スクリーンショット

説明

実戦で頻出する麻雀の何切る問題を500問以上収録。
何度も解いてより短い時間で解答できるようにしよう。

新機能

バージョン 1.20

問題の修正、追加

評価とレビュー

3.1/5
120件の評価

120件の評価

天鳳鳳凰卓民

うーん…

牌効率の問題は悪くない問題が多いですが、カンチャン両方埋めなきゃならないのに3色見たり、七対子1シャンテンをやめて受け入れ厳しい順子手にいったり、あげくドラ北4枚なのに七対子1シャンテンだからカンするなと言われたり(七対子は別々の対子7種必要なのに…)

信用して実践すると痛い目見そうです。

annn45j

利用者のレベルによって見方が変わる問題集

〇良い点

・問題数が約550と非常に豊富で一巡目の何切るから一番待ち枚数の多いメンチン、鳴きの問題など偏りなく収録されている。

・間違えた問題、5秒以内に正解できなかった問題で出題範囲を絞ることが可能。本の何切るではこれが出来ない。

・デザインが非常にシンプルで見やすい。

・模範解答画面では解説に付属して、何を切ったら何枚待ちかを明確に示している。これにより一歩進んだ比較検討が可能(後述)。

・広告の出てくるタイミングがメイン画面に戻った時なのでプレイしている時に出てくることはなく全く邪魔にならない。

・不正解時の効果音が「ブッブー」ではなくションボリ音なので連続で間違えても不快感が少ない

〇明確に悪いと言える点

・特に無し

・強いて言うならイーシャンテンの種類(余剰牌型、完全型、ヘッドレス、くっつき)を理解していないレベルの初心者では学習効率が低いかもしれないこと。

〇賛否両論点

・持ち点の表示がない。

→基本的に東一局の設定で本場も無いので、想定としては極々普通の平場と見て良いはず。

・序盤の一九字牌の切り順、良形進行か愚形手役進行のどちらを狙うか、単純な待ちの枚数か良形枚数か、シャンテンを戻すかなど人によっては意見が割れる

→麻雀というゲームの性質上どちらも答えになりうる、河によって判断が変わる、打点を狙うかとにかくあがりやすさを狙うか等打ち手の性質でも変わりうる。「この打牌は正しいのだろうか」と疑うまでは模範解答に従い、疑い始めたら枚数差、打点差、良形率、河がこうだったら、点数差がこうだったらなど自分で考え始めるべき段階だと言えます。「一択」のアプリ名からは意味合いが外れますがそれぐらいの付き合い方が良いと思われる。(逆に河や点数差まで収録して一択の問題にしようとすると問題数の激減等が発生すると思います)

〇総評

部分的には意見が別れるものもあるが、無料かつ問題数や便利機能も多いことを考えると問題ないレベル。

これに加えて定石何切る301も読み込めば平面何切るは磐石でしょう。

ベロベロチュッチュ

打点とスピードのバランス

天鳳卓&フリーセット共に純黒のものですが、問題がそれぞれ打点とスピードのバランスが取れていて素晴らしい。
打点充分な時はスピード重視、打点が見えない時は手役追い、純目早ければシャンテン戻しなど、回答を見るとなるほどと思えるものを揃えている。
個人的には3ヘッドを残すのが正解となる問題が一番感銘を受けた。

千円程度で出しても完全に価値あり。

当然金入りなど特殊ルールならば多少の調整は必要だが、通常の赤入りルールなら全て回答通りが正解となる。

低評価している奴らは勝ってない&麻雀分かってない奴らだな

Appのプライバシー

デベロッパである"noprops"は、プライバシー慣行およびデータの取り扱いについての詳細をAppleに示していません。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

詳細が提供されていません

デベロッパは、次のAppアップデートを提出するときに、プライバシーの詳細を提供する必要があります。

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ