。

プレイを始めた頃はバランスよくハートもふえ、料理も賄えてましたが、ハートが足りなくなるとだんだんと賄うのが苦しくなりました。

個人的には1日の区切りがわかり、来店したお客の人数や満足度がどれくらいだったかみえたり、毎日の成長が見れた方が楽しそうだと思いました。

料理が得意ではなかったおばあちゃんの成長を見届けたかったのに、料理の成長におばあちゃんの感想がなく、
ただ料理を作り続けて、作った回数が基準に届くと料理がレベルアップし、その繰り返しです。

また、設定でプッシュ通知をオフにしてもプッシュ通知が届き、お客が待っていると知らされます。
最初は何も思いませんでしたが、それすらストレスを感じるようになりました。

ゲームの雰囲気や温かいストーリーとキャラクター達は好きなのでもう少し緩やかに段階を踏んでプレイできたらよかったです。

ゆあるんる

細かい部分の配慮はない

おばあちゃんの体力は割と直ぐに溜まりますし、お客さんもそこそこの頻度で来店するため、のんびりやるのも頻繁にやるのも両方出来ます。
メニューを増やすには料理のレベルを上げる(=おばあちゃんが上手に料理を作れる)ことが必要で、中にはお客さんの思い入れがあるものもあります。
食べ合わせ等は気にすることなく、カレーライス(ご飯)とラーメン(メイン)のように種類で1品ずつの最大3品食べて行きます。
必ず全ての種類が必要という訳ではなく、あるものの中からお客さんは選んでいきます。また、必ずご飯から頼むということでもなく、後からご飯ができた場合にはメインやその他、ドリンク等を頼んだ後に頼むこともあります。他にもキャラクターごとに好きな食べ物は先に頼みます。

ただ、時間を空けて始めるときやフィーバータイムにはおばあちゃんがひたすら働かされていて、少し可哀想に思います。ゲームが進行していくと特に体力の消費が激しく、開いたら体力が終わったなんてこともあります。
ストーリークリア後、メニューコンプリート後は特に目標がなく、料理が上手くなったから(レベルが上がったから)どうなるということも無いです。また、他のメニューを解放する際にもレベルアップ時には何も無いため、作業っぽさもあります。

以上2点が星を1つ減らした理由です。

情報

販売元
GAGEX Co.,Ltd.
サイズ
261.7MB
カテゴリ
ゲーム
互換性

iOS 8.1以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語

年齢
12+
まれ/軽度なアルコール、タバコ、ドラッグの使用または言及
Copyright
価格
無料
App内課金有り
  1. だるまさん ¥120
  2. 招き猫 ¥120
  3. 七福神 ¥120

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ