スクリーンショット

説明

AnkiMobile is a mobile companion to Anki, a powerful, intelligent flashcard program that is free, multi-platform, and open-source. Sales of this app support the development of both the computer and mobile version, which is why the app is priced as a computer application.

AnkiMobile was written by the lead developer of Anki and AnkiWeb, and it has been around since 2010. Beware other apps using "Anki" in their name that have sprung up recently - they are not compatible with the rest of the Anki ecosystem, and they offer far fewer features.

Some of AnkiMobile's features include:

- A free cloud synchronization service that lets you keep your card content synchronized across multiple mobile and computer devices. This makes it easy to add content on a computer and then study it on your mobile, easily keep your study progress current between an iPhone and iPad, and so on.
- The same proven scheduling algorithm that the computer version of Anki uses, which reminds you of material as you're about to forget it.
- A flexible interface designed for smooth and efficient study. You can set up AnkiMobile to perform different actions when you tap or swipe on various parts of the screen, and control which actions appear on the tool buttons.
- Comprehensive graphs and statistics about your studies.
- Support for large card decks - even 100,000+ cards.
- If your cards use images or audio clips, the media is stored on your device, so you can study without an internet connection.
- A powerful search facility that allows you to find cards that match criteria such as 'tagged high priority, answered in the last ten days and not containing the following words', and automatically place them into a deck to study.
- Support for displaying mathematical equations with MathJax, and rendering LaTeX created with the computer version.
- Support for adding images drawn with the Apple Pencil to your cards.

Please note that AnkiMobile is currently intended as a companion to the computer version of Anki, rather than a complete replacement for it. While AnkiMobile is able to display and schedule your cards in the same way the computer version does, certain changes like modifying note types need to be done with the computer software. Add-ons are not supported, so while you can study image occlusion cards created with the computer version, they can not be created within AnkiMobile. For this reason, please start with the computer version of Anki before you think about buying this app.

The cloud synchronization service is optional, and data can also be imported/exported from the app via a USB cable or AirDrop.

Like all apps, AnkiMobile can be purchased once and then used on multiple devices in a household using the same Apple ID. Family sharing is also supported. For information on bulk discounts for educational institutions, please see Apple's Volume Purchase Program.

For more information on AnkiMobile, including a link to the online manual, please have a look at the support page: https://docs.ankimobile.net/

If you have any questions or want to report an issue, please let us know on our support site and we'll get back to you as soon as possible.

新機能

バージョン 2.0.78

2.0.78:

- Bugfixes and stability improvements.

2.0.77:

- Added a Vietnamese translation, thanks to dominic22.
- Added a Korean translation, thanks to Eric and others.
- Fixed card template editor not saving until tab changed.
- Fixed an error that appeared after creating an empty filtered deck.
- Fixed scratchpad toggle not working on iOS 12/13.1.
- Fixed handling of interval modifier in the v1/v2 schedulers.
- Better handle errors when importing.

2.0.76:

- Fixed an issue with importing some .apkg files.
- Fixed some display issues when using an RTL interface language.
- Stability improvements.

2.0.75:

Improved undo support:

- Actions like burying and deleting are now undoable.
- Multiple undo steps are supported.
- Added a new Redo action.
- Undo/redo can also be accessed via the Preferences screen, Browse screen, and Edit screen.

Scheduler changes:

- Added a new v3 scheduler (https://faqs.ankiweb.net/the-2021-scheduler.html).
- If you're using the v1 scheduler, you'll be prompted to update to v2. Like recent computer versions, the update will not reset any cards that are in learning.

Other changes:

- Added a Change Notetype action to the Browse screen.
- Added a Find&Replace action to the Browse screen. Prefix search with 're:' for a regular expression, and 'tag:' to replace tags.
- Added a 85% scratchpad height option.
- Added support for three more flags. Before using them, please ensure your computer version of Anki is 2.1.45 or greater.
- The Study Options screen has been reworked.
- Tag completion in the editor now matches any part of the tag.
- Much faster importing of shared decks with lots of media files.
- The Filter screen in Browse now highlights the text you've searched for, and no longer truncates text.
- Images are now added as .png when they have transparency.
- Allow negative numbers when extending daily limits in Custom Study.
- The autoplay option now also affects videos.
- Added extra actions to record and replay your own voice without a pop-up menu.
- Fixed handling of newline characters in the type-in-the-answer comparison.
- Miscellaneous other changes and bugfixes.

評価とレビュー

4.0/5
205件の評価

205件の評価

建仁です

ズバリ!ankiはどんな場合に役立つか?

ankiを使おうか迷っているそこの貴方に。
ズバリ!このアプリは万能だけど特殊!
そのことを説明したいと思います。

まず、意外と知らないかも?な基本情報。

・これは「間隔反復」アプリです。
記憶度に応じた最適な間隔で復習できます。
(エビングハウスの忘却曲線での説明は嘘)
・学びたいことを「ノート」に書くと、
自動で1枚以上「カード」が登録されます。
カードは表が問題、裏が答えの形です。
・ノートからカードが出来る仕組みは、
超絶自由に!カスタマイズできます。
・カードは復習日になると出題されます。
出題形式も見た目も超絶自由に作れます。
(HTML, CSS, JavaScriptが使えます。)
・答えを見て記憶度を4択から選ぶと、
次の復習日が設定されます。
・アドオンが便利だからパソコン必須!

以上が基本情報です。

ん?アドオン?と思った方も多いでしょう。
そう、PC持ってる前提のアプリです!
PC版とアドオンは(python製なので)、
知識次第で楽に改造でき、知識がなくても、
公開ツールを利用できる。これが超強力!

例えば、Image Occlusionを使うと、画像の
穴埋めが類似アプリより柔軟に作れます。
FastWordQueryでは、WebやPCの辞書から
語義を取得し加工してノートに埋め込める!

(PCならアドオン以外のツールも便利です。
vim等によるアドホックに組んだ自動化や、
スクリプトでのデータの直接操作など。)

このようにankiはじつに万能ですが、
特殊な点もあり、役立ちにくいことも。

例えば、覚えられるからと英単語などを
大量学習しゴリゴリ回すのは非推奨!笑
ノルマが爆増して苦痛となり挫折するか、
理解の浅い丸暗記に終わります。無駄!

では少しずつ新規学習しつつ、復習時に
裏面の関連情報で理解を深めるのは?
これも復習コストがかさみます。毎回
理解してない部分を見つける重い処理が
入ります。また、記憶度と理解度を混同
した管理のため理解が保証されません。

ズバリ!ankiは理解済みの事柄だけを
入れた時に最も役立つツールですよ。
理解してるから高い正解率だし素早い
復習で、結果毎日の復習時間も少ない!

しかし、通常のanki運用では記憶度しか
管理できません。そこで理解デッキ。
理解度を管理するデッキを提案します。
十分な完成度と理解度のノートだけ
通常のデッキに追加するのです。
(anki外で興味度管理もあればなおよし)

この、学習範囲に漏れなく(興味と)理解
を広げていく仕組みにより、理解済み
のものだけ追加する運用が実現します。

このように扱いの難しいアプリですが、
運用がハマる限りどんな物事であろうと
快適に効率よく学べます。

おすすめは地名と人名と年表の記憶!
Image Occlusionアドオンが使えます。
画像の各部名称とその特徴を答える形で。

他に、細分化された技能や動作や思考
やイメージの習熟にも相性抜群です!

I'mgoingtorateyou

Takes like five minutes to figure out and then perfection

日本語がしたです。
My only complaint is that this app isn’t exactly a “pick up and go” type of app. You need to figure out how to use it. And once you do, it changes the way you learn. Truly.
I wanted an app that constantly reintroduces words as you need to review them so you won’t forget what you spent your time understanding. This does that.

すみません、日本語が下手です…
好きな物:このアプリは凄く便利です。毎日使うと、勉強した物がずっと覚える。毎日、復習ができます。
嫌いな物:始めた時、アプリがちょっと使いにくいと思います。分かった後、一番好きなアプリになりました!

まろんぽんろ

高いと思うかもしれないが……

まず最初に、値段を見た時
「アプリごときに3千円!?ふざけんな!」
と思ったかもしれない。

僕もそう思った。半年ぐらい迷って購入した。そしてむしろ今はこう思う。
「もっと早く買っておけばよかった」

仕組みについては詳しい方がたくさん説明しておられるので譲る。とにかくこの暗記アプリの特徴は、完全に人間が「忘れる生き物」であることを前提に作られている。

これが心地よい。どれだけ単語を覚えても1日で忘れるようなポンコツな脳みそを持つ人間でも(私のことだが)、理論的に裏づけされた方法をもとに最適な間隔で単語を表示してくれる。いやでも単語が覚えられるということだ。

おすすめの使い方としては、共有デッキをダウンロードするのもいいが、まずは自分が見聞きした英単語の中でわからなかったものを日常的に追加していくという方法だ。
これを1ヶ月、半年、1年と続けるうちにありとあらゆる単語をankiに取り込んで暗記している自分に気づく。

本当にこのアプリはお勧めできる。

Appのプライバシー

デベロッパである"Ankitects Pty Ltd"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザに関連付けられたデータ

次のデータは収集され、ユーザの識別情報に関連付けられる場合があります:

  • 連絡先情報
  • ユーザコンテンツ

ユーザに関連付けられないデータ

次のデータは収集される場合がありますが、ユーザの識別情報には関連付けられません:

  • 診断

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

他のおすすめ