スクリーンショット

説明

Macを小型のデジタルペーパーとパワフルな書類管理システムに変えましょう。
GoodNotesのiPadバージョンと同じ機能をMacで使用して、いつでもどこでもあなたの好きな時間や場所で書類に作業ができます。

Macで書類を作成、読み込み、および編集
* キーボードを使ってデジタルノートの作成やテキストを入力したり、マウス/トラックパッドで書いたり描画したり、“Sidecar”機能を使用してApple PencilでiPadに書いたり描画することの可能です
* PDFとイメージを読み込み、GoodNotesで注釈を追加できます
* ドラッグ&ドロップを使って、Macから書類を既存のGoodNotesノートに追加できます

ペーパーレスの書類管理
* フォルダの書類を整理して、無制限にサブフォルダを作成
* 最も重要な書類、ページ、フォルダを“よく使う項目”にしておくと、すばやくアクセスできます
* カスタムアウトラインを作成すると、書類全体をより簡単に閲覧できます
* ドラッグ&ドロップを使って書類またはページをPDFとして即座に書き出すことができます

すべてのノートといつも一緒
* iPad、iPhone、および他のMacに加えた最新の変更内容をiCloud経由で同期します
* Macで準備した書類を別のデバイスで開き、続けて作業できます

アナログの紙の限界を超える
* 手書きの内容を移動、サイズ変更、回転できる他、カラーの変更が可能
* “シェイプ”ツールを使うと完璧な形や線を描くことができます
* パワフルでスマートな消しゴムツール:消す際に、ストローク全体か一部のみかを選択できます。“蛍光ペンのみ消去”に設定しておくと、インク部分はそのまま残しておけます
* 既存のハイパーリンクを使って読み込んだPDF書類を操作可能

新機能

バージョン 5.6.26

- fixed a bug where the text tool would still activate even though you switched to another tool
- fixed a bug where GoodNotes would freeze occasionally when selecting the shapes tool
- fixed a bug where the “Add Page” button would become unresponsive after deleting the current page
- fixed a bug where the import dialogue would sometimes not show up
- fixed a problem with sync in shared documents
- improved some wrong translations in several languages

評価とレビュー

4.7/5
4,908件の評価

4,908件の評価

kankikuka

iPadアプリの中で、一番使っている時間が長い。

NeboやNoteshelfなど他のノートアプリも色々と試しましたが、Goodnotesが一番気に入っています。特に数学的な図形を描く私にとって、最近アップデートされた、シェイプツールのマグネット機能や曲線を描けるようになったことは、とても嬉しいです。

しかし、いくつか要望もあります。

1. 書くことに集中できる、『ZENモード』のような機能の追加
ペンツール、もしくは上部のバーを全て隠して、『読むこと』に集中するモードはありますが、そうした場合、ノートに文字を書き込むことができません。ペーンツールのみを小さく表示して、『書くこと』に集中できるモードがあると嬉しいです。

2. ペンツールの書き心地の改善
これは他の複数のユーザーさんも同様のことを指摘されていますが、やはりNoteShelfの万年筆、シャープペンシルといったペンツールの方がGoodnotesと比べて書きやすいです。

3. 描いた文字をテキストに変換をするとき、即座にテキストツールで作成したようなオブジェクトに変換できる機能の追加
手書きの文字を選択して変換すると、モーダルが表示され、そこに変換されたテキストが出力されます。もしもこれをノートにテキストとして表示したい場合、一度この出力されたテキストを選択後、コピーして、テキストツールを選択、そこにペーストするという作業が入るので、少し手間だなと感じました。

—追記—
ペンの筆圧とペン先の太さを調整できる機能の追加がされました。このアップデートは素晴らしいですが、個人的には、文字で線が書かれる際の補間アルゴリズムの改善があると嬉しいです。

study_fuk

非常に便利、少しの改善希望

勉強時に使用しており、ペーパーレスで勉強が出来る、大量の荷物を持ち歩かなくて良くなったなど非常に重宝しています。周りの人にも強く勧めたいアプリです。

ただ、数点改善してほしい点があるので記載します。(無印iPadで利用)

①2画面分割でもペンの色がワンタッチで変えられるようにして欲しい。
2画面分割の時にペンの色を選択するのが手間。個人的には拡大や写真の挿入、カメラ機能は頻繁に使う機能ではないのでそれぞれのユーザーが使用頻度に合わせて機能の表示順を変えられれば便利。

②アウトラインを階層化出来る様にして欲しい。
文字検索を有効活用するためにページ数の多い資料も1つのノートとして取り込むが、そうすると目的の場所に効率よくたどり着くためにアウトラインは必須。情報量も多くなるためアウトラインが階層化されないと見辛く情報が探しにくい。

③投げ縄ツールでの文字移動をページを跨いでできるようにしてほしい。
書いた文字の移動が簡単に出来るのが非常に便利だが現状はページを跨げないため、一旦コピーして他のページにペースト、その後オリジナルを再度選択し削除、という手間が発生しているため改善希望。

④シェイプツールで線を引くと微妙に斜めになるのを調整して欲しい。
最近のアップデートで線がノートに対して水平に引けなくなった。角度調整も可能だが、何故か微調整が出来ない角度があり、止めたいところで止まらず不便。以前のように自動で水平にするか、角度の微調整が確実に出来る様にして欲しい。

改善希望ばかり書きましたが、全体としては非常に使いやすく、今後もずっと使い続けると思います。細かなストレスを減らすために改善を検討してもらえると嬉しいです。

Wrighting trouble with the pen

「わかりやすい」が「書きにくい」

これまでNoteshelfを使用してきたが、今回変えてみた。その比較をしておく。
まずは、Pros。
フォルダーの構成や、その中身を操作したり整理したりするのはWindowsなど主要OSと同じ感覚でできるので、仕事の書類の量が期間を経るに従って整理しやすくできている。また、どうじにもっている二つのiPadで同期される仕組みなので、2台持ちや、予備機としての機能ははたせる。それらは優れている。Noteshelfではフォルダーの下部構成を作れないし、同期も面倒臭い。

そして、Cons。
筆記具としてのスタイラスペンを使って描いた文字が、昔のパソコンの「ヌラヌラ」したわざとらしいものにしかならず、書いた人の意図をしっかりと反映するような人らしい文字にならない。Noteshelfでは鉛筆モードなどがあり、筆圧感知にかんするものがよくできていてとても書きやすい。GoodNotesのボールペンは筆圧感知しないし、万年筆は文字が変形してしまい、とても日本語では使い物にならない。また、ハイライトマーカーについて、色がたくさん選べそうなGUIであるが、実はそうではない。オレンジ色のマーカーで紙に線を引いた時のあざやかな色は、Noteshelfではでるが、このGoodNotesでは色の微調整をいくらしても茶色しか出ない。

したがって、フォルダーを活用した書類整理や携帯電話との連動による書類の取り出しが便利なところが優れているが、スタイラスペンを使用しての「筆記」には大変不都合が多く使い物にならない。筆記機能の拡充は他のアプリ並みに至急で直して欲しい。そうなるならば、このアプリが最高のアプリとなるはず。

情報

販売元
Time Base Technology Limited
サイズ
180MB
カテゴリ
仕事効率化
互換性

macOS 10.15 以降。 iOS 12.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

英語

年齢
4+
Copyright
価格
¥980

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。