スクリーンショット

説明

コード進行を覚えたての作曲初心者の作曲練習アプリとして最適!
公式ホームページで初心者向けの作曲講座も展開中!

歌モノに特化した作曲練習アプリです。
このアプリを使えば、思いついたメロディー、バッキング、歌詞をどんどん入力していくことができます。
このアプリには主に、以下のような機能があります。

【作曲機能】
「メロディー」「コード」「歌詞」を楽譜に入力していく機能です。

【サーバ保存機能】
作成した曲をサーバに保存する機能です。
サーバ保存には、AppleIdの登録が必要です。
初期状態で5曲まで保存が可能です。

【MIDIファイル出力機能】
作成した曲はSMF(スタンダードMIDIファイル)形式で、任意のアドレスにメール送信することができます。

【PDF出力】
作成した楽譜をPDF形式で出力することができます。

【有料機能】
アプリ内課金をすることで、サーバに保存できる曲数を増やすことができます。
2つのプランがあります。
スタンダードプラン:100件まで
プレミアムプラン:500件まで
※1ヶ月単位で課金されます。
※課金しない状態でも5曲まで保存可能です。

・利用料金はiTunesアカウントに請求されます。
・購読期間終了の24時間以前に自動更新を解除しないかぎり、翌期間も自動更新されます。
・Apple IDアカウント設定で、購入後いつでも自動更新を管理またはオフにできます。

■利用規約
https://contents.meloko.jp/ja/WVTerms/

■解約方法
1)設定 App を開きます。
2)ユーザ名をタップし、「サブスクリプション」をタップします。*
3)変更・解約したいサブスクリプションをタップします。
4)別のオプションを選択するか、「サブスクリプションをキャンセルする」をタップします。
「サブスクリプションをキャンセルする」が表示されない場合は、すでに解約されています (したがって更新されることもありません)。
* 設定 App に「サブスクリプション」が表示されない場合は、代わりに「iTunes と App Store」をタップしてください。Apple ID (通常はメールアドレスです) をタップし、
「Apple ID を表示」をタップします。サインインして、下にスクロールして「サブスクリプション」を表示し、「サブスクリプション」をタップします。

■詳細
https://support.apple.com/ja-jp/HT202039

新機能

バージョン 2.6.0

チュートリアルを追加しました。
コード進行の打ち込み方、メロディーの入力方法、歌詞の入力方法、楽譜の出力方法など動画で解りやすく解説しています。

評価とレビュー

3.7/5
25件の評価

25件の評価

2482...Carol

何から何まで中途半端

まあDAW系ってそうなんだけどさ、キーをE♭にして調号も♭が3つ付いてるのに、コード名がD♯なんだよね。全部♯で処理してあるの。ピアノロールを扱ってるわけでもないのにどうしてこれくらいのことをちゃんとやれないんだろう? 初心者向きを謳うなら尚更だよね。レ♯ファ♯♯ラ♯とミ♭ソシ♭じゃ全然違うよ? コードと¨五線譜¨を対応させてるアプリだよね? とまあ手厳しいことを書いたのは実はなかなか素晴らしいアプリだからです。スタンダードプラン(240円/月)で使ってます。メインで使う8ビートのストロークのパターンが14種類しかないのはちょっと寂しいかな。また、おそらく技術的に困難と思いますけどコードチェンジのタイミングを8分で自由に設定出来ると化けるアプリなのではないでしょうか。メイン画面があまりにシンプル過ぎるので「バッタもん」と判断する人が多いと思いますけど、特にiPhoneで原形(アコギのストロークによるコード進行、クラリネットの単旋律、歌詞)を作るだけなら、多分一番使いやすいアプリです。SMFメール送信出来ますからGarageBandで続きを作ったりも出来ます。あとアプリのリンク先の作曲講座(無料の読み物)はお世辞にもわかりやすい書き方ではないので運営さんに提案したいのですが、初心者(私もつい2年ほど前までドレミ全然わかりませんでした)にまず必要なのは、「キーがE♭メジャースケールだとして、このスケールの構成音はミ♭、ファ、ソ、ラ♭、シ♭、ド、レです。そのダイアトニックコードのⅠであるE♭maj7はイーフラットメジャーセブンスと読みます、これはミ♭、ソ、シ♭、レの和音の名前で、五線譜ではこの音とこの音とこの音とこの音、鍵盤ではこの音とこの音とこの音とこの音、のことです。伴奏でE♭maj7が鳴っている間は、メロディーはミ♭、ソ、シ♭、レをメインに使います。少しならスケール内の他の音を使っても大丈夫です」というような情報です。つまり『キー(スケール)- そのダイアトニックコード - コード名 - 読み方 - その構成音 - 五線譜上の位置 - 鍵盤上の位置、と、¨これらを一致させる情報¨』が必要なのです。ぜひこれの各キー(全30キーもしくは26キー)での一覧を作って(印刷するユーザーもいるでしょう)その上で「では定番のコード進行を入力して、実際にメロディーを作ってみましょう!」とやれば、今日から作曲!な初心者ユーザーでも実際に曲を作れるじゃないですか。こういうのは¨1ページ目¨が勝負です。私ならば作曲講座の1ページ目で早速ユーザーに曲を作らせてあげられます。運営さん、書き方、ヘタ過ぎ笑。体裁を整えるより、今すぐにユーザーが曲を作れること、それが大事。自分のおばあちゃんや自分のお母さんに作曲を教えるとしたら今のような書き方にはならないはずです。消費者向けに書いてるからわかりやすさに配慮出来ない。それが御社の企業姿勢だと受け取られます。アプリの方向性は悪くないと思います。頑張ってください。ちなみに私はPCではCubase、iPadでCubasisとAuria ProとDoricoを愛用する結構ガッツリのDTMer & ギタリスト & ベーシストです。iPhoneではメロコとMobile Music Sequencer、あと楽しいので一応GarageBandも入れてますけど、メインがLogic Proではないので、SMFで吐き出せる & コード選択で作っていくタイプのメロコとMobile Music SequencerがiPhoneでは面積的にも作りやすくてお気に入りです。特にメロコは「コードと、五線譜と鍵盤」という三種の神器が全て揃っているのでマジにオススメ(この組み合わせ、メロコ以外にiOSには多分存在しない)コードのCがドミソとわかるようになると作曲がとても面白いものになると思います(というかそれがわからないからデタラメしか出来なくてつまらなくなる)その練習にも最適。コードとドレミが頭の中で繋がって、その背後に隠れているスケールまでもが見えるようになると、非常に自由な空間がそこに現れます。そして誰でもが必ずそこまでは行けます。メロコでならね!笑。あ、そうそう、ところで、途中の説明で違和感を感じた人や、もしかしたら不快に感じた人がいたかもしれません、「E♭メジャースケールの構成音はミ♭、ファ、ソ、ラ♭、シ♭、ド、レ」の下りですが、移動ド派の方々にとってはきっと許しがたい説明と感じられたかもしれませんが、考えに考えた末、私は基本、固定ド派です(時には移動ドも使いますけど)日本人は音名=ドレミファソラシドで問題ない、というか、その方が間違いなく早いです。音名をCDEFGABで縛るのは日本人にとっては逆に非効率。あくまでも私見ですが。蛇足でした。

頑張って改良してください

一回にいくつかの音を入力が、、、

一回にいくつかの音を入力が出来ないのが不便です

片くり子

折角使いやすいのに…

和音すら出来ないのは残念です。

デベロッパの回答

Meloko開発担当者です。
Melokoをお使い頂きありがとうございます。
「和音」ができないとのご指摘ですが、「メロディー」パネル(鍵盤の表示された状態)で複数の鍵盤を同時にタップしても、それが楽譜に反映されないということをおっしゃっているものと思います。

Melokoでは「和音」を「コード」を選択するという形で入力してく設計思想になっています。

一番右上のボタンをタップして表示されるプルダウンより、「コード」を選択して頂けましたら、コードの一覧が表示されますので、その中からお好きなコードを選択してください。

詳細は、公式サイト
https://meloko-support.com/
でも解説させて頂いております。

「歌」を作ることに特化したアプリというコンセプトによりそういうUI設計思想になっておりますので、何卒、ご理解いただければと思います。

なおメインメロディーに対する別のパート(いわゆるハモリ)という意味での、「和音」ということであれば、今後の追加機能の候補の一つとなっていますので、今後のアップデートにご期待頂ければと思います。

返信が遅くなり申し訳ありません。

今後とも「Meloko」をよろしくお願いいたします。

Appのプライバシー

デベロッパである"株式会社EXCEED"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザのトラッキングに使用されるデータ

次のデータは、他社のAppやWebサイト間でユーザをトラッキングする目的で使用される場合があります:

  • 位置情報
  • ID
  • 使用状況データ
  • 診断

ユーザに関連付けられたデータ

次のデータは収集され、ユーザの識別情報に関連付けられる場合があります:

  • 位置情報
  • ID
  • 使用状況データ
  • 診断

ユーザに関連付けられないデータ

次のデータは収集される場合がありますが、ユーザの識別情報には関連付けられません:

  • 診断

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

ビジネス
ゲーム

他のおすすめ

ミュージック
ミュージック
ミュージック
ミュージック
ミュージック
ミュージック