iPhoneスクリーンショット

説明

【 L とRの発音に自信はありますか? 】

「発音博士」であなたの英語発音をチェック!

「発音博士」はあなたの発音を視覚化します(®Seephony技術)。
あなたの発音を視覚化し、発音が難しいとされる場所の、

どこを 
どんな風に 

発音したかを明示して採点します。

また、あなたの発音を録音できますので、客観的に自分の発音を聞き、
手軽にお手本と聞き比べることができます。

< お手本を聞く ー 発音する ー 結果を見る > 

のサイクルを素早く行えるよう設計されているので、何回も
トライしているうちに発音に加えてリスニング力のアップも期待できます。


【 中学生~高校生レベルの頻出英単語を網羅 】

中学生~高校生レベルの英単語約4000単語が追加でご購入頂けます。英単語学習時の発音ドリルとしても是非ご活用ください。


【 特長 】

・日本語を母国語とする人が英語発音をする際に間違いやすい個所を発音評定します。
・評定結果の表示はJones式発音記号(日本式発音記号)と
 標準IPA(国際音声記号)の2種類から選択できます。
・英語単語・熟語等合わせて4000フレーズ以上を搭載しています。(※課金コンテンツを含みます)
・全フレーズのお手本発音を聞くことができます。
・あなたの発音を各フレーズ毎に4つまで自動的に保存します。
・保存したあなたの発音を再生して、お手本発音と聞き比べることができます。


【 発音評定機能について 】

「発音博士」の発音評定は、アメリカ英語を母国語とする人の
英語発音サンプルを基に、統計的に作られた音響モデルを
「適切な発音」と位置付けています。したがって、あなたの発音が
一般的に通用する問題のない発音であったとしても、「発音博士」は、
あなたの発音と「適切な発音」との差異を表示する可能性があります。

発音時、周辺の雑音環境によって正しく評定されない場合があります。
また、スピーカーからの音声やファイル変換された音声を使った
発音評定は、本来音声に含まれる成分が失われている場合があり、
適切な結果が出ないことがあります。

新機能

バージョン 1.3.0

・お気に入り機能を追加しました!
 苦手な単語や繰り返し練習したい単語などを登録して、自分だけのリストを作ることができます。
 簡易な単語帳としても使えますのでご活用ください!


・全カテゴリーをまとめて検索できるようになりました!
 「単語がどのカテゴリーに入ってるかわからず検索に時間がかかる」が解消され、より便利になりました!

評価とレビュー

3.7/5
596件の評価

596件の評価

boochowp

たまに厳しすぎる単語もあるけど

割とよく聞き分けて採点していると思います。
たまに納得いかない単語もありますが。
例えば"nurse”は普通にやるとどうしても満点出ないですが、nを発音しないとなぜか満点になったりします。

発音の仕方は教えてくれないので、別に発音の教材は必要ですが、発音の勉強をしているひとがセルフチェックに使うには、なかなか良いのでは。

星-1は、一部の発音記号が見慣れないものである点です。
フォントの関係で仕方ないのかもしれませんが、できれば辞書と同じ記号を使って欲しいです。

hannkara

発音の確認ができる素晴らしいアプリ

発音の可否を判定してくれるアプリは他社にもありますが、自分が発音した音が発音記号だとどれに当てはめられるか? が毎回表示されるのがとてもためになります。

私はelsaというアプリを使用していますが,「優」「良」「可」「非」程度のカラー訳だけです。

それよりは「自分がどう発音してるか」が判りやすいです。

改善希望は
1,「複数回の点数表示」よりも「複数回の発音履歴」を残して欲しい。その方が「自分の癖」が判りやすい。

2,記録される点数は「最高点」より「平均点」が良い。
その方が復習時にどの単語を見るべきかわかりやすいと思う。
平均点の母集団は取り方は「総回数」では無く「直近5回」などの方が「100点」に近づきやすく、改善が判り、モチベーションになり易いと思う。 
発音を学習したい人の要望は「たった1回の100点」よりも「何回発音しても90点」みたいに、「発音を自分の身体に染み込ませたい人」の方が多いと考えるからです。

3,ユーザの「間違って発音してる発音記号」ランキングが「単語毎の可否」以外に更に集計出来ると特定の発音記号に対して集中的に改善出来ると思う。

基本的には満足してますが類似の声があるとお考えであれば是非対応して頂きたいです。

hand k

お手本も正解ではない、採点方法に疑問

基本的にはよいツールと思ったのですが、いくらやっても正解にならない問題があり、やけになって適当に全く違う発音したところいくらかの点がつきました。(ずっと「ンー」と行っているような音声に対して、全く違う問題で)なぜ正解になってしまうのかわかりません。少なくともこれで正解になる箇所はどんな発音をしても正解になりそうです。

逆に、別のiPhoneで同じアプリを立ち上げお手本音声を認識させたところ、80点ほどになるなどもしました。(当然100点になるものもありますが)
Elsa speakで1レッスン分同じことをしたところ、少なくとも向こうはお手本に対しては100点か、98点近くを出しました。全て正解扱いです。
それによって正確に採点していると言えるかはともかく、少なくともお手本でも正解が取れないような判定ではどうすればいいのか全くわからなくなります。
先のなんでも正解になる判定と合わせると、これを使って練習する意味がどのくらいあるのか疑問に思えてきました。

Appのプライバシー

デベロッパである"KOTO CO., LTD."は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

データの収集なし

デベロッパはこのAppからデータを収集しません。

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ