スクリーンショット

説明

青空文庫の作品を自動音声読み上げで聞けるアプリです。

*iOS8アップデート後に音声が聞こえない場合、アプリを再インストールすると治ります。

夏目漱石や太宰治など、著作権が切れた12,000以上の作品を、通勤中や運動中にながら聞き!

毎日の家事や通勤時間が、楽しい読書タイムに変わります。

読むだけなら完全無料。自動音声は一日15分まで無料で使う事ができ、アップグレードで無制限になります。

自動で文字を読み上げる機械音声には、音声合成で定評のあるAcapela社のエンジンを使用。

読みたい時には目で読み、耳で聞きたい時には耳で聞く、新しい読書体験をぜひ試してみてください。



■■■ こんな時に耳で読書 ■■■

◎通勤中や家事洗濯中など、目で読めない時
◎頭を使わない作業を繰り返す退屈な時
◎長文を目で読むのが疲れる時



■■■ 基本機能 ■■■

青面文庫
◎12,000作品以上を無料ダウンロード

読み上げ
◎音声スピード調整
◎読み上げ中の文章をハイライト
◎指定した位置からの音声再生
◎ロック画面でのバックグラウンド再生
◎ヘッドフォンでのリモート操作
◎スリープタイマー

読む機能
◎ブックマーク
◎文字検索
◎最後に読んだ位置を記憶
◎フォントサイズ変更

新機能

バージョン 1.11

iOS11で動く読み上げアプリVoicepaper2をリリースしました。https://itunes.apple.com/jp/app/id1273954643 経緯=> こんにちは。iOS6の頃に開発した音声文庫というアプリは、アカペラエンジンという音声エンジンの契約や、iOS6時代のシステムの関係からiOS7以降にアップデートできない事情があり開発が止まっておりました。今後、iOS11に対応した音声文庫2というアプリをもしかすると作るかもしれません。その時、リリースした時にこちらにメールを登録していただければお知らせいたします。
http://eepurl.com/c4o6yT

ただ、既存の音声文庫をアップデートが簡単にできれば楽だったのですが、音声文庫2を作る場合、完全に別音声のエンジン、システムとなり、1から完全に作り直しになり、相当な時間と手間がかかるのが難しいところです。なので、正直作るかどうかがわかりません。。さらに、もし作った場合、音声文庫2という別アプリとしてリリースして、課金も一回払いではなく年間払いで新しく課金してもらう形式になるのをご理解いただければと思います。

その間、iOS11で音声アプリを使いたいというかたは、Voicepaper2というアプリをリリースしておりますので、こちらに、読みたい音声文庫のテキストを読み込んで耳で聞くということも一応は可能です。

評価とレビュー

3.3/5
116件の評価

116件の評価

南アルプスの蒸しタオル

読み間違い

通勤の歩き道などで利用しています。
独特のイントネーションがひっかかりますが、ずっと聞いていれば耳が慣れて物語が分かるくらいにはなります。
イントネーションは仕方ないとしても、読み間違いはどうにかならないものかなあと思っています…
「お父さん」「お母さん」が「おちちさん」「おははさん」になってたりとかの間違いが結構多くて、笑ってしまって物語に集中させてもらえません。

れーお

「ながら利用」をしてます

小説を読み上げてくれるアプリあればいいなと思い、こちらのアプリに辿り着きました。
最初は漢字の誤読(文脈に対応した読みになっていない)が気になりましたが、読み上げ部分のマーカーをチラ見しているうちに慣れました。
普段絵を描きながらラジオを聞いたりしているのですが、割とそれに近い感覚で利用できて、とても助かっています。
タイトルは知っているけど、まだ読んだことがない名作が多いのもありがたいです。

KZMHR

読み方変換も青空文庫更新もないダメアプリ

Acapela製の音声エンジンを使った青空文庫読み上げアプリ。使い勝手は良いのですが、現状ではおすすめできません。以下にいくつか要望を。

開発者様のウェブサイトにios内臓の音声、つまりSiriよりも出来がいいと書いてありますが、そうは思えません。Siri(ios8)のテキスト読み上げ音声と比べるとイントネーションが不自然です。ただし、これは使っているうちに耳が慣れてくるので、大きな問題ではないかもしれません。

イントネーション以上に気になるのはやはり漢字の読み間違いです。Acapela社との契約上の問題なのでしょうか、読み間違いの訂正はできないということです。が、音声エンジンをいじらなくても、読み方変換を登録する機能をつける(つまりテキストの方をいじる)という形で対応できないでしょうかね。近代の作家のテクストを読み方変換なしで読ませると、大抵は聞くに堪えないものになります。無料アプリでこの機能をもつものもありますし、ぜひとも対応していただきたいです。

あと、青空文庫の情報、新着図書、ランキング等が全く更新されていません。このアプリでは最近追加された本が読めません。

上記の問題点がいっこうに改善されないので、評価を下げます。作者の姿勢に疑問を感じます。青空文庫をテキスト読み上げエンジンで読ませたい場合は、「金沢文庫」、自前のテキストなどを読み上げさせたい場合は「ことせかい」など他の無料アプリを使うことをおすすめします。

情報

販売元
Umemoto Non
サイズ
77.6MB
カテゴリ
Books
互換性

iOS 6.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語, 英語

年齢
指定:4+
Copyright
© Non Umemoto
価格
無料
App内課金有り
  1. Plus Account ¥1,220

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ