スクリーンショット

説明

生まれ変わったFinal Cut Proは、革新的なビデオ編集環境とパワフルなメディア整理機能を提供し、驚きのパフォーマンスを実現。あなたのアイデアをすばやく形にします。

革新的なビデオ編集
• マグネティックタイムラインで高機能のメタデータを使用し、高速で簡単な編集作業を実現
• 改良されたタイムラインインデックスでオーディオロールをドラッグ&ドロップしてタイムラインのレイアウトを変更
• クリップ接続を使ってBロール、サウンドエフェクト、音楽をタイムラインに追加
• クリップを複合クリップにまとめてすっきりと整理
• さまざまなショット、グラフィックス、エフェクトをタイムライン内の一か所で切り替えて表示できるオーディション機能
• マルチカムプロジェクトで、オーディオ波形に基づく自動同期と最大64のカメラアングルをサポート
• 360°エクイレクタングラービデオを読み込んで、さまざまなフォーマットとフレームサイズで編集
• Final Cut Pro内でクローズドキャプションを作成、編集、配信
• 他社製ワークフロー機能拡張を Final Cut Pro のインターフェースで開いて機能を拡張

パワフルなメディア整理機能
• 作品をライブラリに整理して、メディア管理や共同作業を効率的に
• コンテンツ自動解析機能がカメラのメタデータをキャプチャ、バックグラウンドでショットを解析
• 独自のキーワードを作成し、クリップの範囲選択時にそれらのキーワードや“よく使う項目”をすばやく適用
• スマートコレクションでコンテンツを動的に整理して、必要なショットを数クリックですばやく発見

驚きのパフォーマンス
• モダンなMetalエンジンがMacのすべてのGPUを活用して、再生タスクのほか、レンダリング、合成、リアルタイム・エフェクト、書き出しなどのグラフィックスタスクのパフォーマンスが向上
• 64ビットアーキテクチャがシステム内のすべてのRAMを活用し、より大きなプロジェクトとさらに表現豊かなエフェクトに対応
• 作業の妨げにならないバックグラウンド処理
• ProRes、RED、XAVC、AVCHD、デジタル一眼レフカメラのH.264やHEVCなど、幅広い形式をネイティブで編集

カスタマイズできる迫力満点のエフェクト
• 簡単にカスタマイズできる美しい2Dおよび3Dアニメーションタイトル
• 直感的なコントロールでタイトル、トランジション、エフェクトを装飾
• 幅広い他社製FxPlugプラグインをカスタムインターフェイスで活用

一体化されたオーディオ編集機能
• 読み込み時にロール(ダイアログ、ミュージック、エフェクト、カスタムロール)を割り当てて、プロジェクトを簡単に管理および整理
• マルチチャンネル・オーディオ・ファイルをタイムライン内で直接展開および編集
• オーディオの問題(ハムノイズ、過度な背景ノイズなど)を自動的に修正
• オーディオ波形のインスタントマッチ機能を使って、デジタル一眼レフカメラのビデオと独立したオーディオをワンステップで同期

直感的なカラーグレーディング
• 標準の色空間とSDR(スタンダードダイナミックレンジ)、または広域色HDR対応のRec. 2020 HLGまたはRec. 2020 PQでビデオを読み込み、編集、グレード、配信
• バランスカラー機能を使ってクリップの外観をワンクリックで補正
• カラーボードを使ってカラー、彩度、露出をコントロール
• キーイングとマスキングによる精密な調整を行える強力なカラーホイールとカラーカーブ

最適な出力をワンステップで
• プロジェクトをAppleデバイスでの再生用にすばやく書き出し、またはVimeo、YouTubeなどのWebサイトに簡単アップロード
• テーマ別のメニューを使ってDVDディスクやBlu-rayディスクを作成
• ロールメタデータを使ってオーディオステムや複数バージョンの最終ビデオを書き出し
• XMLの読み込み/書き出しにより、他社製アプリケーションでカラーグレーディングやサウンドミキシングなどの作業を実行

システム条件: macOS 10.14.6以降 、4GBのRAM(4K編集、3Dタイトル、360°ビデオ編集には8GBを推奨)、Metal対応グラフィックカード(4K編集、3Dタイトル、360°ビデオ編集には1GBのVRAMを推奨)、3.8GBの空きディスク領域。

一部の機能にはインターネットアクセスが必要です。料金が発生する場合があります。Blu-rayディスクの作成には、Blu-rayレコーダーが必要です。VRヘッドセットへのビデオ出力には、macOS Mojave を搭載した外付けグラフィック付きMacコンピュータが必要です。adeon Pro 580グラフィック付きの27インチiMacまたはその上位モデルを推奨します。

新機能

バージョン 10.4.7

• 新しいMetalベース・プロセッシング・エンジンによって、再生タスクのほか、レンダリング、合成、リアルタイム・エフェクト、書き出しなどのグラフィックスタスクのパフォーマンスが向上
• Mac ProでのマルチGPU(Radeon Pro Vega IIやRadeon Pro Vega II Duoなど)に対応し、グラフィックスのパフォーマンスが向上
• Mac Proでの最大28コアのCPUに対応し、CPUパフォーマンスの最適化を実現
• Mac ProでAfterburnerカード使用時のProResおよびProRes RAWの再生速度が向上
• Pro Display XDRで圧倒的な美しさのHDR(ハイダイナミックレンジ)ビデオを表示、編集、グレーディング、および配信
• Pro Display XDRを1本のThunderboltケーブルだけで接続してディスプレイまたはリファレンスモニタとして使用可能
• 3台のPro Display XDRを同時にMac Proに接続し、2台をFinal Cut Proインターフェイス用、1台をモニタ専用にすることが可能
• HDRビデオを拡張カラーマスクおよび範囲分離ツールでグレーディング
• macOS CatalinaでFinal Cut Proの使用時に、互換性のあるSDR(標準ダイナミックレンジ)ディスプレイに対してトーンマッピングされたHDRビデオを表示
• グラフィックスの処理速度を向上させるために、内部または外部のどのGPUを使用するかを選択可能

評価とレビュー

3.7/5
158件の評価

158件の評価

furumachit

カラグレも細かく出来るようになり かなり使いやすくなった。

Ver10.0から使用しています。

Ver.10.4からカラーグレーディングが細かく設定できるようになり格段に便利になりました。

他の方が書かれているような不具合は私の環境では全く起こらず快適に使えています。もしかしたらPCスペックは ある程度以上必要かも。

また「レンダリングファイルの削除」は定期的に行っています。これをしないと確かに動作が重くなったり何よりハードディスク容量をどんどん使ってしまいます。

Adobe Premiere Pro CC 2018 も時々併用してはいますが 使い慣れているということもあるでしょうが やはりFinal Cut Pro Xが最もスムーズに直感的に編集作業が出来ます。

あと欲を言えば音声編集機能(特に背景ノイズの除去等)がPremiere に近づいてくれればPremiereの契約は解除してもいいかなあと感じています。

音については どうしても いったんAdobe AuditionやPremiereで編集したものを使っていますので 音声編集が改善されれば少なくとも私の環境下ではFinal Cut Pro Xのみで行けそうです。

Premiereはホントに多機能なのですが月々料金を支払っているので ぜひとも音声編集機能の充実を希望します。

yzo

adobe税に比べれば格安

外付けHDDに適切にプロジェクトを作成していけば、全く苦になりません。
3Dテロップの快適さ、すでにプリセットされている数々のエフェクト、別売のMotion5へ持ち込むことでのエフェクトのカスタマイズ。

毎月追加税を支払い、年に数回のアップデートに耐え、メニュー位置が変わる事が苦でなく、3Dが遅くても文句ないなら、Premireでもいいんではないでしょうか。

Final Cut Pro Xなら一度支払えば、追加料金は一切ない。たった34800円で。

画像拡大のモーションがベジュからリニアにできない方。Controlを押しながらクリックしてみてください。

apprev01

開くとしょっちゅう設定がリセットされるバグを直してほしい

編集機能事態は奥深くていいのですが、ファイル一覧ウィンドウが開くたびにしょっちゅうデフォルトにリセットされるのを修正してほしいです。他のレビュアーも多数の方が同じことを言ってるので認識はされてるはず。

情報

販売元
iTunes K.K.
サイズ
2.9GB
カテゴリ
ビデオ
互換性

macOS 10.14.6 以降、64ビットプロセッサ

言語

日本語, スペイン語, ドイツ語, フランス語, 簡体字中国語, 英語

年齢
指定:4+
Copyright
© 2011-2019
価格
¥36,800

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp