スクリーンショット

説明

本アプリは、弱視者(ロービジョン者)の当事者団体、日本弱視者ネットワーク設立40周年記念事業の一環として開発されました。
※App Storeの規約により、発行元には担当者の氏名を表示しています。

視覚障害はあるが全く見えないわけではないという方、弱視者(ロービジョン者ともいう)の見え方をお手持ちのiPhoneで紹介できるアプリです。

このアプリは、視覚障害はあるもが全く見えないというわけではない症状の方、弱視者(またはロービジョン者)の見え方を紹介するためのものです。iPhoneのカメラ映像を加工し、弱視者の視界や見え方を紹介することで、できます。
弱視者の症状や視力は色々あります。これは、視力障害の原因になっている病気や怪我が様々なためです。
本アプリでは、様々な見え方を紹介できるようにするため、設定画面で見えにくさの紹介を変更することができます。

見えにくさの解説は、本アプリ発行元のホームページも合わせてご覧ください。
http://jakumonken.com/jakushi_toha.htm

※見えにくさの再現パターンは今後さらに追加・改良していく予定です。
※カメラの映像加工は本アプリ起動中のみで、写真機能や他のアプリには影響ありません。

発行元:弱視者問題研究会 http://jakumonken.com/
開発元:フロッグワークス 岸本将志(弱視者問題研究会IT担当幹事) http://frog-pc.com/

評価とレビュー

4.3/5
8件の評価

8件の評価

うじまん

とてもよくできてる!

さっそく、使っています! 手軽に、見え方を表現できて、とてもいいです。ありがとうございます。

1つリクエストです。
4軸イヤフォーンのボリュームボタンで、ぼやけ方を上げ下げできるととても助かります。と、もうしますのが、iPhoneをヘッドマウントして利用する際、画面をフリックできなくなるため、イヤーフォンでそれができると、とても利用価値が高まると思います。

ついでのリクエストで、申し訳ないですが、ヘッドマウントでiPhoneを取り付けてカメラアプリを起動すると、これがなかなかいい具合にヘッドマウント型拡大読書器になります。でも、先ほどと同じように、ヘッドマウントそしてしまうと、拡大縮小ができなくなるのがたまに傷です。
ぜひ、4軸いいやフォーンのボリュームボタンで拡大縮小できる拡大読書器アプリを作っていただきたくお願い申し上げます。
同機能のアプリ、あったんですが、今は使えなくなっているんです。ご高配のほどお願い申し上げます。

広島大学 氏間和仁

スタハンウィー

見え方として伝えるには機能増やしていただけないでしょうか?

左右のスライドでぼかしの強弱を操作するように
視覚狭窄や夜盲症の見え方などの操作が出来るようにして欲しいです。

Appのプライバシー

デベロッパである"Masashi Kishimoto"は、プライバシー慣行およびデータの取り扱いについての詳細をAppleに示していません。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

詳細が提供されていません

デベロッパは、次のAppアップデートを提出するときに、プライバシーの詳細を提供する必要があります。

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

他のおすすめ