iPhoneスクリーンショット

説明

終活は老後にやることと思いがちですが、もし、今、自分が死んだとしたら。
年代や環境によって、差はあれど、気がかりなことはあるのではないでしょうか?


当人だけでなく、家族にとっても大変なこともあります。
困ること以外にも、伝えたい言葉や、譲りたい物、やりたかったこと、希望がいろいろあると思います。


終活準備ノートは、あとで後悔したくないあなたの役に立つアプリです。

・親しい人へのお礼を伝える
・大切なものを譲りたい相手がいる
・葬儀は楽しくしてほしい
・中身を見ないで捨ててほしいものリスト
・遺骨は海に撒いてほしい


相続、遺書、葬儀、断捨離、終活、エンディングノートと聞くと、定年間近の方でさえ、10年、20年先の老後を思い浮かべるかもしれませんがそれは違います。

年齢に関わらず人は、いつ死ぬかわからないものです。

もし明日死ぬとしたら…

・自分の財産と呼べるものはどうしたいですか?
・もし延命治療することになったら?
・介護はどうしてほしいですか?
・ありがとうを伝え忘れた人はいませんか?
・宝物を譲りたい人はいませんか?
・行きたい場所、やりたいことはありませんか?


死ぬことを考えるのは良くないことと思うかもしれませんが、
死に方を考えることは生き方を考えることと同義だと思います。

起こるかわからないことだからこそ、今日からでも準備をしていきませんか?


「もしもの時」というのは、死ぬことばかりではありません。
急な入院や、意識がなくなったとき、お世話や介護をしてくれる相手にお願いするときも情報を共有して置けば安心です。


保険証の場所、お薬手帳の場所、通帳や印鑑などの貴重品の場所。

考えることや、伝えたいことは山ほどあるはずです。


終活準備ノートは、生き方を考える上でのメモとして使っていただけたら幸いです。
また、死ぬことを考えることで、「どう生きたいか」が明確になっていきます。


▼こんな方におすすめ

<親御さん>
・終活という言葉を聞いて気になっている
・自分の子供や周囲の大切な人に残したいメッセージがある
・遺言を作成したいけど何から始めていいかわからない
・最近老眼が進んだり、聴力に衰えを感じる
・健康に不安を感じるので情報をまとめておきたい

<お子さん>
・親の好きなものがわからない
・親に何かあったときに声をかけたい人がわからない
・もしもの時にどうしたいか知らない
・親の病歴や飲んでいる薬を知らない
・親の健康状態がわからない
・離れて暮らす親を見守りたい


<終活準備の主な機能>


■毎日変わるコラム(随時更新予定)
日常に使われる用語の解説、難読漢字、名言など知っておくとタメになる豆知識


■日記感覚で気分をスタンプで記録
毎日の気分を簡単にスタンプで記録して、遡ってみることができます。


■歩数表示
ヘルスケアアプリと連携していただくとホーム画面に毎日の歩数が表示されます。
たくさん歩いて健康管理にお役立てください。



終活準備ノートは、どの年代でもわかりやすい操作性を意識し開発したアプリになっています。
見守り機能や家族共有機能、視力や聴力のチェックなど、順次開発予定となっております。
また、普段あまり会話がない場合、情報共有がなかなかされないものです。
家族のコミニュケーションツールの一つとして使っていただけると幸いです。


「終活準備ノート」は、「家族の健康を支え笑顔をふやす」をビジョンに、家族を支えるアプリとして累積1000万DLを突破したカラダノートのアプリです。

終活は死ぬ間際、死んだ後のことを連想するかもしれませんが、そんなことはありません。

死に方を考えることは、生き方を考えること。
どの年代にも関わらず、死ぬまでにやりたいことを整理するライフプランの一つとして、家族で楽しく話してみませんか?

新機能

バージョン 1.5.6

【今回のアップデート内容】
ホーム画面にある日付の表示まわりを修正しました。

引き続き、終活準備ノートをよろしくお願いいたします。

評価とレビュー

4.3/5
25件の評価

25件の評価

kamotama15

いいと思う

終活というものがあることは知っていました。
自分がもしものことになった場合、家族に負担をかけるのは申し訳ないなというところからアプリをダウンロードしてみました。このアプリは自分で書くという面倒なことはあまりなく、必要最低限なことは質問に回答していくだけでいいのがとても楽でした。

最近、ライフプランという機能が追加されていました。やりたいことを書いていく機能のようです。やりたいこと、は、いつも漠然としたものは持ちつつもあまり可視化できる状態にしたことがありませんでしたが、1つ書いてみるとあれもこれもと結構いろいろ出てきました。こんなこと自分したかったんだ、と、新たな発見でした。
みなさんがどんなことを書いてるのかとか知れると楽しそうです。(どんなことを書けばいいのかの参考にもなる)
いいきっかけをいただきました。ありがとうございます。

sakumiyo

まずはやってみようと。

SNS等で若くて有名な方がふと亡くなられてるのを目の当たりにしてなんとなくこのままでいたらちょっと不安と思い始めてみました。
生き方や終わりのことを書くのはちょっとドキリとしますが、ライフプラン機能は楽しいですね!やりたいこと100個くらい目指してみようかと思います(笑)

6769Rubyyyy

シンプル

娘と終活の話しになり、検索したときに1番上にあったこのアプリをダウンロードしてみました。
初見、ごちゃごちゃしておらずシンプルで使いやすそうです。
文字を入力するのは大変だけど、このアプリは選択するだけでいいのでラクです。
今後紙にまとめるかもしれませんが、そのメモ段階で使おうと思います。

歩数の確認でよくこのアプリを立ち上げて見てます。

Appのプライバシー

デベロッパである"Karadanote Inc."は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザに関連付けられないデータ

次のデータは収集される場合がありますが、ユーザの識別情報には関連付けられません:

  • 健康とフィットネス
  • ユーザコンテンツ
  • ID
  • 使用状況データ
  • 診断

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ