スクリーンショット

説明

「街が死んでしまう」とだれかが嘆いた

でも、ここから出たかった

空も風も想像を超えて高く、強く

まるで呼んでいるみたいだったから

塔紀1119年−−

少年は鳥籠の中の少女と出会う。
その出会いは彼に世界を翔ける翼を与える。

そして二人は、それぞれの運命にむかって
羽ばたき始める。

◆ゲーム概要
・あの頃の冒険がいま蘇る、シングルプレイ専用RPG
・「ジョブ」「武器」「陣形」を組み合わせ、自分だけのパーティを編成
・日本を代表するシナリオライター野島一成による、果てしなく広がる壮大なストーリー
・数多の名曲を生み出した崎元仁による、重厚で印象的なサウンド

◆スタッフ
 <シナリオ>
  野島一成(代表作:「ファイナルファンタジーⅦ」「ドラゴンズドグマ オンライン」)
 <サウンド>
  崎元仁(代表作:「ファイナルファンタジーⅫ」「伝説のオウガバトル」)

◆キャスト
阿部敦、石川由依、遠藤大智、斎藤壮馬、諸星すみれ、小西克幸、甲斐田裕子、田村睦心、上田麗奈、平川大輔、西田望見、内田雄馬、稲田徹、小林沙苗

新機能

バージョン 1.3.0

イベント関連機能の追加
その他軽微なバグの修正

評価とレビュー

4.3/5
2万件の評価

2万件の評価

ワイアイさん

バベル

面白い

atmgjpwd@

チャプター10までやりました。

最初はアナデンのパクリやろって思ってましたが、ほぼアナデンのパクリでした。

同じ点が多すぎるので相違点を書き連ねることにします。最果てのバベルはどう略せばいいか分からないので「こちらは」、で表します。
①アナデンは2Dですがこちらは3Dです。
②アナデンはプレイキャラが沢山いますが、こちらは限られています、代わりにジョブシステムがあります。
③アナデンはガチャでキャラのみが出ます、こちらは武器とジョブが混同です。
④ガチャ最高レア率はアナデンが3%ちょっと、こちらは武器3%ジョブ3%で合計6%です。
⑤アナデンは素材を集めることで武器やアクセが作れます、こちらはガチャで引かなければなりません。
⑥アナデンにはデイリーミッションはありませんがこちらはデイリーミッションがあります。
⑦ガチャに使う石に対しての石配布量は、こちらの方が多いです。
⑧アナデンは宿屋に泊ったりすることでステータスを全回復することが出来ます、その後弁当が貰えます、1個までしか持てませんが、使うことで戦闘時以外ならいつでもどこでも全回復出来ます。こちらは回復ポイントで回復するorレベルアップ以外での回復はできません、HPなら技で回復できますが、スキルを使うためのSPは、それ以外では回復できません、回復ポイントは3時間で1回回復、4回までストックできます。
⑨アナデンは戦闘メンバー4人と待機メンバー2人でパーティーを組みます、戦闘中にメンバーを入れ替えたりして戦えます、待機から戦闘に出た場合、ヴァリアブルチャントというスキルが発動します、大体は1ターン間のバフとかデバフです、発動させたターンと次のターンまで持ちます。こちらは4人パーティーですが、陣形というシステムで敵からのヘイトや与ダメが上がったり下がったりします。
⑩アナデンにはアナザーフォースといって、一定時間時を止めて、敵を好き放題殴ったり、自分達を回復したりできるシステムがあります、その際、スキルを使うためのMPは消費しません、ですがゲージ50%以上でないと使用できません、条件を満たした上で、ゲージ100%で使用すると、最後に連携と言って、必殺技のようなものが発動してダメージが上乗せされます。ゲージは基本的に相手を攻撃することでたまります。こちらはブレイク・ダウンというシステムがあり、相手を攻撃することで、攻撃した敵のみにブレイク値が溜まります、ブレイク値が一定に達することでブレイクが発生し、1.5倍のダメージを与えることができるようになります、さらにブレイク値を蓄積させることでダウンとなり、相手は1ターン行動不能になり、2倍のダメージが与えられるようになります。
⑪アナデンは覚えているスキルから、3つ選択して戦います、こちらはメインジョブとアクションジョブのスキルを合わせて最小4つ、最大6つのスキルが使えます。
⑫アナデンに防御はありませんがこちらには防御があります。
⑬成長要素は、アナデンはレベルアップと、それによって得られるポイントを振って得られるポイントで、アビリティボードというものを解放して育てます。あと素材を集めて武器・アクセサリーを作ること、キャラ被りで天冥値というものがあります、モンストで例えるとラックのようなものです。あと一定値に達するとステータスが上がります。こちらはキャラのレベルアップの他に、ジョブレベルもあります。スキルのレベルは素材を使って上げます。
⑭奥と手前に移動する時、アナデンは一気に奥まで、手前まで行きますが、こちらは横移動と同じような感じになっています。奥手前に移動している時にも敵にエンカウントするデメリットがありますが、奥の移動と手前の移動を活かせるというメリットもあります。
⑮アナデンには姿が見えて、当たることでエンカウントする強力な敵、FEARというものがいますがこちらにはいません。
⑯アナデンと比べてこちらは星5キャラの一番強い技を使用する際にムービーが流れます。

システム等の違いはこんな感じでしょうか…かなり長くなりましたが参考にして頂ければ幸いです。思い出したり気づいたら追記します。

最後に、ストーリーはアナデンの方が絶対に面白いと思います(個人差があります)
音楽もアナデンの方が好きです(個人差があります)
ですがちょっとだけやって判断するのもあれなのでもっと様子を見ます。
やるならアナデンをおすすめしたいですがどっちが合うかは人次第なのでやりたい方をやりましょう。

hrkosd

良い

面白い

情報

販売元
COLOPL, Inc.
サイズ
151.7MB
カテゴリ
ゲーム
互換性

iOS 9.0以降が必要。iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPad Air、iPad Air Wi‑Fi + Cellular、iPad mini 2、iPad mini 2 Wi-Fi + Cellular、iPad Air 2、iPad Air 2 Wi-Fi + Cellular、iPad mini 3、iPad mini 3 Wi-Fi + Cellular、iPad mini 4、iPad mini 4 Wi-Fi + Cellular、12.9インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro Wi-Fi + Cellular、iPad Pro(9.7インチ)、iPad Pro(9.7インチ)Wi‑Fi + Cellularモデル、iPad(第5世代)、iPad(第5世代)Wi‑Fi + Cellularモデル、iPad Pro(12.9インチ)(第2世代)、iPad Pro(12.9インチ)(第2世代)Wi‑Fi + Cellularモデル、iPad Pro(10.5インチ)、iPad Pro(10.5インチ)Wi‑Fi + Cellularモデル、iPad(第6世代)、iPad Wi-Fi + Cellular(第6世代)、iPad Pro(11インチ)、iPad Pro(11インチ)Wi-Fi + Cellular、iPad Pro(12.9インチ)、iPad Pro(12.9インチ) Wi‑Fi + Cellularモデル、iPad mini(第5世代)、iPad mini(第5世代)Wi-Fi + Cellular、iPad Air(第3世代)、iPad Air(第3世代)Wi-Fi + Cellular、iPod touch(第6世代)、およびiPod touch(第7世代)に対応。

言語

日本語

年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 2018-2019 COLOPL,Inc.
価格
無料
App内課金有り
  1. スペシャル強化パック ¥2,800
  2. スキル強化パック ¥600
  3. キャラ成長パック ¥600

サポート

  • Game Center

    友達にチャレンジして、ランクや達成項目をチェックできます。

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ