スクリーンショット

説明

おうち時間の楽しみをすてきに残そう!プロも使う写真加工アプリLightroom (ライトルーム)なら、スライダーをひとつ動かすだけで、写真がぐんと鮮やかに。窓辺のペットの写真の逆光補正や、うっかり写りこんでしまったものの削除もかんたん。スマホ写真を、一眼レフで撮ったような本格レベルに仕上げられます。いますぐ無料ダウンロードで始めよう。

プロ仕様のソフトウェアから生まれた写真加工・編集アプリ

写真の撮影も編集も共有も、Adobe Lightroom(ライトルーム)ならひとつのアプリですべて完結!プロ仕様の写真加工・編集ソフト Adobe Lightroom の強力な機能を維持し、スマホでも使いやすいようにモバイル版を設計しました。一眼レフ並のアプリ内カメラもモバイル版専用に開発。撮りっぱなしのスマホ写真を卒業して、本格的にこだわりたい人にぴったりな写真加工・編集アプリです。

画像の切り抜きや回転はもちろん簡単。いまひとつ臨場感のない旅行写真も、冷たく感じる食べ物写真も、顔が暗くて見えない逆光写真も、 Adobe Lightroom でカラーや露出を調整すればあっという間にプロが撮ったような作品に。自動補正機能もあるので、写真編集にまだ慣れていなくても安心して写真加工・編集を楽しんでいただけます。ワンタッチでオリジナル写真をグッと魅力的に仕上げることもできます。豊富な編集機能で、思い通りに自分らしい写真編集を楽しみましょう。また、元画像を失わずに編集ができるため、さまざまな加工を試して比較しながら、自分のお気に入りのルックを選ぶことができます。

有料のプレミアムプランではさらに高度な編集機能やマルチデバイス連携を提供しており、モバイル、デスクトップ、ウェブなど、お使いのすべてのデバイスから写真編集・加工や管理ができます。

Adobe Lightroomの主な写真編集機能:部分補正、修復、切り抜き、プロファイルの適応、ライト(露出量、コントラスト、ハイライト、シャドウ、白レベル、黒レべル)、カラー(ホワイトバランス、色温度、色かぶり補正、自然な彩度、彩度)、効果(明瞭度、かすみの除去、周辺光量補正)、ディテール(シャープ、ノイズ軽減、偽色の軽減)、レンズ補正、ジオメトリ(ゆがみ、垂直方向、水平方向)、プリセット、前の設定の適応 他

【アプリ内カメラで一眼レフ並みの写真を撮影】
• Adobe Lightroom のプロフェッショナル撮影モードでは、露出、ISO、ホワイトバランス、マニュアルフォーカスなどを選ぶことができ、一眼レフ並みの写真が撮影できます。スマホカメラを最大限活用して、突然訪れるシャッターチャンスもしっかり捉えましょう。
• RAW 形式(**)で写真撮影することにより、より一層幅広く、自由に編集ができます。
• ハイダイナミックレンジ(HDR**)モードでは、露光範囲が自動的に拡張されるため、明るい領域と暗い領域の階調が同時に表現され、肉眼で見たままを忠実に再現できます。逆光で顔が暗くなってしまう時も、HDRモードで自然に明るく撮影できます。
• 定番画像編集ソフトPhotoshop フォトショップの技術を基にした 5 種類のプリセットが既に利用可能。自分の好みに合わせて、最適なフィルター効果を追加できます。プリセットの効果を確認しながら撮影し、後から微調整を行うことも簡単。編集は取り消し可能なので、いつでも元の画像に戻すことができます。*

【自由度の高い写真加工機能 】
• 特殊効果やプリセットをワンタッチで適用でき、細部の調整もシンプルで簡単。すばやく簡単に写真を編集できます。
• 高度なカラーグレーディングで、色合いを思い通りに調整したり、トーンカーブを使って色や露光量、トーン、コントラストを変更し、高度な写真編集ができます。明るくくっきり、フワッとミステリアスになど、仕上げたい雰囲気に合わせてニュアンス編集ができます。
• 気に入った編集フィルターをコピーして複数の写真に適用できるので、たくさんの写真をまとめて編集可能。写真のトーンが統一されることで、写真に自分らしさをプラスすることができます。
• 写真の部分的に調整したい範囲を選択し、ピンポイントで変更を適用できます。一部だけが暗くなってしまった写真などを、自然に明るくする時などに便利です。選択的な編集ができるローカル調整では、色相や彩度を正確に調整し、生き生きとした写真に仕上げることができます。(プレミアム機能)

【写真を整理】
• 星付けによる評価やフラグをつけて、分かりやすく写真の整理と管理ができ、お気に入りの写真を絞り込むことができます。
• フォトアルバムのベストショット候補をすばやく簡単に見つけ、表示します。
• 被写体や撮影場所などを検索できます。アドビ独自の人工知能であるAdobe Sensei によって、自動的に写真にタグ付けを行うこともできます。(プレミアム機能)

【写真を保存】
• 元の写真は Adobe Creative Cloud ストレージにバックアップされ、お好きなデバイスや Web 版の Adobe Lightroom からアクセスできます。(* プレミアム機能)
• 「自動追加」をオンにすると、Adobe Creative Cloud に写真を自動的に読み込んで、同期することができます。(プレミアム機能)

【写真を共有】
• ハッシュタグ(#lightroom)を使ってInstagram、Facebook、Twitter、Flickr などをの SNS で写真を共有できます。
• Lightroom Web ギャラリーで、簡単に写真をオンライン公開できます。編集内容はリアルタイムに同期されるため、常に最新の状態が表示されます。(プレミアム機能)
•パーソナライズされたコンテンツや、無料のプリセットが豊富です。お気に入りのクリエイターをフォローして、インスピレーションを得ることもできます。アプリの「見つける」セクションでは、編集した手順を他のユーザーと共有することができます。(プレミアム機能)

-
iPadの場合は、必ず Adobe Lightroom iPad版をダウンロードしてください。

プレミアム(アプリ内課金オプション)
毎月の定期的なお支払いは、iTunesアカウントに自動的に課金されます。サービスを停止するには、請求期間終了の24時間前までに「アカウント設定」から、自動更新を無効にしてください。自動更新を無効にしても、その月の請求期間が終了するまでサービスが継続されます。

細則
お客様は13歳以上で、アドビの利用条件およびプライバシーポリシーに同意する必要があります。
http://www.adobe.com/go/terms_linkfree_jp
http://www.adobe.com/go/privacy_policy_linkfree_jp

アドビのモバイルアプリやオンラインサービスは、無料の Creative Cloud メンバーシップの一部として利用できます(無料 Adobe ID の登録が必要です)。アドビのオンラインサービスの利用にはインターネット接続が必要です。また一部の国や言語によってはご利用いただけない場合や予告なく変更または停止されることがあります。

新機能

バージョン 6.0.2

• スライダーの調整によってヒストグラムがアップデートされないバグが解消されました
• カラーグレーディング:パワフルな新しいインターフェイスで中間調、ハイライト、シャドウをクリエイティブにコントロールできる新しいツールをお試しください。
• 自動バージョン:Lr は、自動的に新たなバージョンを作成して編集の状態を保存するようになりました。後から特定の編集時点に戻ることができるので、安心していろいろ試すことができます。
• グラフィック透かし:テキストベースの透かしに加えて、独自のグラフィック透かしを読み込み、デジタル署名に個性的なタッチを追加できるようになりました。プレミアムメンバーは、グラフィック透かしを保存してデバイス間で同期させることができます。
• 学習と発見のフィード:写真の目的や関心に合わせて精選された新しいコンテンツを見つけることができます。
• 作成者をフォロー:お気に入りの写真家をフォローして、学習やインスピレーションの参考になるチュートリアルや編集にすばやくアクセスできます。
• (プレミアム機能)ベストショット:AI 技術によりアルバム内のベストショットを提案させ、写真の整理にかかる時間を節約できます。
(プレミアム機能)Adobe Camera Raw 13.0 リリースで最新のカメラとレンズをサポート対象に追加(サポートされているカメラとレンズの一覧については、http://www.adobe.com/go/supported_cameras_jp を参照してください)。
• その他のバグの修正および安定性の向上

評価とレビュー

4.6/5
1.5万件の評価

1.5万件の評価

Nisisinjuku

iPhoneX必須の写真アプリ。デジカメ使ってる人はiPhoneを見直すことになる。

デジタル一眼レフなどが危うくなる存在。
問題はストレージの圧迫と、Adobeへの月額使用料か。

フォトプランを使っている人は気軽に使い倒せばいい。

問題はこのアプリを使えば使うほどデジカメが疎遠になり、AdobeLrが必要なのか?と自問自答のスパイラルに入っていくことかもしれない。

なんにせよ、本格HDRがスマホで楽しめるのは良い事だと。iPhoneで撮って黒つぶれした写真もわりとなんとか回復できたりもする。
とにかく試してみては?と思うところ。
マヂいいっすよ。

Warrman

Cross-Device Capability Lacking

If you’re looking to showcase your photos, I can’t recommend this app. It’s decent when it comes to editing photos, but it’s damn-near impossible to get it working with Lightroom Classic and Adobe Portfolio.

Both Lightrooms are incapable of using the same photos/catalog. If you edit something in Lightroom Classic, you’ve got to duplicate the files when adding them to Lightroom CC, which you have to do for Adobe Portfolio to see which albums you’d like to upload.

Why can’t Lightroom CC simply interface with the same files Lightroom Classic uses? This would would be incredibly helpful. The programs are not yet streamlined and it’s been... a couple years since the Lightroom split.

ベリミニ

良いんだけどぴえん

Photoshopの簡易verみたいな感じです。
課金しなくてもそれなりに使えますよ!

私は課金してから現像の幅がかなり広がって、インスタとかに写真をあげるのが課金前よりも楽しくなったし、値段並やそれ以上の価値は充分あると思います。

最近のiPhoneは写真編集だけで結構レベルの高い加工ができるようになりましたが、そっちではできない部分加工やプリセット作成などできるので、現像のバリエーションをもっと増やしたい!って方はインストールすることをオススメします。
・パソコンにいちいち写真を移すの面倒くさい
・Photoshopはいじれる範囲内が多すぎてキリがない
・いやPhotoshopアホみたいにボタン多すぎやん
というズボラなわたしにはLightroomが丁度良いなと思いました。急遽プレゼンやポートフォリオに載せないといけない写真が暗すぎたり変な色味してた時に、スマホでササッと編集できるのまじで神だと思います!

ただ、最近されたアップデートによってLightroom内の写真がほぼ全て消滅してしまってぴえん越えてぱおんレベルでかなりショックを受けました。朝起きてLightroom開いたら写真どころかフォルダも消えてやんの、バックアップとかの問題じゃねえの爆笑()
写真が消えた悲しさは凄まじいけど、使いやすいしこれからもこのアプリを消すことはなぃょ。。。ズッ友だょ。。。の葛藤を込めて☆2をつけさせてもらいます。

情報

販売元
Adobe Inc.
サイズ
235.8MB
互換性

iOS 12.3以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。 Apple TV。

言語

日本語、 イタリア語、 インドネシア語、 オランダ語、 スウェーデン語、 スペイン語、 タイ語、 トルコ語、 ドイツ語、 フランス語、 ベトナム語、 ポルトガル語、 ポーランド、 ロシア語、 簡体字中国語、 繁体字中国語、 英語、 韓国語

年齢
12+
まれ/軽度な成人向けまたはわいせつなテーマ
まれ/軽度な性的表現またはヌード
Copyright
価格
無料
App内課金有り
  1. プレミアム (100 GB/月) ¥550
  2. プレミアム (40 GB/年) ¥2,100
  3. プレミアム (100 GB/年) ¥5,400

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ