iPadスクリーンショット

説明

プレミアムプリセットが登場。様々な分野のプロ写真家によって作成された 70 種類以上の限定プリセットで、写真に命を吹き込みましょう。

おうち時間の楽しみをすてきに残そう!プロも使う写真加工アプリLightroom (ライトルーム)なら、スライダーをひとつ動かすだけで、写真がぐんと鮮やかに。窓辺のペットの写真の逆光補正や、うっかり写りこんでしまったものの削除もかんたん。スマホ写真を、一眼レフで撮ったような本格レベルに仕上げられます。いますぐ無料ダウンロードで始めよう。

プロ仕様のソフトウェアから生まれた写真加工・編集アプリ

写真の撮影も編集も共有も、Adobe Lightroom(ライトルーム)ならひとつのアプリですべて完結!プロ仕様の写真加工・編集ソフト Adobe Lightroom の強力な機能を維持し、スマホでも使いやすいようにモバイル版を設計しました。一眼レフ並のアプリ内カメラもモバイル版専用に開発。撮りっぱなしのスマホ写真を卒業して、本格的にこだわりたい人にぴったりな写真加工・編集アプリです。

画像の切り抜きや回転はもちろん簡単。いまひとつ臨場感のない旅行写真も、冷たく感じる食べ物写真も、顔が暗くて見えない逆光写真も、 Adobe Lightroom でカラーや露出を調整すればあっという間にプロが撮ったような作品に。自動補正機能もあるので、写真編集にまだ慣れていなくても安心して写真加工・編集を楽しんでいただけます。ワンタッチでオリジナル写真をグッと魅力的に仕上げることもできます。豊富な編集機能で、思い通りに自分らしい写真編集を楽しみましょう。また、元画像を失わずに編集ができるため、さまざまな加工を試して比較しながら、自分のお気に入りのルックを選ぶことができます。

有料のプレミアムプランではさらに高度な編集機能やマルチデバイス連携を提供しており、モバイル、デスクトップ、ウェブなど、お使いのすべてのデバイスから写真編集・加工や管理ができます。Lightroomプレミアムでは、プロの写真家が制作した70種類以上の手作りプリセットにアクセスできます。

Adobe Lightroomの主な写真編集機能:部分補正、修復、切り抜き、プロファイルの適応、ライト(露出量、コントラスト、ハイライト、シャドウ、白レベル、黒レべル)、カラー(ホワイトバランス、色温度、色かぶり補正、自然な彩度、彩度)、効果(明瞭度、かすみの除去、周辺光量補正)、ディテール(シャープ、ノイズ軽減、偽色の軽減)、レンズ補正、ジオメトリ(ゆがみ、垂直方向、水平方向)、プリセット、前の設定の適応 他

【アプリ内カメラで一眼レフ並みの写真を撮影】
• Adobe Lightroom のプロフェッショナル撮影モードでは、露出、ISO、ホワイトバランス、マニュアルフォーカスなどを選ぶことができ、一眼レフ並みの写真が撮影できます。スマホカメラを最大限活用して、突然訪れるシャッターチャンスもしっかり捉えましょう。
• RAW 形式(**)で写真撮影することにより、より一層幅広く、自由に編集ができます。
• ハイダイナミックレンジ(HDR**)モードでは、露光範囲が自動的に拡張されるため、明るい領域と暗い領域の階調が同時に表現され、肉眼で見たままを忠実に再現できます。逆光で顔が暗くなってしまう時も、HDRモードで自然に明るく撮影できます。
• 定番画像編集ソフトPhotoshop フォトショップの技術を基にした 5 種類のプリセットが既に利用可能。自分の好みに合わせて、最適なフィルター効果を追加できます。プリセットの効果を確認しながら撮影し、後から微調整を行うことも簡単。編集は取り消し可能なので、いつでも元の画像に戻すことができます。*

【自由度の高い写真加工機能 】
• 特殊効果やプリセットをワンタッチで適用でき、細部の調整もシンプルで簡単。すばやく簡単に写真を編集できます。
• 高度なカラーグレーディングで、色合いを思い通りに調整したり、トーンカーブを使って色や露光量、トーン、コントラストを変更し、高度な写真編集ができます。明るくくっきり、フワッとミステリアスになど、仕上げたい雰囲気に合わせてニュアンス編集ができます。
• 気に入った編集フィルターをコピーして複数の写真に適用できるので、たくさんの写真をまとめて編集可能。写真のトーンが統一されることで、写真に自分らしさをプラスすることができます。
• 写真の部分的に調整したい範囲を選択し、ピンポイントで変更を適用できます。一部だけが暗くなってしまった写真などを、自然に明るくする時などに便利です。選択的な編集ができるローカル調整では、色相や彩度を正確に調整し、生き生きとした写真に仕上げることができます。(プレミアム機能)

【写真を整理】
• 星付けによる評価やフラグをつけて、分かりやすく写真の整理と管理ができ、お気に入りの写真を絞り込むことができます。
• フォトアルバムのベストショット候補をすばやく簡単に見つけ、表示します。
• 被写体や撮影場所などを検索できます。アドビ独自の人工知能であるAdobe Sensei によって、自動的に写真にタグ付けを行うこともできます。(プレミアム機能)

【写真を保存】
• 元の写真は Adobe Creative Cloud ストレージにバックアップされ、お好きなデバイスや Web 版の Adobe Lightroom からアクセスできます。(* プレミアム機能)
• 「自動追加」をオンにすると、Adobe Creative Cloud に写真を自動的に読み込んで、同期することができます。(プレミアム機能)

【写真を共有】
• ハッシュタグ(#lightroom)を使ってInstagram、Facebook、Twitter、Flickr などをの SNS で写真を共有できます。
• Lightroom Web ギャラリーで、簡単に写真をオンライン公開できます。編集内容はリアルタイムに同期されるため、常に最新の状態が表示されます。(プレミアム機能)
•パーソナライズされたコンテンツや、無料のプリセットが豊富です。お気に入りのクリエイターをフォローして、インスピレーションを得ることもできます。アプリの「見つける」セクションでは、編集した手順を他のユーザーと共有することができます。(プレミアム機能)

-
iPadの場合は、必ず Adobe Lightroom iPad版をダウンロードしてください。

プレミアム(アプリ内課金オプション)
毎月の定期的なお支払いは、iTunesアカウントに自動的に課金されます。サービスを停止するには、請求期間終了の24時間前までに「アカウント設定」から、自動更新を無効にしてください。自動更新を無効にしても、その月の請求期間が終了するまでサービスが継続されます。

細則
お客様は13歳以上で、アドビの利用条件およびプライバシーポリシーに同意する必要があります。
http://www.adobe.com/go/terms_linkfree_jp
http://www.adobe.com/go/privacy_policy_linkfree_jp

アドビのモバイルアプリやオンラインサービスは、無料の Creative Cloud メンバーシップの一部として利用できます(無料 Adobe ID の登録が必要です)。アドビのオンラインサービスの利用にはインターネット接続が必要です。また一部の国や言語によってはご利用いただけない場合や予告なく変更または停止されることがあります。

新機能

バージョン 6.3.0

•(プレミアム機能)プリセット:プロの写真家が作成した 70 種類以上の新しい高品質プリセットを使用することで、より魅力的な編集をワンタップで実現できます。新しいプリセットとコレクションが定期的に追加されます。今すぐプレミアム機能を試して、完璧なライブラリを手に入れましょう。
•(プレミアム機能)共同編集:他のユーザーを招待して、写真の編集や署名タッチの追加を可能にします。共有アルバムに追加した各ユーザーに、編集やアップロードなどの権限を付与できます。
• プリセット:無料の新しいポートレートプリセットを追加しました。
• コミュニティアップデート:ユーザー保護のためのプライバシーおよびセキュリティ向上を実現しました。
• UI のアップデート:編集ツールバーのプリセットおよびプロファイルの位置を変更しました。
•(プレミアム機能)Adobe Camera Raw 13.3 リリースで最新のカメラとレンズをサポート対象に追加しました(サポートされているカメラとレンズの一覧については、https://www.adobe.com/go/supported_cameras_jp を参照してください)。
• 各種バグの修正と安定性の向上

評価とレビュー

4.7/5
4,824件の評価

4,824件の評価

山本04

左利きには厳しい

編集画面のレイアウトを任意の向きに変えられるようにして欲しいので星1つ減。 iPhoneで使う分には画面上側に写真、下に項目が表示されて利き手関係なく使えて申し分ないがiPadで使う際には縦でも横でも写真が左側に表示されて右側にライトなどいじるボタンが表示されるのだが左手を使うと写真が隠れてしまう。でも右手は使いづらい。iPhone以外ではあまり使いやすくないかも…撮った写真を大きな画面で編集したいのでiPad版の課金を検討しているがほかのアプリの方がいいか?もったいない。。

Dice☆

無くてはならないアプリだが…

ここ1〜2ヶ月くらいのアップデート後、SDカードから直接インポートをかけてもライブラリに反映されないことが稀に起きる。

インポート画面上は正常に終了しているように見えるため、早まってそこからSDカードのデータを削除してしまうと、もうアウト。Macの復旧アプリを使ってSDのデータを復元しないとどうにもならない。

撮影データが数十GBにものぼり、且つ急いで作業をしなければいけない場合の信頼性はここ最近非常に下がった。

以前までのバージョンではデータを保護することにかけては最優先で挙動しているように思えたので全幅の信頼をおいていただけに、非常に残念。

あとはLightroom CC全ての仕様だが、Adobe Cloudのストレージ容量をライブラリの全容量で同期する仕様なので、積み重なったデータをクラウドの外に長期保存用に退避するかストレージを追加契約するか考える必要があり、本当にクリエイター相手の価格設定なのか疑いたくなるくらい容量当たりの価格が高い。

以前まではiPad ProさえあればLightroomにMacは要らん、とすら思って使い倒していたし、基本的な設計はいいのだが、結局ヘビーユーザーはこれ一本でやりきるのは無理があるよう。

デブ丸

使い勝手の問題かな

RAWで何千枚も撮影してセレクト、レーティングするには使い勝手が悪く、取り込んだデータをクラウドアップするので、読み込み環境が必要な点など外出先での作業を想定しているアプリとしてどうなのか疑問が残る。

Lr classicがpcでの役割があるので、こちらはbridge機能の強化もしくは、セレクト、レーティング、読み込んだRAWの書き出しが付いていた方が良かった。

ローカルに残す際も一度クラウドアップしそこからローカルにDLするので、wifi環境下で無いと色々厳しい。

数枚編集、Webのみ使用など用途によっては素晴らしく使い勝手が良い分、ヘビーに使いたい側としては逆にストレスを感じてしまうのが残念。

こちらのアプリでもローカルのみに残せたり、RAWデータの移動、書き出しがHDDなどに出来たらよいがIPadOS にそれを期待するしかないので、とりあえず数をこなす仕事向きではないのが現状。

諸々アップデートを期待します。

Appのプライバシー

デベロッパである"Adobe Inc."は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザに関連付けられたデータ

次のデータは収集され、ユーザの識別情報に関連付けられる場合があります:

  • 連絡先情報
  • ユーザコンテンツ
  • ID
  • 使用状況データ
  • 診断

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ