スクリーンショット

説明

FiLMiC Pro v6は、モバイル向けの史上最先端動画カメラ。FiLMiC Proには、iPhone、iPod、iPadで利用できる最先端の機能と最も反応の良い手動カメラのインターフェースが装備されています。

年間最優秀iOS動画カメラアプリに何度も選出されているFiLMiC Proは、他のどの動画アプリよりも多くのハイプロファイル動画プロジェクトに使用されています。

受賞歴:
最優秀動画カメラアプリ - Best App Ever Awards
最優秀動画カメラアプリ - TUAW、Editors Pick
史上最高のアプリ・ファイナリスト - Tap! Magazine
必須アプリ - Gizmodo
エディターズ・レビュー5ツ星 - cnet.com
週間最優秀アプリ - Time.com/Techland
エディター図・チョイス - Wired, Film Riot, Macworld

v6は、今後も引き続きでLOGガンマカーブで撮影する機能を、映画製作者、ニュースキャスター、教師、ブロガー、アーティスト、ミュージシャンに提供していきます。LOGにより、ポストプロダクションでこれまで以上に広い階調範囲と柔軟性が得られるため、iPhoneの機能を何千ドルも多く費用のかかるカメラ装置と同等の機能に設定できます。†

v6の魅力的な特徴:
• フォーカスと露出を制御するためのデュアルアークスライダ
• ゼブラストライプ、クリッピング、偽色、フォーカスピーキングを含むライブ分析スイート(A8プロセッサデバイス以降)
• 傾斜したズームロッカーコントロール
• トライモードヒストグラムに含まれる波形モニタ
• ホワイトバランス調整マトリクス(事前定義およびカスタムプリセット)
• プロジェクトファイル命名のためのコンテンツ管理システム
• クラウドにプリセットデータを保存し、デバイス感で共有するためのFiLMiC Sync統合
• お気に入りのクリップ
• サポートされている共有システムへの一括アップロード
• Natural、Dynamic、Flat、およびLOGのガンマカーブコントロール†
• シャドウ/ハイライトのリアルタイム調整†
• RGB、彩度、自然サイドのリアルタイム調整†

(†A9以上のプロセッサを搭載したiPhone、A10X以上のプロセッサを搭載したiPadsのオプション購入が可能、4kで30fpsに制限)

基本的な特徴:
• 標準、手動、ハイブリッド撮影モード。あらゆるスキルレベル向けの撮影スタイル。
• Apple Watch対応(リモートスタート/ストップおよびライブ動画プレビュー用)
• ポートレート(縦向き)とランドスケープ(横向き)での撮影
• 変更可能なスピードズーム
• 24、25、30、48*、50*、 60*fpsのオーディオフレームレートの同期(*iPhone 6および6sシリーズのみ)
• 60、120、240fpsの高速スピードレート(ハードウェアに左右されます)
• 低速および高速モーションFXオプション
• 設定可能なタイムラプス録画
• 波形モニタを含むトライモードヒストグラム(A7プロセッサデバイス以降)
• 撮影後の動画設定調整(露出、コントラスト、彩度、色合い、色温度)
• 様々なサイズ/解像度へのダウンサンプリング
• カスタマイズ可能な保存済みのパーソナルプリセット
• アスペクト比フレーミングガイドオーバーレイ
• 動きのある構図を撮影するための三分割法撮影ガイド
• 手ぶれ補正
• FiLMiC Remote対応。FiLMiC Remoteにより、FiLMiC Remoteを実行中の2台目のデバイスを使って、FiLMiC Proを実行中のiOSデバイスをコントロールできます。

完全手動コントロ―ル(露出-ISO-シャッタースピード-Focus-Zoom用のプル機能付き)

最大12種類の解像度とアスペクト比(以下は一部):
• HDワイドスクリーン(16:9)
• シネラマ(2.59:1)
• スーパー35(2.39:1)
• レターボックス(2.20:1)
• デジタルシネマイニシアティブ(17:9)
• 標準画質(4:3)
• ウルトラパナビジョン(2.76:1)
• スクエア(1:1)

Facebook、DropBox、Vimeo、SanDisk iXpand、FTPなど、iOSのシェア機能付きアプリ経由で動画をシェアできます。

画質とファイルサイズのバランスを調整するための4つの柔軟なエンコーディングオプション:
• FiLMiC Extreme(1080pで50mbpsのエンコーディングを提供)
• FiLMiC Quality
• Apple Standard
• Economy

サポートされているサードパーティー製ハードウェア:
• Moondog Labs Anamorphic Adapter(2.40:1)
• 35mmレンズアダプター
• DJI OSMO Mobile gimbal
• Zhiyun Smooth 4 gimbal
• COVRレンズアクセサリ

高度なオーディオの特徴:
• 様々なオーディオフォーマット(AAC、AIFF、またはPCM)
• 自動検出オーディオサンプリング
• 自動検出ヘッドフォンモニタリング
• ダイナミックオーディオメーター
• 調整可能なオーディオゲイン
• ステレオ録音対応
• 外付けのマイクレベル対応
• 変更可能なマイク位置

***古いデバイスでは利用できる機能が限られます。

新機能

バージョン 6.9.8

これは、修正とパフォーマンスの改善を含むマイナーメンテナンスアップデートです。

-------
FiLMiC Proのファンであり、継続的な品質改善、機能の提供、カスタマーサポートへのコミットメントに満足している場合は、App Storeにレビューを残すことを検討してください。 リマインダー-レビューは更新ごとにリセットされるため、過去にレビューを残した場合は、更新のためにレビューを再投稿することを検討してください。

FiLMiCチームは、当社の製品と、お客様に提供するサポートを誇りに思っています。 アプリに関する問題や、他の場所への回答が見つからない質問がある場合は、support @ filmicpro.comに直接お問い合わせください。

評価とレビュー

3.7/5
144件の評価

144件の評価

yuichiishiyama

カメラロールにデータをコピー時に注意

- 問題のわかりやすい説明

初期設定では、撮影されたデータは「ライブラリに保存」となっていますが、これで、いくつかの撮影データをコピーした時にカメラロールには1つだけコピーされていませんでした。それは、15分以上の撮影データです。

つまりは、15分以上の撮影データをカメラロールにコピーしようとするとできませんでした。

iPhone ストレージを見ると、システムが普段は8GB程度の消費だったのが、その時は、なぜか38GB程度の消費になり、ほぼストレージを食い尽くしていました。

再起動すると、問題が解消して、普段通りのストレージ容量に戻りましたが。その日に撮影したテスト動画が全て消失してしまいました。

- ことの経緯

再起動する前の時点では、原因がわからずにいた為、すでにコピー済みの写真のカメラロールは何度か削除したりコピーを繰り返したりして、1つだけコピーされないという問題の原因を模索していました。

その後に、iPhoneのストレージの消費容量が多いと気づいたため、コピーされたカメラロールにあるデータを削除した後に、再起動を試みました。

その後に、肥大化した「その他」の容量がクリアされ、普段の空き容量に戻りました。

そしてその後、ライブラリに保存されていたデータが全て削除されてしまった為、データが1つも残りませんでした。

- 結論
皆さんもこのように問題が起きた場合、再起動する前に、撮影した必要なデータをバックアップしてから、再起動することをお勧めします。

iOSの純正アプリではない為、互換性はあまり期待しない方が良いです。
私がここ数日使った感想は、アプリの動作はあまり安定していないように見えます。
撮影したデータをライブラリに保存するところまではいいのですが、そのあとのデータの扱いには注意してください。

ちなみにこの問題は、報告済みです。2019/05/08

追記:

[ FiLMiC Pro を使って発見した(再現できたエラー)] 2019/05/08 時点
・"設定 - カメラ" にて Wide と Zoom と Tele と Selfie 間の切り替えを短時間(数分間)に合計30回以上繰り返し続けると、縦持ちの場合でも一瞬画面が乱れる。そして、4K 60fps でプリセットを保存していた設定のものを使っていたとしても、iPhone のストレージ空き容量に関係なく、1080p 30fps に強制的に変更される。アプリを再起動しても、状況は変わらない。ただし、再び、4K 60fps で保存したプリセットを読み込むと、元に戻る。

・"設定 - デバイス" にて カメラロールに保存をオフにした状態で、ビデオデータの長さが合計15分以上になると、【写真にコピー】を行うと比較的簡単に転送エラーが発生する。(私の場合、ストレージの【その他】が膨張し、本体に熱が発生した)サポートに問い合わせると、なるべくライブラリに保存し、転送する際は、他の方法を選択するのが推奨されるらしい。(例えば、AirDrop もしくは iTunes アプリを使用したデータの転送 ~FiLMiC Proアプリのライブラリ内にあるファイルのバックアップ~)ちなみに、ライブラリに保存を選択した場合、【この iPhone 内】に作成された【FiLMiC Pro】フォルダにデータが保管される。これらのファイルをいづれかの方法を使用してバックアップしないまま、iPhone を再起動して【その他】の領域を解放するとライブラリにあるデータがすべて消失する。
(備考:"ライブラリからAirDropで直接Macへ転送した場合"、"ライブラリにあるファイルを一旦【写真】にコピーして、そのファイルをMacへ転送した場合"、"ライブラリからをiTunes経由でMacに転送した場合"、この3つの方法のいずれを使用しても、ファイルのサイズに影響はなく、動画品質の劣化は確認できていない)

追記 2019/05/10
問題が起きた時に、サポートの方が解決策を示してくれた為、星の数を増やしました。アプリ自体の特性があるのか、サポートの方が示してくれた通り行ってみたところ、今のところ問題が起きない状態です。扱い方を覚えてないと大変なところがありますが、おかげさまで徐々に慣れてきた為、重宝してるところではあります。

ちなみに、LogV2などの機能を解除して使いましたが、普段使いでは問題は起きてない状態です。

iPhone XS Max 64GB で、どこまで撮影できるか試したところ、50分程度録画して、容量がなくなる手前の段階で自動的に停止。フリーズもなく、全てのビデオ編集データのバックアップを取ることができる状態でした。4K 60fps HEVC FiLMiC Extreme シネマサイズ / PCM 48.0kHz では、合計50分程度の録画が限度のようです。データ転送時間は、iTunes 経由で1時間から2時間程度でした。

デベロッパの回答

レビューありがとうございます。 私達は私達のサポートチームが述べたことに同意します。 私たちのプロシューターは常にカメラロールではなく内部のアプリライブラリに保存するでしょう。 カメラロールは問題となることがあるApple APIを使用します。 ビデオは最初にアプリライブラリに保存されますが、このAPIを使用してカメラロールに移動されます。 APIがiOSによって中断されたり、空きメモリがデバイスの問題で問題が発生したりする場合があります。 さらに、アップルはカメラロールAPIを圧縮してより準拠させることで、ビデオ全体の品質を制限することがあります。 アプリのライブラリに保存すると、完全なネイティブ品質が保証されます。 詳細については、support @ filmicpro.comまでお問い合わせください。

ysst

デバイス設定のヒントと素晴らしいサポートについて

後処理が楽だから、と考えてデバイスの設定で「カメラロールに保存」をオンにしている人は多いのではないでしょうか。僕もずっとそうしていて、これまでは30-40分の4K動画もなんの問題もなく撮れていました。

しかし先日、同じようにして撮っていたところ、30分の撮影の最後にストップボタンを押した後、写真ライブラリのカメラロールに動画が保存されていないことに気づきました。

ストレージのサイズをチェックしたところ残り1.5GBぐらい。マッキントッシュの iTunesのアプリケーション共有で見ると FiLMiC Pro の中にはあるので「FiLMiC Pro のライブラリから写真ライブラリに移動する際に失敗しただけか」と思い、movファイルをコンピュータ側にコピーしました。ところがこのmovファイル(およそ11GB)がムービーとして開きません。どうやら撮影を「きちんと」終了しなかったため、movファイルとしてのラッピングに失敗していたようです。

自分ではどうしようもなかったのでダメ元で開発者サイトのサポートにメールを送ったところ、数時間で返信が届きました。事情を改めて説明、わかりやすい解説、というやり取りをした後、なんと壊れたと思われるファイルを送ってくれたら直せるかも、との提案。

結局 最初の相談から4日で動画を「復活」してもらえました!

やり取りの際に分かったのは、「カメラロールに保存」をオンにしておくと、「撮影終了〜ファイル保存〜ファイル移動」を一連の流れで行うことになる。iPhoneの写真ライブラリへの書き込みは不安定なところがあるのでエラーが起こる可能性がある、ということです(僕の場合、さらにiPhone本体の容量不足という問題もありました)。

デバイス設定の「カメラロールに保存」はオフにして、FiLMiC Pro内に保存した後、あらためてカメラロールにコピーするか(メニューにあります)、iTunes や AirDrop などを使ってファイルをコンピュータにコピーするのが安全のようです。そしてもちろん撮影前にはiPhoneの容量をチェック。

サポートについて
全てのメールの返信は半日以内。これだけ大きくなった App Store のこれだけ有名なアプリとして信じられないぐらいの迅速さです。80年代から90年代前半のシェアウェアの時代の魂がいきている素晴らしい開発会社だと思います。

以上、経験をお伝えしました。

検索用
FiLMiC Pro 保存 ファイル エラー 壊れた コピーできない 設定

渡辺彰人

iPhone8 で、カメラが縦方向のまま

2019/07/19 投稿

iPhone 8 iOS 12.3.1 で、FiLMiC Proバージョン 6.9.4 (Build 1031)を使ってます。
久しぶに使おうと立ち上げたところ、カメラが縦方向のままで、いくらiPhoneを回転しても、横方向になりません。

iPhoneを横にした状態で、FiLMiC Pro起動時のアイコンマークも、縦方向のアイコンのままです。

以前は、起動時のiPhoneの向きによって、このマークも方向も正しい方向で起動していました。

iPad Proでは、この現象は起きていません。

以前までは、正常に使えてましたが、何が原因でしょうか。

アプリの再インストール、iPhoneの再起動等、色々試しましたが、治りませんでした。

対応方法、またはバグの場合は早急なアップデートをお願いします。

———————————————————
撮影機能は豊富だし、撮影した映像も、Good。

しかし、撮影後の処理時間がかかり過ぎ。長時間録画は無理ですね。
オマケに、FOSTEXのAR-4iでステレオ録音が出来ない。私にとって、これが一番多きマイナス点です。
これでは、ライブ録画には使えません。

なので、星一つです。

結局、「プロカメラ」のムービー機能を超えるビデオアプリには出会えてません。

FOSTEXのAR-4iに対応していて、後処理時間無しのビデオアプリがあったら、教えてください。

デベロッパの回答

Just checking in to see if you have had a chance to try the latest version of FiLMiC Pro. The app is a free upgrade for any past customer and has been completely overhauled in every way over the last couple of years. If you have any questions please let us know: support@filmicpro.com

情報

販売元
FiLMiC Inc
サイズ
109.1MB
カテゴリ
写真/ビデオ
互換性

iOS 11.1以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、ロシア語、簡体字中国語、繁体字中国語、英語、韓国語

年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 2017 FiLMiC Inc.
価格
¥1,800
App内課金有り
  1. シネマトグラファーキット ¥1,700

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ