スクリーンショット

説明

AU Host はライブ・パフォーマンス向けのシンプルなAudio Unit ホスト・アプリケーションです。

Apple 製の内蔵 Audio Unit に加えて、App Store で購入したAudio Unit を追加し、入力音声にエフェクトをかけることができます。また、Audio Unit Instrument を追加すると、接続したMIDI器機によって演奏が可能です

音声入力には、内蔵マイク、ヘッドセットマイク、オーディオインターフェイスなどが利用可能です。

MIDIインターフェイスからのMIDI信号は、Audio Unit にそのまま渡されます。MIDI情報に対応するAudio Unit を演奏・操作できます。

出力は、内蔵スピーカー、ヘッドホン、オーディオインターフェイスなど対応しています。またBluetooth スピーカーにも対応します(音に遅れが生じることがあります)。

※入力:内蔵マイク、出力:内蔵スピーカーが選ばれるとハウリング防止のため入力音にミュートがかかります。

バックグラウンド再生に対応していますので、お好みの音楽再生アプリにあわせて、パフォーマンスが可能です。

Audio Unit にインターフェイスが用意されている場合、アプリ内に表示されます。縦横画面、縮小拡大に対応しています。Audio Unit にプリセットが用意されている場合、任意のものを選択することができます。

最大4つの Audio Unit のほかに、アウトプット音量の調整が可能です。全般設定から、サンプリング周波数、バッファーサイズを調整しレイテンシー(処理による発音の遅れ)を調整してください(短かすぎるレイテンシーはアプリの安定性を損ないます。適度な値を選んでください)。

最大3つのAudio Unit セッティングが保存できます。呼び出すには、プリセットから (custom 1~3) を選んでください。

アプリ終了時に、選択されたAudio Unit 、プリセット、全般設定が自動で保存され、次回起動時に再現されます。

タップテンポにより、Apple 標準のAUDelay のほか、ホストアプリのテンポに追随する機能を持つAudio Unit へテンポが反映します。ロングタップで直接テンポ入力も可能です。

レイテンシーの調整、あるいは Audio Unit との相性によりアプリが不安定になることがあります(すべての Audio Unitの完全な動作を保証するものではありません)。アプリが不正終了した場合、再起動時に前回の状態を呼び出すか、選択できます。

App内課金
- Audio Unitの接続状態をシーンに保存します。
- MIDI信号を、プリセット変更・バイパス設定・タップテンポに割り当てできます。BlueToothMIDI経由での操作にも対応します。

新機能

バージョン 4.1.0

App内課金に関する不具合を修正しました。
そのほか他いくつかの不具合を修正しました。

評価とレビュー

3.0/5
2件の評価

2件の評価

ミッシェル南浦和

ipad pro 2018 11インチで…

100パーセント落ちます。iosバージョン12.1。
iphone seでは動いています。
アプリとして良いものなので改善していただきたいです。
アンインストール→再インストールや再起動は試しています。それが改善されれば星5です。

ring2hyc

起動直後に落ちるので使えません

100%の確率で起動直後に落ちます。iOS 14.3。

Appのプライバシー

デベロッパである"Yoshinori Kokubo"は、プライバシー慣行およびデータの取り扱いについての詳細をAppleに示していません。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

詳細が提供されていません

デベロッパは、次のAppアップデートを提出するときに、プライバシーの詳細を提供する必要があります。

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

他のおすすめ