スクリーンショット

説明

画面どこでもタップで撮影できる、高機能マニュアルカメラ。
機能が画面下部に集中しているので大型な機種でも操作しやすい、しかもシャッターボタンが無いのでデバイスを楽な姿勢で持って撮影できます。
UI はシンプルでも高機能、写真ライブラリや設定をスワイプ操作で呼び出せます。

・iPhone 6s 以降の機種で写真解像度 4032×3024 に対応。(最大解像度を「最高画質」に設定してください。)
・Live Photos。(Live Photos 対応機種)
・被写界深度マップ。(被写界深度マップ対応機種)
・被写界深度マップイメージの確認と保存機能。
・RAW フォーマット対応。(RAW 対応機種)
・Adobe Creative Cloud イメージエディタによる豊富な画像補正とエフェクトフィルタ機能。(イメージエディタはAdobeのサポート終了により、将来のバージョンで削除される可能性があります。)
・フォーカス、露出、ホワイトバランスなど、ほとんど全ての機能をマニュアル操作。
・ホワイトバランスは任意の設定をプリセットとして保存可能。
・望遠、広角、デュアルレンズ対応。
・フレームの比率を変えられるビデオ撮影機能。
・写真ライブラリをブラウズし、画像、ビデオを拡大して細部を確認。
・手ぶれ補正機能。
・構図を決めるためのグリッド表示。
・水平、垂直の水準器機能。
・ライトの光量調整機能。
・画像の Exif 情報を表示。
・Exif メタデータに位置情報、著作権情報を追加。

新機能

バージョン 3.7

・「スリープしない」設定が正しく動作しないことがある問題を修正。

評価とレビュー

3.5/5
52件の評価

52件の評価

ゆとリィ

お気に入り

iPhone6s(iOS11.3)でRAW撮影すると落ちます。
iPad pro(iOS11.3)でRAW撮影したファイルが調整時に解像度が下がってしまいます。
使いやすいので、動くといいな。

mk-labo

説明不足です

純正のシャッター音がうるさすぎるため静音カメラアプリを探しました。
被写界深度マップの保存機能があるといとこでこのアプリを選んだのですが、シャッター音オフの設定だと被写界深度マップ保存機能が使えないとのこと。
購入前の情報ではそのような表記がなかったので、大変残念です。

デベロッパの回答

被写界深度マップは Live Photos と組み合わせることで小さいシャッター音で撮影出来ます。

Terunyas

悪くないです

普段の気軽なスナップで使っています。概ね満足ですが、シャッター音をオン・オフではなく、その大きさを段階的に設定できればなお良いと思います

情報

販売元
NUTRACTOR
サイズ
26.3MB
カテゴリ
写真/ビデオ
互換性

iOS 12.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語、英語

年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 2017 NUTRACTOR
価格
¥360

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ