スクリーンショット

説明

bs-16iは16マルチティンバーのプレイバックサンプラーです。
サウンドフォント (SoundFont) ならびにDLS (Downloadable Sounds) に対応しており,鍵盤楽器、MIDI音源,MIDIプレーヤーとして機能します。

音源部にはプロフェッショナル/商用製品にも採用実績のあるシンセサイザーエンジンを搭載しています。インターネットに多数存在するフリーのSoundFontやDLSの音源素材を取り込み演奏することができます。アプリ内購入オプションとして用意されたハイレゾエンジンでは、100%浮動小数点演算による、高品質、低ノイズな音声が出力されます。

独立した16チャンネルの音源は一般的なコントロールチェンジ等のメッセージには全て対応しており、プリインストールされたGeneralUser GS SoftSynth v1.44.sf2 (S. Christian Collins)によってインストール後直ぐにGM、GS対応音源としてお使い頂くことができます。

鍵盤楽器としてスケーリング可能なキーボードの他に,ピッチベンド、モジュレーション等、各種のコントロールを行うことができます。

内蔵のMIDIプレーヤーはSMF (Standard MIDI File)に対応しています。また再生結果をWaveに変換しAudioCopyを使って他のアプリケーションと共有できます。

サウンドフォント、DLS、SMFファイルはiCloud DriveやDropboxを経由して、アプリから直接インポートすることが可能です。

さらにIK Multimedia iRig KEYS / iRig MIDI、YAMAHA iMX-1、LINE6 MIDI Mobilizer 2等のCore MIDI対応MIDIインターフェース、Apple Lightning - USBカメラアダプタを経由したUSB Generic MIDIインターフェース、Bluetooth LE対応アクセサリ(Miselu C.24、QUICCO SOUND mi.1等)をデバイスに接続することで外部MIDI機器とのMIDI入出力を行うことができます。Virtual MIDI機能にも対応していますのでbs-16iをバックグランドにして他のCoreMIDi互換アプリからbs-16iを再生することもできます。

bs-16iはAudiobus 3ならびにInter-App Audioに対応しています。bs-16iのオーディオ出力ストリームをAudiobusアプリを経由して他のアプリケーションに送ることが可能になります。

またbs-16iはAudioUnit v3 extensionにも対応していますので、プラグインとしてGarageBand、BeatMaker3、AUMその他の対応アプリケーションの中で使用いただくことも可能です。


・サウンドフォント、およびDLSファイルのロードに関してはファイル容量以上の空きメモリ容量がデバイスに必要です。
・本アプリケーションは以下の情報を収集します: デバイス名、OSバージョン、ユーザーロケーション、SoundFont/DLSファイル名、CoreMIDI I/F名

新機能

バージョン 3.1.1

- AUv3 UIの改善
- iCloudからのImport時、複数ファイルの選択が可能になりました (複数ファイル選択はiOS 11、iCloud Driveでのみ使用いただけます)
- 安定性に関する問題を修正しました
- Audiobus SDK 3.0.5
- 内蔵ファイルプレイヤーからのMIDIメッセージがAudiobusへ送信されない問題を修正しました

評価とレビュー

4.3/5
7件の評価

7件の評価

yosnakazaki

Audio units 対応

Cubasis の Audio units で 動いた。

潤哉

クールなサウンドフォント再生環境

サウンドフォントの再生環境として、デザインも含めて優れたアプリと思いました。サンプルとして付属するサウンドフォントは非常に簡素なものなので、事前に準備しておきましょう。私は S.Christian CollinsのGSセットフォントを試しましたが、レイテンシー皆無、音質も上々でした。

基本的に音源として作られているようで、トランスポーズやテンポ設定、データファイラー機能などが無いため、midiプレイヤーとしては貧弱と言えます。ちょっと意外な弱みと思えましたので、星一つ減じました。

ツマミ系の画面挿画が時々遅れることがあるようですが(iPad環境)、実使用に支障はありません。

さにーふらん

これは今までのMIDIプレイヤーアプリではいい方

私はPCでサウンドフォント使用してた為、iTunesつかってサウンドフォント移したらきっちりその音源で再生できてた。
(他のアプリはだいたいは内蔵音源のみ(sweetmidiとかMIDIandKBなど)だから、手軽にサウンドフォントで音を変えれるこのアプリはそれなりにいい)
既存のプレイヤーの中ではベスト1
サウンドフォントの重ね掛けができる点も評価できる。
audiocopyもできるようになったので、個人的にはほぼ完璧かと。でもリピート再生はやはり欲しい(今は別アプリによる制御でリピートさせてる)

P.S.gm.dlsも非公式ながら使えた(^_^;)MSGSの本気タグのMIDI聴くのにも使えてます

P.S.2むふふ氏へ
チップチューンは別アプリでやれと。あと、8bit音源なら「ゲームボーイ サウンドフォント」でググってDMG-CPUってsf2をiPhoneで落としたらこのアプリに入れれる=ゲームボーイ音源が簡単入手できるやろ

2013/12/1追記
リピート機能追加とinter-APPAUDIO対応乙です!
あと、今まではこのアプリで再生できないmidi選んだらエラー出た後に落ちてたところ、今回のアップデートでエラー出たあとに落ちなかったのも評価です

2014/3/1追記

dlsについて
初回レビューの時に知ったことから推理してMSGSが使えるなら他のでも使えるかと試したところ

どっかで拾ったFT_TONE.dls(FM音源風)→エラーで使えない
PC版FF8に入ってるFF8.dls(XG音源)→無事使えた

ということでやっとGS、XG、GMの全てが手持ちの音源で再現できるようになった

強いて言うなら、MIDI再生時に音量が馬鹿でかい事がある(しかも音量オーバーするとノイズがほとんどの音源で高確率で発生する)→手動でピークいじればいいのだがかなり億劫だからそれをリミッター制御する設定もあったらいいかな、と

p.s.再生時の画面の初期のところだけ見づらくなったような…バグ?(パートごとの楽器選択画面は問題なかったが)

情報

販売元
bismark LLC
サイズ
68.4MB
カテゴリ
ミュージック
互換性

iOS 10.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語、英語

年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 2010-2018 bismark LLC
価格
¥960
App内課金有り
  1. Hi-Res Synthesizer Engine ¥600
  2. 128 Polyphony ¥360

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ