AniPASS アニパ‪ス‬ 4+

動物のデジタルパスポー‪ト‬

一般社団法人 Animal Passport

iPhone対応

    • 1.0 • 1件の評価
    • 無料
    • アプリ内課金があります

iPhoneスクリーンショット

説明

【AniPASSについて】

2022年6月1日から犬・猫へのマイクロチップの装着が義務化(一般の飼い主は努力義務)されました。
AniPASS(アニパス)は動物マイクロチップを装着したペット向けのサービスです。
狂犬病予防接種やワクチン接種の証明書などの動物の生体に重要な出来事・情報の記録(ライフログ)をアプリで管理して活用できます。
また、登録されているペットが行方不明で保護された場合の登録照会、飼い主への連絡サポートも行います。

※ 詳細はAniPASS公式サイトをご覧ください

【AniPASSアプリについて】

・動物のデジタルパスポート(動物の管理)

動物の登録申請には「マイクロチップ」の登録証が必要です。事務局で確認後に本登録され、動物のデジタルパスポートが作成されます。


・動物のライフログの登録・管理

動物のライフログを登録します。カメラで撮影した証明書等と合わせて申請されたライフログは、事務局で確認後に本登録されます。ライフログは動物毎に管理されます。


・登録できるライフログ

狂犬病注射/ワクチン注射/血液検査/遺伝子検査/その他検査/ 手術/処方箋/入院/退院/出産/誕生/鑑札/保険/フード・サプリ/マイクロチップ装着/所有/所有者変更/証明書/死亡/その他


・ライフログの電子証明

登録されたライフログは改ざんチェックして表示されます。証明書写真、マイクロチップ番号、ライフイベントの日付と種類、メモ、登録者等の記録を証明します。


・ライフログの提示と読み取り

登録されたライフログはQRコードとして表示することができます。AniPASS対応店などの第三者のAniPASS QRコードリーダーから読み取ることで簡単に確認してもらうことができます。


・所有者の変更

動物の所有者が変わった時は、旧所有者から新所有へ変更の手続きが簡単にできます。所有者の変更手続きが完了すると、その動物の全てのライフイベントも自動的に新所有者へ引き継がれます。


・メンバー内での登録動物の共有

サポーターの種類が「個人サポーター」以外の場合は、複数名で動物の共有ができます。家族や店舗内で便利に使うことができます。


【AniPASS活用イメージ】

■一般の飼い主の皆様

・定期的な予防接種や検査等の記録をつける
・AniPASSに事前登録し、迷子や災害に備える
・狂犬病予防接種、ワクチン接種などの証明書に使う


■ブリーダー / 販売店の皆様

・マイクロチップ装着後初の所有者登録をする
・ワクチン接種や遺伝子検査の記録をつける
・新しい飼い主への所有者変更手続きをして記録を引き継ぐ
・飼い主候補の方へ記録を見せる


■動物病院の皆様

・病院名で狂犬病注射証明書、ワクチン証明書や検査結果を直接動物のAniPASSに登録する
・動物のAniPASSを読み取って登録ライフログを確認、治療に役立てる


■自治体の皆様

・動物マイクロチップを促進する
・鑑札や狂犬病注射の記録をデジタル化する
・保護犬へのマイクロチップ装着と記録付けを行う
・保護犬の検索・照会・連絡に活用する
・災害時の動物関連の緊急情報の配信に活用する


その他お店/企業/団体の皆様
・狂犬病注射やワクチン注射等を確認する


【最後に】

2022年6月に、犬猫へのマイクロチップ装着が義務化されました。このような流れの中、「AniPASS」は、スマートフォンによるペット・動物のライフログを記録・証明するデジタルパスポートサービスをいち早く動物に対して提供するものです。プロジェクトへの賛同、そして参加をお待ちしています。
詳しくは「AniPASS公式サイト」をご覧ください。

新機能

バージョン 1.1.1

・軽微な改善
・内部ライブラリのアップデート

評価とレビュー

1.0/5
1件の評価

1件の評価

アプリのプライバシー

デベロッパである"一般社団法人 Animal Passport"は、アプリのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

データの収集なし

デベロッパはこのアプリからデータを収集しません。

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

他のおすすめ

ユーティリティ
ユーティリティ
ユーティリティ
ユーティリティ
ユーティリティ
ユーティリティ