スクリーンショット

説明

egword Universal 2(イージーワード・ユニバーサル 2) は、縦書き、原稿用紙モードを備えた日本語ワードプロセッサです。
独自のレイアウトエンジンを搭載し、日本語の文章を美しくレイアウトすることができます。パフォーマンスに重点を置いて設計されているため、数百ページにわたる大作でも軽快に編集することができます。

2007年のバージョン2.0.2をもって開発を終了したegword Universal 2を、当時の仕様を可能な限り残してmacOS High Sierraでも動作するようにしました。64bitに最適化して、古いAPIは新しいものに置き換えてあります。

Word形式は一部の情報しか読み込み/書き出しができないため、他の方とWordファイルのやりとりをするような使い方には向いていないのでご注意ください。

軽快な動作
• 64bitに最適化
• 独自開発のレイアウトエンジンが高速にレイアウト

美しい縦書き
• 縦書きでもパフォーマンスを落とすことなく編集可能
• 古いTrueTypeフォントでも正しく字形を切り替えてレイアウト

充実したレイアウト機能
• フォントと文字サイズに応じてレイアウトする「標準レイアウト」
• グリッドに揃えてレイアウトする「レイアウトグリッド」
• 原稿用紙のルールに従いマス目に入れる「原稿用紙レイアウト」
• ルビと傍点、ドロップキャップ
• 強い禁則と弱い禁則

強力なタイポグラフィ機能
• 欧文と和文でそれぞれフォントを指定可能
• 物書堂の日本語入力プログラム「かわせみ2」を利用することで簡単に異体字の入力が可能
• リガチャ、スモールキャップス、カーニング等、フォントが本来備えている能力を活用
• ルビ専用のグリフが利用できるフォントではルビで自動的に使用
• ヒラギノ等の欧文イタリック字形にも対応
• IPAmj明朝に含まれるおよそ6万字の漢字に対応

検索機能
• 文書全体の検索結果を一覧できる一括検索
• 正規表現検索と正規表現の入力支援

作表・作図機能
• 大きな表をページごとに分割
• レイヤを備えた強力な作図機能
• 図形の輪郭で回り込み(イメージは透明部分が回り込みます)

充実したワープロ機能
• 見開き設定、段組
• 一つの文書に様々なレイアウト形式を含められるセクション機能
• 推敲に便利なアウトライン機能
• スタイルシート、見出し、箇条書き
• 脚注、文末注、目次、索引機能
• ブックマーク、変更履歴
• ファイルの暗号化

ファイルの互換性
• EGWORD9~14、PURE 4~9(読込みのみ)
• RTF、RTFD
• Word形式(macOSの機能を使っているため機能は大きく制限されます)
• テキスト
• PDFの出力

エルゴソフト版egword Universal 2との違い
• 日本語入力プログラムegbridge Universal 2は付属しません
• 電子辞典、電子辞典ビューアは付属しません
• Word形式の読み込み/書き出しは機能が大きく制限されています

egword Universal 2の歴史
egword Universal 2の歴史は、エルゴソフトが1984年に発表したEgWord Ver. 1.0まで遡ることができます。EgWordはMacで使える最初の日本語ワープロソフトとして誕生しました。それから24年もの間、エルゴソフトによって開発・販売されていましたが、2008年にエルゴソフトが事業を終了したため、開発も終了してしまいました。しかし多くの方が復活を望まれておりましたので、元エルゴソフトのエンジニアで構成される物書堂が正式にソースコードを取得して復活させました。

新機能

バージョン 2.1.19

• ファイルを指定したリンクをクリックした際に、ファイルをFinderで表示するように修正しました。

評価とレビュー

4.9/5
315件の評価

315件の評価

spring star

この10年間は一体何だったんだ・・と思うほど

この10年間、ワープロの基本機能:「高速編集」、「行間隔と文字間隔をリアルタイムに細かく調整」、「縦書き」、「ルビ」、「アウトライン」をすべて満たすワープロがなく、本当に困っていました。EGWord Universal 2 を使うと、この10年は一体何だったんだ・・と思うほど、気持ちよく文書を作れます。
驚いたのはEGWord Universal 2 のファイルサイズ、何とたったの20MB弱。間違いかと思うほど小さなサイズですが、文書作成に必要な機能はむしろ充実している気がします。速度は言うに及ばず。
かつてMacで日本語が使えなかった大昔、EGWordが彗星の如く登場、その完成度に驚いて初版から使ってきました。良いものを復活させたエンジニアの方々の技術と意気込みに心から感謝です。

JA3VQW

待ちに待ったソフトです!

 2017年1後半に、物書堂がegword Universal の開発を引き継いだというニュースが流れてから、α版、β版で利用者の意見を多数反映して、ついに正式版がリリースされました。
 Macで「まともな」縦書きができるワープロソフトは、Wordしかありません。しかしWordは時代錯誤の大艦巨砲で、重すぎます。
 その点、egword Universal は動作が非常に軽く、縦書きでの複雑な表組み(国語の試験の解答用紙など)を作っても、俊敏な動作です。
 まだWord文書の読み書きの機能は不十分ですが、物書堂なら、近い将来にそれもやってくれると信じています。
 とにかく「Macで縦書き」なら、これで決まりです。

Kumanpa

やっとぶら下がりが・・・

 「原稿用紙モード」で,行末の句点,読点をマス外に追い出して,ぶら下げにしてくれる。
やっとMacで「日本語」ワープロが使えるんですね。
 長年のウインドウズユーザーで,27年間「一太郎」が手になじんでいた者にとっては,Macの日本語ワープロはどれも使いづらいでした。
 どれもこれもデフォルトでは変なところに勝手にスペースを入れて調整して,変更しようとすると一苦労。

 このソフトなら,考え方に慣れる必要はあるものの表現したいことを表現したいようにさせてくれそうです。
 わくわくしながら今,少しずつ使い方を覚えています。
 一太郎は,残念ながらもうMacでの望みはないのでしょう。

 物書堂さん,初めましてですが,期待してます。応援します。

情報

販売元
MONOKAKIDO Co. Ltd.
サイズ
16.9MB
カテゴリ
仕事効率化
互換性

OS X 10.11 以降、64ビットプロセッサ

言語

日本語

年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 2018 MONOKAKIDO Co. Ltd.
価格
¥7,800

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp