スクリーンショット

説明

○禁タイマーはあなたをより健康にするためのアプリケーションです。
あなたが何かをやめる時に、タイマーのスイッチを押してください。
アプリケーションはあなたがどれだけの期間断念し続けられたか、またその効果を測定してくれます。

タバコ禁タイマー、過食禁タイマーなどとして設定して使用することができます。

【機能】
・ランキング機能:同様に禁欲中の人の継続時間をランキング化します。
・カレンダー機能:我慢できた日を一目でわかるカレンダーです。
・履歴閲覧機能:過去の履歴や自信で残したコメントを見ることができます。
・リセット機能:これまでの履歴や設定リセットできます。
・カラー変更機能:アプリのカラーを変更できます。

新機能

バージョン 1.8.6

- オフライン時の挙動不良を修正しました

評価とレビュー

4.5/5
1,442件の評価

1,442件の評価

敗北者じゃけえ

ふぅ

「ふぅ、、、」
今日も長年行ってきたルーティーンである息子との対話を終えた。俺は何をしているんだ。だがこれもルーティーンの一つであり、俺の一部なんだ。そう都合よく解釈し、布団から出る。朝の4時である。
 いつものようにニュースアプリをだらだらと見ていると、こんな記事が目に止まった。「オナ禁アプリによってニューヨークで活躍する敏腕ビジネスマンになり、美女も手に入れました!」。。。何を言っているんだこいつは。そう軽く受け流し、いつものように朝食、身支度を済ませて職場に向かう。
 だが、なぜか今日は集中できなかった。何かが自分を邪魔する。結局定時まで集中できず帰路についた。家に着くまでの間もずっと違和感を感じていた。「このままでいいのだろうか」自分と正面から向き合えていないことへの罪悪感だろうか。俺は朝の記事をもう一度読んだ。悪くないな。恋人は右手よりも、美女の方が自分の息子(両方)も喜ぶだろう。
  そう。禁欲を決心したのだ。自分の息子に将来の喜び、またLINEで禁欲に成功したという友達にも美女持ち敏腕ビジネスマンになることを誓った。
 10年後。隣には天使のような(ロリコンではない)美女が橋本◯奈のような美顔で、すやすやと眠っている。
 俺は変わった。昔は自分の手の中で息子が直進と後退を繰り返すだけだったルーティーン。今はベイブレイドのように息子が膣の中で卵子とバトルを繰り広げている。ベッドというフィールドがここまで広く感じるとは。彼女の股は大洪水である。俺は「君の膣に乾杯」というキザなセリフを放ち、フィニッシュを迎える。
 今の俺は幸せ(性的な)に満ちている。

おぶらいえn

決意

いつものようにおれは塾の自習室へとやってきた。そして入り口で自分の名前と入室時間を書く。友達はもう来ているのだろかと思い、視線を上の方へと上げていく。そこで目に写った名前におれは久しぶりに胸がドキドキするのを感じた。そこにはおれの初恋の人の名前が書いてあった。まさか同じ塾に通っていたなんて。小学生の頃好きになり違う中学へ行った後も一度たりとも忘れたことのなかった彼女。そんな人が今半径10メートル範囲にいる。彼女がどんな女性になったのか気にならないわけがなくおれは彼女と一席開けたところに座った。横から見る彼女の横顔は昔の記憶と変わらずきれいだった。おれは彼女が退出するタイミングで同時に退出し話しかけようと思った。しかし、そのときが来た時おれの足は動かなかった。あんなに会って話したかった彼女。でもおれには彼女が知る小学生だったおれにないコンプレックスがあった。ニキビである。中学入学後オナ猿へと進化したおれには日々の快楽と引き換えに大量のニキビができていた。こんな顔で話しかける勇気はおれにはなかった。嫌われたくなかった。気づくと彼女の姿はなかった。その後、1時間うずくまった後おれは決心した。オナ禁しようと。今後いつ会っても自信を持って話しかけられる自分でいようと。そうしておれは静かにApplestoreを開きオナ禁と検索した。

ゆうばるす

ありがとう

三ヶ月前にこのアプリをインストールした。なんていいアプリだ。やっとこれで禁欲できそうだと息子♂と一緒に喜び合った。そこから初めは五日間。おぉ、結構頑張れるかも!そう思っていた。だがそこから、3日、2日、最後には1日と持たずに…。本気でやろうと思い、豆乳を飲んだり、リビングでいるようにした。それでもだめだった。一度だけ一週間続いたが、それも奇跡。もうだめだ。そこから三ヶ月の時は流れ、今は学校がコロナで休みの状況。当然、そんな状態で禁欲できるわけもなく、1日3回をこなすオナ猿へと退化してしまっていた。そんなとき、通知が来た、このアプリから。もう一度、もう一度禁欲してみないかと。俺は気づいた。だらけては、怠けてはダメだと。こんなにティッシュを無駄に使っていいのか。ダメに決まっているじゃないか!そこで俺は調べ、オナ禁は一週間→オナ→また一週間のペースでやると良いとのこと。ここでやらなきゃ。学校が休みの今、ここでやらなきゃ。ここで俺は変わろうと。ありがとう。あの通知に。さよなら。オナ猿の自分。本当に、本当にありがとう。

Appのプライバシー

デベロッパである"Hiroki Kato"は、プライバシー慣行およびデータの取り扱いについての詳細をAppleに示していません。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

詳細が提供されていません

デベロッパは、次のAppアップデートを提出するときに、プライバシーの詳細を提供する必要があります。

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ