iPhoneスクリーンショット

説明

iPhoneの端がゼロになっているので、そのまま当てるだけで測れる定規。
しかもスライドすることで100センチ測れます。

【使い方】
図のように左の人指指で画面を押さえながら、右手で端末を右へスライドします。
左手が固定されるように、左手の底を床などに付けて固定することでブレません。
▼説明ムービー
https://www.youtube.com/watch?v=kxU9xi88IiY

方眼定規は、小物や昆虫などのサイズ測定にも便利です。
左下にはミリ方眼になっているので直径を測る目安にもなります。

広告が邪魔な方は、info画面から広告を外すことができます。(有料)


iPhone12シリーズに対応しました!

新機能

バージョン 2020.3

iPhone12 Pro Maxに対応しました。

評価とレビュー

3.1/5
151件の評価

151件の評価

ラクロワ♪

いっそ。

iPhone6s Plusです。
定規の方は15センチで0.5ミリほどの誤差。
定規の方は許容できる範囲ですが、
方眼の方は11センチで6ミリほども誤差が出てます。
iPhoneもいろんな画面サイズがありますし、
ケースの分誤差調整したい気持ちもわかるので、いっそ自分で誤差修正して保存しておける機能をつけていただけたらいいのにと思いました。
便利なのでよろしくご検討下さい。

alba17aow

使えます!

iPhone7Plusに入れました。
素晴らしいアイデアで、そこそこ実用的に使えます。家にあるテーブルの辺73cmを数回測ったところ、72-73cmの間に収まりました。誤差は画面から指を離す時に、うまくやらないとわずかにズレが生じるためで、これは慣れれば小さくなるものと思います。

ただし方眼スケールは誤差があって、長辺11cmと表示されていますが、実際に測ると11.6cmでした。調整できないので、測定値よりも実際は5%程度長いと認識して使う必要があります。

もにょのぽ

発想がスマホ的でいい!

最初どうやって測るのかピンと来なかったのですが、タップ&ホールドでスライドさせるアイデアに敬服しました。これでIKEAの紙メジャーを持ち歩かなくて済むようになりました(笑)
もちろん精密な測定はできませんし、カバーを装着していれば当然その厚みの分だけ誤差は出ますし、スライドさせる時にカメラレンズへの傷もちょっと心配ですが、それはコンセプトとして割り切りかと思います。
機種毎の対応が大変かとは思いますが、どの機種でも使えるようサポートに期待します。

Appのプライバシー

デベロッパである"ZOOMO Inc."は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

データの収集なし

デベロッパはこのAppからデータを収集しません。

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ