スクリーンショット

説明

Hydraでは、異なる露出値の写真を複数組み合わせることで、美しいハイダイナミックレンジ(HDR)の画像を作成することができます。明るい部分と暗い部分の両方をキャプチャーすることで、画像をさらにナチュラルに見せたり、シーンをよりドラマチックに表現することが可能です。

1枚の写真では、そのシーンに幅広く存在する様々な明るさをセンサーで感知することは物理的に無理です。そのため、写真が暗すぎたり明るすぎたり、またはその両方であるといった問題が発生します。Hydraでは、異なる露出値の写真を複数組み合わせることで、この問題を解決することができます。これにより、目で見た状態により近い、ナチュラルな写真を作成することが可能となるのです。それだけでなく、Hydraではコントラストをさらに強調することで、実物以上にドラマチックに、そして感情的に表現することができます。

OS Xの最新の強化機能用に最適化されたHydraの最新バージョンは、Metalへのデフォルト対応で最大限のパフォーマンスを発揮するほか、さらにモダンでシンプルなユーザーインファーフェースを備えています。

新機能と改善点
- Metal用に最適化
- エレガントで使いやすい透明のユーザーインターフェース
- 高精度かつリアルタイムの配置や微調整を可能とする、自動または手動による位置調整機能
- エリア定義ツールを使ったりアウトプットをエリア毎に決めることで、ゴーストを手動で除去
- 高精度の128ビット内部形式
- 大きく改善されたトーンマッピング(プリセットやリアルタイム/トップ解像度のプレビューなど)
- ビフォアアフターがチェックできる、高度の比較ツール
- 様々な形式(JPEG、RAW、HDR、EXR)の単数または複数の写真が使用可能
- 様々な出力ファイル形式(JPEG、RAW、HDR、EXR)や色空間(sRGB、Pro Photo、AdobeRGBなど)に対し、超高速レンダリングを行うことが可能
- ディープ&ワイドなカラーディスプレイ(例:27インチの最新iMacの30ビット、DCI-P3ディスプレイ)への対応も含めた、正確なカラー処理
- Appleの写真Appとの融合(インプット/アウトプット)

クレジット: 世界の風景写真:Sébastien Degardin(ロンドン)

Technical requirements: GPU compatible with OpenGL Core Profile 4.1 (HD Graphics 4000 or newer)

新機能

バージョン 4.5

This update brings full support for Apple Silicon Macs.

Hydra has been rebuilt to take advantage of Apple Silicon CPU & GPU capabilities, and to deliver optimal performance in image processing (Metal), and more.

BUG FIXES & ENHANCEMENTS:
- Fixed a crash that could occur when processing a project with image alignment enabled.

Appのプライバシー

デベロッパである"Creaceed SRL"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザに関連付けられないデータ

次のデータは収集される場合がありますが、ユーザの識別情報には関連付けられません:

  • 使用状況データ
  • 診断

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp