FileZilla Pro - FTP and Cloud 4+

FTP Client FTPS SFTP WebDAV

Tim Kosse

    • 4.4 • 195件の評価
    • 無料
    • App内課金が有ります

スクリーンショット

説明

FileZilla Proは、Googleドライブ経由でファイルを転送します。、OneDrive、Amazon S3、Microsoft Azure、Google Cloud、Backblaze B2、Dropbox、WebDAV、Box、OpenStack Swift、FTP、FTPS、およびSFTP

FileZilla Proは、高速かつ信頼性の高い便利な機能がついたFTP、FTPS、SFTP、Amazon S3、Backblaze B2、Box、Dropbox、Google Cloud Storage、Googleドライブ、Microsoft OneDrive、Microsoft Azure Storage、OpenStack Swift(Keystone v2を使用)、WebDAVクライアントです。

FileZilla Proには、直感的なタブ付きユーザーインターフェイスを備えており、50以上の言語で利用できます。

サイトマネージャを使用して、サイトとブックマークを整理できます。FileZilla Proを使用すると、サイトマネージャーのデータを安全に同期できるため、すべてのマシンから保存されたサイトにアクセスできます。認証情報は安全に保管され、強力な暗号技術によって保護されています。

イトマネージャを使用して、サイトとブックマークを整理できます。認証情報は安全に保存され、強力な暗号化によって保護されています。

強力なツールを使用して、サーバーをすばやく簡単にナビゲートし、ファイルを見つけることができます。ディレクトリ一覧フィルターは、無関係なファイルを一覧から隠すことができます。

ローカルディレクトリとリモートディレクトリを比較し、違いをマークします。

ロックステップでローカルとリモートの両方のディレクトリを変更します。または、検索ダイアログを使用してファイルを見つけることもできます。転送キューを使用すると、何百万ものファイルをキューに入れた場合でも、転送を管理できます。

どんなファイルのサイズでも問題ではありません。FileZillaProはサイズ制限がありません。ファイルをキューに入れるには、ドラッグアンドドロップまたはコンテキストメニューを使用します。


普段使用しているお気に入りのエディターでリモートファイルを直接転送して開くこともできます。設定可能な速度制限により、他の目的で帯域幅が必要な場合にFileZilla Proを調整できます。


FileZilla Proは、IPv6をサポートしていますので、将来のインターネットに対応しています。 HTTP / 1.1、SOCKS5、およびFTPプロキシと互換性があります。

ネットワーク設定ウィザードは、FileZilla Proだけでなく、使用しているファイアウォールまたはNATルーターの設定もガイドします。

サブスクリプション情報。 FileZilla Proを使用するにはサブスクリプションが必要です。 FileZilla Proに登録して、7日間の無料トライアルをお試しください。


7日間の試用期間が終了する24時間前までは、無料試用期間中にキャンセルでき、料金は発生しません。


7日後、自動更新サブスクリプションにより、年間9.99ドル/ユーロ(またはお住まいの国の同等額)が自動的に請求されます。


有効なサブスクリプションでは、マイナーアップデートとメジャーアップデートを含む無制限のFileZilla Proアプリのアップデートを利用できます。

毎月新しい機能や改善点がリリースされますので、ご期待ください!

サブスクリプションはいつでもキャンセルできます。その場合、サブスクリプション期間が終了すると、アプリは機能しなくなります。


サブスクリプションが再度必要になった場合、サブスクリプションを再開してください。データは失われません。


利用規約に関してはhttps://filezilla-project.org/terms.php?type=appstore&inapp=2をご覧ください。

新機能

バージョン 3.61.0

修正およびその他の改善:
* oauthトークンを「プライベートデータをクリアする」ダイアログの別のカテゴリに移動しました
* サイトマネージャーのルートアイテムのエクスポートを修正しました
* OneDrive:「/shared with me」の下にリモートパスを備えたブックマークを修正しました
* OneDrive:空のファイルをアップロードする問題を修正しました
* Dropbox:1バイトのサイズのファイルをアップロードする問題を修正しました
* Googe Drive:共有ドライブの問題を修正しました
* B2:大きなファイルの名前の変更をサポートします
* B2:リストファイルバージョンを修正しました

評価とレビュー

4.4/5
195件の評価

195件の評価

yoko_r6n

動作は安定はしているが

ブラウザからDLする無料版より重い

Yuji Ogura

ローカルのファイルが表示されない

ローカルのファイルが表示されない。
毎回設定でローカルファイルを参照してからでないと
ローカルファイルが一覧表示されないので他のソフトにしようかと思っている

デベロッパの回答

All apps on the Apple App store are subjected to Apple sandboxing and you have to grant FileZilla Pro access to your local files by opening the Directory access permissions dialog from the Edit menu. Below you find a Japanese version translated using Google Translate: Apple App StoreのすべてのアプリはAppleサンドボックス化の対象となり、編集メニューからディレクトリアクセス許可ダイアログを開いてFileZilla Proにローカルファイルへのアクセスを許可する必要があります。

KOB7WuBx

High Sierra (10.13.x) では使えなくなった。。。

自動アップロードされて 3.42.0 になったら macOS 10.14 以上が必要とのことで、High Sierra (10.13.x) では動作しなくなってしまった。mac が古いので macOS 10.14 にはアップデートできずに現在大変困っています。互換性の設定で、10.14 以上と設定していてくれればこんなことにはならなかったと思いますが。。。10.14 以前の環境でお使いの方はご注意を。

デベロッパの回答

残念ながら、macOS 10.13の振る舞いはApple自身の文書に準拠していません。ご不便をおかけして申し訳ございませんが、それを修正する新しいバージョンをリリースしました。Appleが承認を待っているところです。とりあえずFileZilla Proアップデートをダウンロードした後にFinderでそれを開き、それを右クリックして「Show Package Contents」を選択してください。 MacOSフォルダの下に 'filezilla'実行可能ファイルがあり、そこから起動することができます。(Google translated)

Appのプライバシー

デベロッパである"Tim Kosse"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

データの収集なし

デベロッパはこのAppからデータを収集しません。

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報