iPhoneスクリーンショット

説明

本アプリは日本国内での利用を想定しております。
厚生労働省が公式提供する、新型コロナウイルス陽性登録した人との接触をお知らせするアプリです。

■ できること
本アプリを端末に設定した人どうしの接触(1m以内、15分以上)を記録します。新型コロナウイルスに陽性と判定されたら本アプリに匿名で登録することができます。最近接触した人の中に陽性登録した人がいたら、通知と適切な行動をお知らせします。


■ プライバシーについて
氏名・電話番号などの個人情報や、GPSなど端末の位置情報を使うことはなく、それらが記録されることもありません。


接触の記録は、暗号化され、あなたの端末の中にのみ記録され、14日後に自動的に削除されます。行政機関や第三者が暗号化された情報を利用して接触歴を把握することはありません。

接触の記録はいつでも止めることができます。アプリ内の設定を無効にするか、アプリを削除してください。

■ 接触の検知方法
本アプリは、接触の検知のために、端末のBluetooth通信およびAppleの提供するExposure Notification技術を用いていることで、接触検知が可能になっています。


本アプリの利用を開始すると、端末に固有の接触符号を生成します。本アプリを設定した端末どうしが近づくと互いの端末の接触符号を交換して、端末の中に保存します。接触符号は端末の外部には保存されません。接触符号は暗号化されており、後述するマッチする鍵情報と組み合わせない限り利用されません。接触符号の保存期間は14日間です。また接触符号は10-20分毎に変更されます。接触の履歴を、行政機関等の第三者が利用することはありません。

接触した相手が新型コロナウイルスの陽性判定を登録した場合、陽性登録者の端末から他の端末に渡した接触符号を生成する際にもとになった日次鍵情報をサーバーに送信します。他の端末のアプリは、サーバーに定期的に新規に追加された鍵情報を確認に行きます。サーバーから新規に取得した鍵情報をもとに、アプリにおいて再生成される接触符号が、端末に保存されている接触符号とマッチした場合、端末のプッシュ通知を用いてお知らせします。(その際、プライバシーに配慮して、プッシュ通知のメッセージには陽性者との接触とは明示しません。)

プッシュ通知またはアプリの中から接触確認を選ぶと、最近14日間に確認された陽性登録者との接触数を表示します。陽性登録者と接触された方は、アプリの中から、症状入力フォームを用いて体調などの情報を入力すると、行政機関へのご連絡などの適切な対応をご案内します。端末の操作が不慣れな方のために、電話での連絡についてもご案内します。

陽性者との接触に関す通知を受け取るためには、OS上の接触確認機能をオンにすることに加え、本アプリのダウンロードが必要です。

■ 陽性判定の登録方法
保健所などの医療機関でPCR等の検査を実施し、新型コロナウイルス陽性と判定された場合、本アプリを用いて陽性の登録を行うことができます。(登録は任意です。)新型コロナウイルス陽性と判定された場合、厚生労働省が提供する感染症者等情報把握・管理支援システム(通称HER-SYS)への登録を行います。その際、個別の処理番号が発行されます。本アプリの陽性登録画面において、発行された処理番号を入力することで、陽性登録を行うことができます。


保健所などの医療機関でPCR等の検査を実施し、新型コロナウイルス陽性と判定された場合、本アプリを用いて陽性の登録を行うことができます。(登録は任意です。)新型コロナウイルス陽性と判定された場合、厚生労働省が提供する感染症者等情報把握・管理支援システム(通称HER-SYS)への登録を行います。その際、個別の処理番号が発行されます。本アプリの陽性登録画面において、発行された処理番号を入力することで、陽性登録を行うことができます。

■ 接触の検出/記録を停止/削除するには
本アプリの設定を用いて、接触の検出をいつでも止めることができます。また、いつでもアプリの使用を中止して、接触履歴(14日間)を削除することができます。


■ 本アプリの提供期間
本アプリは、新型コロナウイルス感染症が終息するまでの期間に限って提供を行います。


■対応OSバージョン
iOS 13.5以上


■お問い合わせ
・FAQ(お問い合わせと回答): https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00009.html
・メール: appsupport@cov19.mhlw.go.jp

新機能

バージョン 1.2.6

・接触通知時の表示方法を修正しました
・アプリ内の画像や文言の見直しを行いました
・その他軽微な改善をしました

評価とレビュー

2.8/5
2万件の評価

2万件の評価

むさじろ

これだけでは不十分

家族に糖尿病患者がいるので無症状でも感染は困るとダウンロードしました。
一度初期化されたものの8/28からは連続で使用中。
皆さんと同じように通知が来たものの、アプリを開いても接触は無しだったので、色々調べてみたところ設定経由で接触を確認しました。
通知は一度しか確認していませんが、これまでの接触回数はその時点で3度ありました。
iOSはメールで問い合わせと書いてあったのでメールをしましたがなしのつぶてなので、cocoaで通知が来ただけで無症状でも公費でPCRを受けられるクリニックを見つけ、PCRを受けてきました。
cocoaを入れていなかったら接触もわからず、厚労省のアプリでなければ公費でPCRを受けることもできなかったので、その点では感謝しています。
が、cocoa任せだけにしていると結局何もわからないのかもしれません。
通知を一瞬でも確認できたことで、どういうこと?と、調べましたが、それすら確認できなければ自分が接触したなんてつゆほども思いませんでした。今日までに確認しただけでも2週間で4人の陽性者と接触しているようですが、相変わらずアプリ上の接触はゼロのままです。
バグを早急に直すことが第一ではありますが、バグがあること、今の時点でどのように確認すればいいのかを公式に発表しないと、わたしの周りではこのバグがあることすら知らない方ばかりでした。
今のところ他に代えのないアプリだと思うので、アンインストールはしませんが、もう少しこのアプリだけでなんとかならないもんか…と思っています。

Self Defence Unit

動作が安定しない上、トラブルにつき問い合わせしても回答すら得られずフォローが全くなされない。

インストール後,バッテリー消費が激しくなった上、連続使用日数が勝手にリセットされてしまう。

外で他の方との接触が多いのでこのアプリを使用せざるを得ないが、連続使用日数がリセットされてしまうということは、それまでの接触履歴もリセットされてしまうということで意味をなさなくなる。
この点につき、メール問い合わせするも、メールを受信したとの確認返信もなされない上、待てど暮らせど回答返信もされない。やむなく厚生労働省に電話問い合わせしたところ、「こちらでは対応できないのでコールセンターにかけ直せ」→「コールセンターでは分かりかねるので別の問い合わせ窓口にかけ直せ」→「こちらでも分からないので、再度メールにて問い合わせてほしい。」とたらい回しにされた挙句、メールをスマホからではなくPCから再度送信したが、それについても前回同様、確認返信もなされない上、未だに回答返信もされない。最初に問い合わせてから1ヶ月近く経過した現在に至っても何らフォローがなされない。

私自身スマホやアプリをかなり使っているほうであり、各種のフォローを受けてきたが、ここまでフォローがないのは未だかつて経験がない。扱い慣れていない人がこのアプリを使用しようとして不明点が出てきてもフォローは全く期待できない。

やむなく使用を続けているが、代替のアプリが優れた内容で開発され広く普及しフォロー体制もしっかり整備されれば即アンインストールして新たなアプリに乗り換えたいくらいである。

本当に感染拡大に歯止めをかけたいならば、最低でもアプリのトラブルに関する対処などのフォローの体制や利用者への案内はしっかり対処してほしい。そうでなければ安心してこのアプリを使い続けられない。

PALWOOL

絶対に入れておいた方がよいです。

夜中に通知が来たので、朝になるのを待ち感染者旅行者相談センターに電話を入れました。
色々と症状等質問をされ、その後地元の区役所の衛生課より電話が入り、さらに詳しく質問されました。

その方は非常に親切丁寧な対応で、
・通知が来た人は確実に接触している
・強制的に検査をしなさいとは言えないが、無料で受けられる対象になるので受けた方がよいのでは?
・検査を受ける場合、今日から結果が出るまで完全に自宅待機になる。今日明日などすぐに病院を手配できないかもしれないので数日仕事を休んでもらう事になるが、それは大丈夫か?

などの説明がありました。

これといって症状はないことも伝えましたが、
「無症状でも気付かずに感染していて周りの方にうつしてしまう事もあるし、突然重篤化する場合もありますので。」とやんわり背中を押してくださり、その日の夕方には病院でPCR検査を受ける事ができました。

仕事を数日休む事にはなりましたが結果は陰性で、とても安心できたので受けられて本当に良かったと思っています。

ここのレビューや友人の話を聞く限り、通知が来てからの対応は自治体によってかなり差があるようです。希望しても受けさせてもらえなかったという声も多いです。

幸いにも私は先方からPCR検査を進めてくださりスムーズに受けさせてもらえましたが、通知が来たからといって必ず受けさせてもらえるわけではないようですが、しかし通知が来た場合は自己負担なしでPCRを受けられる対象になることは間違いないので、入れておいた方が絶対に良いと思います。

通知が来た場合は接触ログから感染者のHUSHを調べて、接触した日もわかるので、目安にもなると思います。

若干緩んで来ていた気持ちも改めて引き締まり、感染対策をより気をつけようというきっかけにもなりました。

Appのプライバシー

デベロッパである"Ministry of Health, Labour and Welfare - Japan"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザに関連付けられないデータ

次のデータは収集される場合がありますが、ユーザの識別情報には関連付けられません:

  • その他のデータ

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

ストーリー

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ