スクリーンショット

説明

『由島は、なぜこのゲームを遺して、世を去ったのか?』
ゲーム作家の遺作そのものをプレーするアドベンチャーゲーム。
1999年にPCで発表され物議を醸した問題作。
有料販売されてきたソフトを完全無料かつ広告なしで公開

遺されたゲームの内容は1998年にあるゲーム会社を襲った、
不可解な殺人事件を記していた。
当事者の日記など当時のサイト群は現在でも残っており、
それらからも情報を得て進める特殊なゲーム構成となっている。

本作は、遺書として残されたゲームである。
多くの人のプレー体験により、彼の遺志が明らかになるかもしれない。このゲームを通して、彼の遺したかったことを解明してほしい。

――――――――――――――――
【重要】Ver1.2→1.3 の注意
・前バージョンで後編のセーブとロードに不具合があったのを修正しました
・それに伴い、冒頭の選択肢より、後編の各シーンに簡易的に飛ぶ選択肢を
 つけています。途中の方のみご利用いただけると幸いです。
・本バージョンを更新インストールしても、前編のセーブデータは保持されます。

――――――――――――――――
第一作の『人形の傷跡』(アドベンチャーゲーム)が20万DLを超え、
多くの応援をいただいたことで、非営利・無料の公開を継続します。
たくさんの人々に良質で面白い物語を届けるため、プロを中心とした
メンバーがライフワークとして制作公開を行っています。
制作に共感された方はレビューやSNSなど何らかの形で
ゲームを広めることで応援をお願いします。
その志に応える形で、制作側もできる限り、活動を続けます。

・新作 推理ノベル『緋染めの雪』がリリース!
・新作 将棋ミステリー『千里の棋譜』がリリース!

――――――――――――――――
◆お勧めユーザー
 ・文章量の多いテキスト中心のアドベンチャーゲームですので
  ミステリーや推理小説、サウンドノベルが好きな方にお勧めします。
 ・特殊な設定なので、小学生の方は親御さんと一緒にお楽しみください。

◆公式サイト
http://www.child-dream.net/iphone/aw/
攻略情報や設定などもご覧ください。
写真素材等のクレジットも記載されています。
第一作の『人形の傷跡』(アドベンチャーゲーム)も人気です。
第三作の『緋染めの雪』(推理ノベル)が新規公開

※ゲーム情報掲示板
http://www.child-dream.net/cb/c-board.cgi
質問やゲームの話題などにご利用ください。

◆システム概要
 ・必要スペックはiOS6.1以降です。
 ・シンプル操作でスマホなら片手で操作できます。
 ・オートセーブにより、着信などの割り込みでも安心です。
 ・タイトル画面の「LINK」より攻略方法を見ることができます。
 ・ゲームを進める情報を得るために、ネット上の日記などを
  自分で参照して謎を解くケースがあります。

――――――――――――――――――――――――ゲーム内容
◆プロローグ
今井田咲子は、元恋人のゲーム作家、由島からメールを受け取る。
その直後、由島の自宅を訪れた咲子は彼の死を発見する。
メールには彼の遺作となったゲームが添付されていた。
その名は『ANGEL WHISPER』。
このゲームこそ、由島の作った最期のゲームである。

◆編纂者より
このゲームは、私の友人である、
今井田咲子氏からの依頼を受け、
ある作品を手直ししたものである。
それが『遺作』であったといういささか特殊な事情により、
若干の補足と改定を行った後、世に出すこととした。

◆実在のサイトとの連携
「ANGEL WHISPER」では通常のAVGのシステムに加え、
ゲーム中に現実のサイトや日記等を参照して
ゲーム進行上の情報を得るというシステムを導入しています。
なお、「ANGEL WHISPER」では、1998年時点で実在していた
サイトを巡ることになりますが、1999年1月の時点で、
点在していた幾つかのサイトを制作者(Child-Dream)のサーバへ移動を
行いました。
※遺作を残したゲーム作家由島のサイト
http://www.child-dream.net/you/

――――――――――――――――――――――――――――制作者より
◆ご意見募集とサポート
 ・ゲームクリア後にはレビューの記載をお願いできますと幸いです。
 ・質問やバグ報告はメールでお願いします。(返信はPCからです)

◆制作者より
 ・Child-DreamではRPGやノベル型アドベンチャーなど
  物語中心のゲームを作っています。
 ・シナリオはPS3向けアクションAVG『FolksSoul』や
  PC向けRPG『Lost Memory』などに携わったMystaが担当
 ・ユーザーの方々から評価がいただけている間は今後も全編無料でのリリースを続けていく予定です。応援の程、宜しくお願いいたします。
 ・第一作の「人形の傷跡」はリリース以来たくさんのレビューをいただき、
  ありがとうございました。未プレーの方はぜひ挑戦してください。
・新作 推理ノベル『緋染めの雪』がリリース!

サイト http://www.child-dream.net
ツイッター https://twitter.com/dollq
制作ブログ http://blog.goo.ne.jp/rpg_avg_game

◆公開中のゲーム
アドベンチャーゲーム『人形の傷跡』 iOS/Android/PC
アドベンチャーゲーム『ANGEL WHISPER』 iOS/Android/PC
推理ノベル『緋染めの雪』 iOS/Android
将棋ミステリー(現在制作中)
RPG『Lost Memory』RPG『Creatures』など(パソコン)

また、プレステ3向けアクションアドベンチャー『フォークスソウル』では代表のMystaが全シナリオ執筆、イベント実装総指揮で参画しています。

新機能

バージョン 1.3

・前バージョンで後編のセーブとロードに不具合があったのを修正しました
・それに伴い、冒頭の選択肢より、後編の各シーンに簡易的に飛ぶ選択肢を
 つけています。途中の方のみご利用いただけると幸いです。
・本バージョンを更新インストールしても、前編のセーブデータは保持されます。
※新作 推理ノベル『緋染めの雪』がリリース!

評価とレビュー

4.8/5
949件の評価

949件の評価

ヨキネン

良作

いいね

ヲンガク

良い

アンバールナ

製作者様

まず最初に言っておきたいのは、私はこのゲームを高く評価しているということ。それを踏まえて、以下の感想が製作に携わった皆様に届くことを願っている。(…これは故人の遺作、といテイらしいから、世界観を壊さない為に由島氏への意見ということにしておく)
又、ネタバレを多分に含むため、未プレイの方には注意してもらいたい。

まず気になったのは、登場人物のイラストだ。絵のタッチが前時代的と感じるのは意図してのことと捉えたが、まず、ある登場人物のイラストがゲーム側とウェブページ側のものとで全く異なるのが気になる。これはもう、テイストの好みなどといった範疇を超えてかなり違和感がある。まさか本筋に関わる重要なことなのかもしれないと常に頭の片隅に置いていたがそのような気配もなく残念である。
又、こう言っては申し訳ないが…主にホームページ側で使われている人物イラストのレベルが、世に出せる一定基準に達していないように思う。テイストの問題でなく、もっと根本的な部分で、だ。

次に、ゲームとウェブページ上を行き来するという「ゲームに現実が介入する」システムだが、些か「現実」面の手薄さが否めない。つまり、ウェブページがおざなりと感じた。
ゲームスタート時点から未来の日記や出来事が閲覧できるのは興ざめだし、全体的に「ゲームの答えを置いておきました!」というだけのページという感じがする。

そして肝心の構成だが、突然家の中にいなかったはずの人物が現れたり(主人公の妄想や回想という表現かもしれないが、申し訳ない、主人公が引きこもるきっかけとなったシーンのあの人の登場はとてもそうととれるものではなかったよ)、まだ知るはずのない人物の名前を知ることができる、あることが解決する前と後で変わっていなければ不自然なログが使い回しで対処されているなど、今ざっと思い出すだけでそこここに穴がある。

サウンドノベルは一度「違和感」を抱いてしまうと、どんなに興が乗っていても一気に冷めてしまう。題材やシナリオが優れていても、破綻をみつけたり、本筋と関係のない所でつまづいてしまうとがっかりするのだ。

最後に。貴殿らは、プロを中心としたメンバーが非営利でゲームを作成しているようだが…プレイヤーに対し強弁でレビューを強いるのは如何なものであろうか。

貴殿らの為にレビューを書くのに、プレイヤーは貴重な時間を割いている。
また、励ましや激励、意見は、貴殿らの力や知識、反省の材料となり得るはずだ。(だからこそ評価が欲しいのだろうけどね。)

評価を受けて次作以降の製作を決めているのなら、尚更レビューを乞うなどしないことだ。
レビュー評価をしない人は、「良い作品だと思ったけどレビューしない」のではない。「良い作品だと思ったけどレビューに値しない」と思ったのだから。
レビュー評価が良い方が注目されることなど、昨今のゲームプレイヤーであれば容易に想像がつく。君がわざわざ言わなくても、そんなことはみんな知っているんだ。

営利目的だろうが非営利であろうが、ゲームは面白いか面白くないかで評価される。
是非、何も言われなくてもレビューしたくなるような作品を作って欲しいと思う。

情報

販売元
Hidehisa Miyashita
サイズ
56.2MB
カテゴリ
ゲーム
互換性

iOS 6.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語

年齢
以下の理由により年齢制限指定9+となっています。
まれ/軽度なホラーまたは恐怖に関するテーマ
Copyright
© (C)Child-Dream
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ