iPhoneスクリーンショット

説明

認知行動療法に基づき、感情や思考を記録し、毎日のメンタルケアでストレスと向き合うセルフケアアプリ。60種類以上のマインドフルネスやメンタルトレーニング等の音声ガイドを利用可能。自己分析して、最適なセルフケアを。

心を整える毎日のセルフケアアプリです。感情や思考を記録すると、整理され気づきを得られます。60種類以上の専門家に監修された、マインドフルネスやメンタルトレーニングなどの音声によるセルフケアコンテンツも利用可能。Awarefy(アウェアファイ)は、自分と向き合いながらストレスとうまく付き合ったり心を整えるお手伝いをします。

ポジティブな気持ちやネガティブな気持ちが発生したら、チャットボットの質問に答えていくだけで気持ちや考えを記録できる「感情メモ」など、自分の気持ちや思考、行動などを記録しながら自分を理解したりストレスに上手に対処する記録機能が複数搭載されています。

これらの記録は、毎週Awarefy内で「週間レポート」としてまとめられるので、ご自身の感情の波やストレスの原因などをふり返ることができます。あなた自身の思考パターンに気づき、自己分析・自己理解が進めば、よりメンタルヘルス・心の健康の維持に役立てることができます。

アプリは、認知行動療法を元にして作られており、誰でも簡単にメンタルケアをしながら心の健康を意識した毎日を過ごすことができます。

音声コンテンツは、マインドフルネス、ストレッチ、瞑想・メディテーション、睡眠改善、各種心理教育・心理ワークなど、様々なメンタルケアやトレーニング・学習コンテンツ(※一部有料)など多種多様。記録した自分の心の状態の変化を見て、効果の実感を確かめながら続けられます。

■こんな方にオススメ
・日々の感情と向き合い、可視化・整理して、自己理解を深めたい
・メンタルケアやヘルスケアを定期的に行い、習慣化して、内面から自分を磨きたい
・在宅ワークが続き、自分の気持ちを吐き出す場が減っていて、辛さを感じる
・ストレスや漠然とした不安、ネガティブさなど辛い気持ちとうまく付き合いたい
・生理など体内リズムの影響でメンタルを崩しやすく、心のリズムを整えたい
・自分のメンタルのパターンを知り、不調を予測して、日々を健やかに暮らしたい

■Awarefyの機能
①チェックイン・チェックアウト
朝と晩に、「心と体」の状態を記録、体調の善し悪しや睡眠不足、メンタルの状態など、コンディションを記録に残すことができます。推移はバイオリズムのようにグラフ化されるので、生活リズムや体調の波を意識する体調管理アプリとして利用できます。

②感情メモ
もやもやしたこと、やり場のない気持ち、嬉しかった出来事、葛藤など、喜びや怒り・悲しみ・寂しさなど感情が動く出来事があったら、気持ちを吐き出して「感情メモ」として記録できます。チャットボットのつぶやきに答えるだけで、簡単に、安心して記録を残せます。
記録はラベリングして分類・整理できるので、心のノートや感情日記、アンガーログのように後でふり返ることもでき、自分の思考パターンに気付きやすくなります。

③レパートリー
自分だけのストレス対処方法(コーピング)や、自分を労る心のケアの方法を書き貯めることができます。これを参考にしながら、ときどきにあったセルフケアの実践がしやすくなります。
レパートリーが増えると、ストレスへの対処方法も増え、精神安定につながり、しんどさや生きづらさを解消しやすくなります。アプリ内にある約200種類の「参考レパートリー」も閲覧できます。

④セルフケアメモ
実際に行ったコーピングやセルフケアを記録できます。前後の気持ちの変化を可視化して、自分に合ったレパートリーの発見することができます。「どのセルフケアがどんなときに役立つのか?」を見つけましょう。

⑤週間レポート
毎週届く、1週間の記録を分析したレポートです。1週間で自分の感情の動き・アップダウンを認識してふり返り、自分と向き合い・内省ができます。気づきや今後の意気込みなどを残すことで、自分にとって本当に価値のあることを見つけるなど、自分探しや長期的な人生設計の参考にもなります。

⑥音声ガイド
マインドフルネス瞑想や、メディテーション、ストレッチ、ヨガ、アンガーマネージメント、セルフコンパッション、注意力を高めるトレーニング、寝れない時に行う深い眠りのための瞑想、人の心の動きを学べるガイド、睡眠改善、各種心理教育・心理ワークなど、60種類以上のメンタルケア・トレーニング・学習コンテンツが搭載されています。(※一部有料)臨床心理士・公認心理師・マインドフルネスコーチなどの専門家が監修しており、初心者でも気軽に実践できます。

⑦セルフ・リレーションシップ測定
「自分自身とどれだけ良好な関係を築けているか」を測るAwarefy独自の心理アセスメントです。毎月測定すると自身の変化に気付くことができます。「レジリエンス」「脱・回避行動」「自己信頼」「脱・自己執着」の4つの項目に分かれています。

⑧気圧の変化グラフ
住んでいる地域(※現在は日本国内のみ)に応じた気圧の変化を確認できます。特に気圧が急激に下がる時は頭痛やメンタルの不調が起きやすい体質の方もいるため、事前に把握しておくとQOLを上げる助けになります。

■こんなことはありませんか?
・マインドフルネスをしてみたいが、やり方がよく分からない。
 →Awarefyに搭載された丁寧な音声ガイドでわかりやすく実践ができます。

・自分の思考や気分のパターンを知りたい。
 →喜び・気分の落ち込み・怒りなど、気持ちが動いたときに「感情メモ」を書いておくと、記録をまとめた「週間レポート」が発行されるため、時間が経ってから冷静に自分をふり返ることができます。感情の起伏や認知の歪み(考え方のクセ)に気付き、気分のパターンや波を自己分析するのに役立ちます。

・自分の気持ちをふり返る感情記録・ジャーナリングなどをしてみたが、続かない。
 →日々のふり返りができるチェックイン・チェックアウトの通知が来るため、決まった時間に習慣化できます。

・ネガティブな感情やモヤモヤに囚われて、抜け出せない。
 →夫婦喧嘩、仕事上のトラブル、休学・休職、人間関係のモヤモヤ、など鬱々とした気分や辛さ・寂しさを感じる出来事が起きたときに、気持ちや弱音などを「感情メモ」に書き出すと、チャットボットが優しく共感して、愚痴を聞いてくれます。こうしたことを書いて見える化することで気持ちと距離を取ることができ、気分が少しだけ楽になります。こうした「感情を外在化」をアプリが助けることで、イライラ解消やストレス解消にもつながります。
もちろん、嬉しいこと・楽しいこと・希望など良い感情の記録も残し、様々な気持ちを吐き出し、向き合うようにしましょう。

・仕事や子育て、介護など解決が難しい問題に直面しており、少しでもストレスを和らげたい。
 →お気に入りのストレス対処方法(コーピング)やセルフケアを書きため、レパートリー化できます。実践の記録を「セルフケアメモ」として記録することで、効果を意識し、習慣化も図れます。

■毎日の使い方の例<Aさんの例>
8:00 起床して「チェックイン」で気分を記録する
9:00 電車の通勤中に「マインドフルネス瞑想」を実践
12:00 食事の合間に仕事でモヤモヤしたことを「感情メモ」にまとめる
18:00 登録している「レパートリー」を実施し「セルフケアメモ」に記録
22:00 寝る前に「チェックアウト」で1日をふり返り
23:00 寝れないときに音声ガイドの「深い眠りのための瞑想」を実践して就寝

■アプリの土台となっている研究背景について
Awarefyは、早稲田大学 人間科学学術院 熊野宏昭研究室(※)との共同研究により監修・設計されています。
搭載しているチャットボットの対話シナリオには、カウンセリングや心理療法の現場で活用されている認知行動療法(CBT)やアクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)などの手法を取り入れています。Awarefyでは、エビデンスベースドなセルフケアの実現を目指しています。

※ 早稲田大学 人間科学学術院 熊野宏昭研究室について
早稲田大学応用脳科学研究所所長・日本不安障害学会副理事長・日本マインドフルネス学会副理事長などを務める熊野宏昭教授(医学博士)の研究室です。同研究室は、精神医療と身体医療の双方に臨床心理学を適用し、マインドフルネスやアクセプタンスを含む「新世代の認知行動療法」によって、短期間で大きな効果を上げることを目指した研究などを行っています。

■メディア掲載実績
・リンネル(2020年10月号)
・GINZA(2021年1月号)「センスのいい人が毎日、使うもの」特集
・&ROSY(2021年2月号)「強運体質になる!美の必勝法」特集
・日経WOMAN(2021年3月号)「心を守る100の方法」特集


■利用規約
https://www.awarefy.app/policies/terms

■プライバシーポリシー
https://www.awarefy.app/policies/privacy

■よくあるご質問と回答
https://www.awarefy.app/faq

■お問い合わせ
アプリをご利用の方:
アプリ内の「アカウント設定」の「お問い合わせ」から

アプリをご利用でない方:
https://www.awarefy.app/#contact

新機能

バージョン 4.2.3

- 「チェックイン・チェックアウト」で入力できるテキストがつぶやきメモとしてではなく、チェックイン・チェックアウトに紐づくテキストとして登録できるよう修正しました。
- これにより、「チェックイン・チェックアウト」で入力できるタグが、チェックイン・チェックアウトに紐づくタグとして登録できるようになりました。
- チェックイン・チェックアウトで登録したコンディションの記録が一覧で閲覧できるようになりました。
- チェックイン・チェックアウトでコンディションを登録する際、日付指定の範囲制限を撤廃しました。現在時刻から過去時刻を自由に設定いただけます。
- アプリの全体的なパフォーマンスを改善いたしました。

評価とレビュー

4.2/5
230件の評価

230件の評価

ぷぷぷぷぷんぷん

誘導音声がダントツでよかった

マインドフルネスを始めたくて、いろいろなアプリを試しました。海外のもの日本のもの問わず、最初はランキング上位に上がってくるメジャーどころをたくさん試しました。が、どれもしっくりこないのです。
他のアプリの誘導音声は、観念的というか、思考に頼るようなことばかり言われて、集中できないことが多かったです。
(じゃあ音声なしで瞑想すればいいのかもしれないんですが、初心者だし誘導はしてほしい)

一方で、Awarefyは、まず丁寧に呼吸にフォーカスし、瞑想モードに導き、その上で各瞑想のテーマに行く感じです。テーマに関しても、イメージの力で誘導してくれる感じでした。そのために声のトーンや言葉のチョイスも工夫されていてよかったです。
うまく言えないんですが、導き方が丁寧です。必ず瞑想の説明のところに、監修者の名前と立場が書いてあるのも、信頼度が上がりました。プロがちゃんと瞑想者の立場に立って、音声を作成してくれているのが伝わってきました。
瞑想のテーマに関しても、「専業主婦・主夫のための瞑想」なんていうニッチなテーマがあるのがとても嬉しかったです。育児ストレスを対象としてくれるのは、本当にありがたいことです。他のアプリではなかなか見られないテーマでした。
もちろん学生さんやビジネスマンのための瞑想もあります。
アンガーマネジメントやセルフコンパッションなど、いろんな心理学的なアプローチも充実していて、これから試すのが楽しみです。

素晴らしいアプリだと思うのですが、星4つにしたのは、いくつか要望があるからです。
・瞑想中のバックグラウンドミュージックはいい感じなのですが、その音楽の途切れてまた始まる瞬間が少し気になる
・Apple Watchに対応してほしい
・瞑想時間をAppleヘルスに連動させてほしい
・誘導なしの瞑想で、無制限のものがほしい(今もあるが、10分まで)
・瞑想時間の記録も記載してほしい

もちろん今のままでも素晴らしいアプリには違いないですが、上記の点がクリアされれば他のマインドフルネスアプリと併用せずに済みそうです。
そしていいアプリなので、もっと評価されてほしいと思いました。素敵なアプリをありがとうございます。

デベロッパの回答

Awarefyをご利用いただき、誠にありがとうございます!とても熱のこもったコメントを頂戴でき、とても励みになります!臨床心理士やマインドフルネスコーチなど、専門家が作成・収録することでユーザーの皆さんが安心して、気軽に取り組んでいただけるよう開発した機能ですので、ぷぷぷぷぷんぷんさまのご期待に添えたことをとても嬉しく思います。
また、要望についても貴重なお声を聞かせていただきありがとうございます!大切なご意見として受け止め、今後のサービス開発・改善に活かして参ります。引き続き、Awarefyをご活用いただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。(2021/6/2追記)ご無沙汰しております。いつもAwarefyをご利用いただき、ありがとうございます!この度、音声ガイドの実施状況を集計・表示する機能を搭載いたしましたので、ご連絡いたしました!アプリを最新の状態にアップデートしていただき、音声ガイドのページ上部をご確認いただけますと幸いです。詳細はこちらの記事をご確認ください(https://www.awarefy.app/blog/posts/product-update-20210602-6KUzrxSGwgwEumwGUa38So)。ぷぷぷぷぷんぷんさまにいただいた貴重なご意見を受け止め、引き続きサービスのの改善・開発に努めてまいりたいと思います。今後ともAwarefyをどうぞよろしくお願いいたします!

tajgaamtm

これから続けていきたい。

認知の歪みに悩んでいて、セルフで認知行動療法ができるのではと思い入れてみました。各チュートリアルを終えたばかりですが、今のところとても使いやすいという印象です。色合いやシンプルなデザインも気に入りました。日々の中で起こる自分の感情を可視化できるので、自分を客観的に見ることができます。また、気圧変動の要素も入っていて、気圧によって気分が変動しやすいわたしにとってすごくありがたいです。
まだ始めたばかりなので、今後使い続けていきたいです。

改善してほしい点としては、感情メモ作成中に急にTOP画面に戻ってしまうことです。毎回ではなく時々なのですが、そこを改善していただければさらに使いやすいAppになるかと思います☺️

デベロッパの回答

Awarefyをご利用いただきありがとうございます!ご活用いただけているとのこと、とても嬉しく思います。また、改善要望をお聞かせいただきありがとうございます!今後も、動作の安定性を向上させながら、より価値を感じていただけるサービスになるようアップデートをしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします!!

ぽぬさん

悩める人、自分を変えたい人におすすめの素晴らしいアプリ

コロナ・自粛・テレワーク・残業などストレスが重なって強めのPMSが発症してしまい、心身の記録を始めたく日記アプリを探していたら、こちらに辿り着きました。

記録を続けることで、気分のアップダウンが何に起因しているか、どんな風に毎日感情が変化しているか、などを客観的に見ることが出来ます。「一人が好きだと思っていたが実はコミュニケーションがストレス解消になっていたんだ」など新しい自分を発見出来ます。もっと早く出会いたかったです。

また、プロダクトの使いやすさも抜群ですが、丁寧なカスタマーサポートやこれまでの改善サイクルのスピードにも感銘を受け、すぐにプレミアム会員登録しました。

▼おすすめポイント

・とにかく使いやすい、優れたUIUX

・あいまいな感情の推移や変化をグラフで俯瞰、客観視できる

・カスタマーボイスに基づく素早い改善

・こまめで丁寧なカスタマーサポート(改善実装後、appレビューに返信追記されるほどの丁寧さに感動しました)

・自分はまだ使用していませんが、他の方にはマインドフルネス機能も好評のようです

▼要望

・週間レポートを待たずして、アプリTOP「記録した感情の構成」から各感情に紐付くタグを確認できるとありがたいです

・全タグ、週間レポートのように紐付く感情を確認できる場所があるとありがたいです

※上記いずれもweeklyの記録内容を対象希望です

・(私のメモが多すぎるのですが)週間レポートの主な出来事とセルフケアは、トータルの感情数値もしくは改善値が高いものをサマリで見られると嬉しいです

・感情メモ記入の際に、表示されるタグ数が制限されるため、全て表示されるとありがたいです

・各感情メモがポジティブorネガティブどちら寄りのものか、アイコンや色合いで一目で分かるとありがたいです。一日の流れ(チェックイン・アウト・感情メモ)において、どの出来事が感情のターニングポイントなのか確認したい為です

・セルフケアメモでも感情とタグを登録したいです。トータルの感情グラフに数値を反映させたい為、同じような内容を感情メモで毎回重複登録しています。

・過去データがグラフに反映されないことがあります(別途問い合わせ中)

今後も末永く使いたいため、細かい要望を長文ですみません。ご担当者さま、ご検討のほどよろしくお願いします!

デベロッパの回答

Awarefyをご利用いただき、誠にありがとうございます!非常に温かいコメントを頂戴し、とても嬉しく思っております。チーム一同とても励みになります!
また、ご要望につきましても、詳細にお伝えいただきありがとうございます!具体的な機能のイメージやご要望の背景を掴むことができました。
タグや感情の深堀り機能や、週間レポートのサマリー機能、感情メモのアイコンの改善、セルフケアメモにタグや感情を登録する機能につきましては、Awarefyを日々ご活用いただく中で積み重なったこれまでの記録を、より詳細に振り返るために必要な機能の具体的なアイデアをお伝えいただいたのだと考えました。今回いただいたご意見を大切なご意見として受け止め、今後のサービス開発・改善に活かして参ります。また、感情メモのタグの表示につきましては、より多くのタグを表示できるように現在アップデート中ですので、今しばらくお待ちいただけますと幸いです。
ぽぬさん様のセルフケアのパートナーとして、引き続きAwarefyをご活用いただけますと幸いです!どうぞよろしくお願いいたします。(2021/5/26追記)いつもAwarefyをご利用いただきありがとうございます。Awarefyサポートチームです。先日ご要望でお聞かせいただいておりました、感情メモ記入の際にすべてのタグが表示されるように改善したバージョンをリリースいたしましたので、ご連絡いたしました。(2021/6/23追記)度々失礼いたします。この度、感情メモ一覧に感情の色を簡易的に表示する機能を搭載したバージョンをリリースいたしましたので、ご連絡いたしました。アプリを最新バージョンにアップデートいただき、ぜひご確認いただければ幸いです。今後ともAwarefyをどうぞよろしくお願いいたします!

Appのプライバシー

デベロッパである"Hakali Inc."は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザに関連付けられたデータ

次のデータは収集され、ユーザの識別情報に関連付けられる場合があります:

  • 連絡先情報
  • ID
  • 診断

ユーザに関連付けられないデータ

次のデータは収集される場合がありますが、ユーザの識別情報には関連付けられません:

  • 使用状況データ

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

他のおすすめ