スクリーンショット

説明

長年のカメラ愛好者であるあなたも、カメラにほとんど触ったことのないあなたも、Camera+ 2 を使うと写真を撮るのがもっと楽しくなるはずです。

Camera+ 2 は最良にして最強のカメラアプリです。 1400万コピーも売れた Camera+ の最新バージョンである Camera+ 2、さらに高速かつパワフルになりました。

私たちが最初の Camera+ をリリースしてから8年、本当にいろいろなことが起こりました。 iPhone は劇的な進化を遂げました。単純に視覚的なレベルだけでなく、技術面でもクリエイティブなツールとしての側面でもです。 マニュアル設定、RAW 画像の撮影、深度のエディットなど、ほんの数年前の時点でもスマートフォンで実現可能とは考えられなかったレベルの性能です。

そして私たちは決心しました、次の10年のスマートフォンフォトグラフィーのために Camera+ を創り直そうと。 今後登場する新型 iPhone で実現すると思われるであろう進化を包括することができる、現代的かつ確かな基盤を創り上げるべく、全てをいちから見直しました。 そうした奮闘の結実がこの Camera+ 2 です。私たちは確かな手応えを感じています。 ユーザーの皆さんに愛された以前のアプリの個性を保ちながらも、あなたの創造性や個性を表現するための最良の、それでいて使いやすいツールを提供するという私たちが掲げるミッションを具現化することができたと自負しています。 私たちが愛を込めて創り出した Camera+ 2 を、あなたにも気に入っていただけたらと心から願っています。

以下が Camera+ 2 の特徴です。

ユニバーサルアプリ
Camera+ 2 は iPhone と iPad の両方に対応しています。 お使いの全てのデバイスで共通の撮影/編集ツールをお使いいただけます。iPad のマルチタスク機能もフル活用できます。 購入は一度切り、ひとつのツールで全てを網羅。

マニュアル設定
フォトグラファーは撮影時に様々な要素をコントロールする必要があります。Camera+ 2 のマニュアル設定なら、必要とされる詳細な設定を自在に選択できます。 シャッタースピード、ISO、ホワイトバランスなどがオンスクリーンのホイールやボタン類で調整可能です。 デュアルレンズ搭載のデバイスなら、必要に応じて Wide(広角)、Tele(望遠)を簡単に切替可能です。 このアプリにおけるマニュアル設定の良い点は、必要がないのであれば画面から表示を消すことができること。ですからカジュアルなフォトグラファーも気軽に楽しめます。

RAW 撮影/編集
センサーによって捉えられたあらゆる画像情報を高精細に取得できる RAW 撮影が可能です。写真現像/編集の自由度が大幅に上がります。 内蔵 RAW エディターを使って RAW 画像を現像、またはお使いのコンピューターに入っている使い慣れたソフトでの編集も可能です。

深度撮影/編集
対応機器を使えば、デプスキャプチャーモード(深度撮影)が使用可能です。 Camera+ 2 でデプスキャプチャーを有効にすると、深度情報が画像とともに保存されます。そしてエディター内の Labo(ラボ)セクションで、近/遠距離の各サブジェクトに深度を個別に適用することができます。

撮影モード
Camera+ 2 のスマイルモードを使用すると、笑顔を感知しての自動撮影ができます。また、スタビライザーモードを有効にすると iPhone が完全に安定した時だけ撮影が可能になるので、シャープな写真を撮ることができます。 スローシャッターモードを活用すれば、日中でも長時間露光撮影が可能です。 他にもバーストモードやタイマーモードなど、特殊な用途に応じた様々な撮影モードが揃っています。

フォトライブラリとの統合
Camera+ 2 の編集ツールは、フォトライブラリ内にある全ての写真に対して使用できます。 ボタンをタップするだけで、フォトライブラリとライトボックスが瞬時に切り替えできます。 iPad 上でドラッグ&ドロップするだけで、写真をコピーしたりシェアしたりも。 「ファイル」アプリや iTunes との統合も楽々なので、お使いのコンピューターやその他アプリに簡単に写真の移動ができます。

より速く、より効率良く
内容刷新の編集ツールは、iOS 11 の最新画像プロセス技術を最大限に引き出すことができます。 魅力は語りつくせませんが、編集もシェアもエクスポートもこれまで以上にスピードアップさせる、という私たちの目標は達成できたと考えています。

新機能

バージョン 2.1.1

この夏に向けて、クオリティアップに集中したアップデートを行いました。Camera+ 2 バージョン 2.1が公開です。開発チームを悩ませた一番のバグが、シャッター&撮影モード (+) ボタンがタップしにくいというものでした。この現象は、私たちがバージョン2を公開した時点(iPod Touch第7世代)では存在しない問題でした。ただ、スタンダードではなくズームディスプレイを使用すると問題が発生するデバイスがありました。これにより、開発チームがまったく想定していなかった形でレイアウトエンジンが崩れていました。ここにお詫びします。

その他様々を修正/改善しました。例えば、マクロフォトがフォトライブラリに現れるまで長い時間がかかっていたこと。あるいは、まれな現象でしたがエフェクトのグリッドが黒くなってしまっていたバグ。また、マニュアル設定が表示されている時にファインダー内に目障りなバックグラウンド階調が表示されていた問題も修正しました。

こうしたクオリティ面での変更に加えて、いくつか新規および改善した機能も追加しました。以下でご紹介します。

* ライトボックス内のズームビューにスクラバーを追加しました。これで写真の閲覧がまた少し楽になるでしょう。
* 現行のプリセットで機能しないカメラボタンをこれまでは非表示にしていましたが、表示した上で無効になるようにしました。この形の方が直感的に操作できるでしょうし、その時どの機能が使えないのか、そしてその機能が消えてしまったわけではないことがひと目で分かるので扱いやすいだろうと思います。
* RAW エディター使用時は必ず、RAWデータ(JPEGやHEIFの撮影データではなく)をオリジナルの写真として扱いように設定をし直しました。
* カメラのハプティックフィードバックを改善し、安定性を向上しました。

今回のリリースをお楽しみいただければ幸いです。使用した感想やご意見はお気軽にお寄せください!

評価とレビュー

4.0/5
120件の評価

120件の評価

No.560

お気に入りアプリです。

前のバージョンから使っていますが、機能も動作も痒い所に手が届く満足のゆくアプリです。

バクフィクスも丁寧な説明で、最近ありがちな「定期更新です」的な、何が変わったのかわからない説明が多い中、わかりやすく非常に好感が持てます。

バグが無いわけではないのと、その先の発展に期待を込めて星4つです。

はなてぃる

ポートレート

使えないとか言ってる皆さん
自分の機種は何ですか?
iPhone7Plus、iPhone8Plus、iPhone Xシリーズでしかポートレートモードは利用できませんよ?確かに企業の伝え方も悪質だとは思いますが、ポートレート撮影を除いても非常に良いappであることは確かです。(よく落ちますが)企業の情報は少なからずバイアスのかかるものですから、しっかりとよく考えて購入を検討するものです。まともなメディアリテラシーも持たず勝手に釣られて、逆ギレして評価を下げるなどと馬鹿なことはやめましょう

Namisk

細かく調整できて助かる

メモとかでない写真を撮るときは、いつもこのアプリで。ボタンの配置などが奇をてらわず、分かりやすいので助かってます。
・撮影時にf値とISOとホワイトバランスを明示的に指定できる。
・本気の時はRAW保存も可能。設定でPOIの粒度を指定。
・撮影後はiOSのカメラロールの前にライトボックスに入れておき、色温度、露出、ハイライト、シャドウなどを編集後にカメラロールへ。

情報

販売元
LateNiteSoft S.L.
サイズ
119.3MB
カテゴリ
写真/ビデオ
互換性

iOS 11.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、簡体字中国語、繁体字中国語、英語、韓国語

年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© (c) LateNiteSoft 2019
価格
¥480

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ