iPadスクリーンショット

説明

** Affinity Designerは、iPad Pro、iPad Air 2および3、iPad Mini 5、iPadに対応します(2017年初旬以降)。**これより前のiPadはサポートされないことに注意してください。 **

世界をリードするデザイナーからの意見と、Apple Design Awardを勝ち取った技術をもとに開発されたiPad用Affinity Designerは、プロ仕様のグラフィックデザインを採用したAffinityの優れたデスクトップ版アプリがもつ機能と精度を備え、驚くほど夢中になれる体験をもたらします。魅力的なイラストレーション、ブランディング、アイコン、UI/UXデザイン、印刷プロジェクト、タイポグラフィー、コンセプトアートの作成に必要なすべての要素を備え、デスクに縛られることなく自由に作業できます。


iPad向けに最適化
• Metalアクセラレーションにより、驚異的なパフォーマンスを実現
• 筆圧、チルト、角度に反応して、Apple Pencilの機能と精度をフルに活用
• iCloudドライブとの完全な統合により、ファイルの管理、保管、共有をシームレスに提供

リアルタイムパフォーマンス
• 120fpsでのパンおよびズーム操作
• ライブ グラジエント、変換、エフェクト、調整
• あらゆる複雑なドキュメント用に最適化。絶対的な正確性で1,000,000%以上でズーム
• ベクトル式アートワークのライブピクセルおよびラティナビュー、ワイヤフレームビュー、分割スクリーンモード
• ストレスを全く感じさせないデザインで、ツールと編集モードをシームレスに切り替え
•最小限のノードで非常に高精度の結果

高精度ベクターツール
• 柔軟性のある堅牢なベクトル式ツール
• 優れたペンツール、ノードツール、カーブ編集、スマートシェイプツールを装備
• 鉛筆およびブラシの安定化により、非常に滑らかなカーブをフリーハンドで描画
• 元のデータが失われることのないブール演算
• ライブエフェクト、ブレンドモード、画像調整
• 非常に滑らかなグラデーションおよび透明性コントロール

ラスターまたはベクターを自在に選択
• 1回のタップでベクターとラスターワークスペースを切り替え
• ベクター/ラスター動作の強みを最大限に活用
• テクスチャリング、マスキング、およびアートワークを完成させるための高品質なラスターツール。
• 他のアプリと異なり、自由に創造性を発揮

洗練されたタイポグラフィ
• OpenTypeの包括的なサポートを含むフレキシブルなテキスト処理
• アーティスティックなテキストおよびテキストフレーム
• 文字および段落スタイルを自在に制御
• 任意の描画パスに沿ったテキストの流し込み

ワークフロー用に開発
• 数に制限のないアートボード
• ブランチ保存機能による履歴の保存
• キーボード接続を使用したカスタマイズ可能なショートカット
• PSD、AI、PDF、EPS、SVG、JPG、TIFF、およびEXRファイルのサポート
• 高度なグリッド、スナッピング、整列
• リンクされたシンボルと制約
• ドキュメントをテンプレートファイルとして保存して、何度も再利用可能
• ストックパネルから著作権使用料無料の画像にすばやくアクセス

完璧なカラーと出力
• プロ仕様のCMYK、LAB、RGB、PANTONE© 、グレースケールカラーモデル
• チャンネル編集ごとのフル 16 ビット
• エンドツーエンドのICCカラー管理
• 複数の要素を1回のクリックで書き出すことができるスライスの書き出し
• デザインがどのように書き出されるかを正確に確認できるピクセルのライブプレビュー

新機能

バージョン 1.8.6

安定性とパフォーマンスに関するさまざまな改善

評価とレビュー

4.0/5
152件の評価

152件の評価

Affinity Designer の出来に驚いた人

キーボードを使うとフォントの入力中に固まる

iPadpro第二世代12.9インチでスマートキーボードを使って文章を打ち込もうとすると、すぐに固まってしまいます。
ソフトキーボードなら問題はないようですが、生産性が上がりません。
また、ソフトキーボードの場合も、漢字変換を確定させるとカーソルが意図せぬところに飛んで、文章がおかしくなります。やはり生産性が上がりません。
また、スタイルとして行間設定やインデント設定などのフォント設定が登録できると良いのですが、出来ません。
ios版のドローアプリとして、非常によく出来たアプリと思い頻繁に使っておりますが、フォント入力のエラーは生産性の面で致命的ではあります。是非とも早急に修正願いたいです。

ムースマン

ベクター民のリーサルウェポン

AdobeがiPad版のIllustrator(以下イラレ)をまったく出す気がないのでダウンロードしてみた。

しかし、2019年末にはiPad版のPhotoshopが出るようだ(ピクセル民め!ズルいぞっ!)

そんなベクター民の悩みと憎しみを同時に解決してくれるのがこのAffinity Designerだ!

アプリとしては少々高い印象を受けたかもしれないが、iPadで使う事を意識した設計で使えば使うほど便利で楽しいので、買って後悔するどころか航海したいぐらいの気持ちになるぞ(?)

この辺りは、ベクター民歴が長いほど公式の動画チュートリアルを見てもらえば一発で「便利さ」と「高機能さ」が分かるはずだ。

「えっ!iPadアプリでそんな事も出来ちゃうの!?やだ!ステキっ///」

と思わず言ってしまうような機能もあるので、購入前にぜひチェックしてみてほしい。

イラレで使用頻度が高い機能を搭載しつつ、イラレには無い便利な機能もあり、ピクセルでも描けるという「顔良し、中身良し、スタイル良し」の素晴らしい子なので、もう浮気相手のこっちを本命にして結婚までいきたいと思っている(ちなみに恋愛は一途なので安心してほしい)

無料ベクターアプリのVectornatorも悪くないので、ベクター民歴が短い人や簡単なデザイン作業だけしたい人は、先にそちらをダウンロードすることをオススメしたい。

一度Vectornatorを試してから、もっとプロユースな使い方をしたい場合にこのAffinity Designerを検討するのが一番良い(私もそうだった)

「あっちの子も良いけど、こっちの子も良い」

なんて事を平気な顔で言えるのがアプリの世界だ。

ハーレム生活を楽しんでくれたまえ。

iPadを使う理由で「手軽さ」が上位にくる私のような人も多いだろうが、ここに「デスクトップ並の高機能」が加わることで、iPadで全ての作業を完結できる人も今後ますます増えてくるだろう。

しかもだ!

もっとスゴいのがこの高機能なアプリが「月額制でなく買い切り」なのである!!!!!

今時、買い切りで高機能なんてなかなか無いですよっ!奥さんっ!!!

忘れていた何かを思い出させてくれる、そんなアプリだと思ふ。

パンパンいくよ

使いやすい快適だけど、、、

ウェブデザイナーをしています。
iPad proを購入した際に、Illustratorの代替品として利用開始。
動作も軽いし扱えるファイルも多いので毎日これで仕事をしています。
それまでIllustratorでやっていたほとんどすべての作業を代替してしまいました。
ただ、欠点が2つ。
データの書き出しとフォントの追加です。

重いデータの書き出しはずっとエラー状態で困りますね。
30GBのデータで固まりました。
(本体に保存はできましたが、GoogleDRIVEにはエラーで保存できず)

フォントの追加に関しては、最初の方は問題なくできていましたが2020.09(使用開始から1ヶ月ほど)で設定からフォントをクリックしただけてアプリが落ちるように。再起動やアプリの再インストールを試みましたがダメでした。フォントが追加されないのはグラフィックデザインする上でキツいです。

外出先で仕事をすることが多いので、Affinity designerを使いはじめてものすごくデザインが効率的になり、仕事が楽しくなってきたところだったので、なるべく早く問題が解決されることを願っています!
とはいえ、30GB以下の軽いデータを扱いのなら、圧倒的に使いやすいアプリなのでとてもおすすめです!
iPadアプリでは肩を並べるアプリがないので、今後も使い続けます(・∀・)
インターフェースもかわいいしですし。

情報

販売元
Serif (Europe) Ltd.
サイズ
1.6GB
互換性

iOS 11.1以降。iPad対応。

言語

日本語、 イタリア語、 スペイン語、 ドイツ語、 フランス語、 ポルトガル語、 ロシア語、 簡体字中国語、 英語

年齢
4+
Copyright
価格
¥1,720

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

他のおすすめ