スクリーンショット

説明

healthTrackは健康診断の受診データを電子化します。
主に紙で送付される健診データは数字ばかりで理解しづらく、数値が悪かったかどうかだけの確認で終わってしまいがちです。また、病院ごとにフォーマットが異なるため過去データとの比較も困難です。

healthTrackは以下の特徴をもち、健診データを電子化、グラフ化、一元化します。

- 健診データを見やすくグラフ化。
- グラフはグループでまとめてスクロール表示も可能。
- 各検査項目をわかり易く説明。
- フォーマット一元化により、過去データからの数値増減トレンドを可視化。
- iCloudに対応。(同一iCloudアカウントの異なるiOS機器間でデータが同期)

セキュリティーやプライバシーにつきましても、

- 広告なし。
- APP内の課金なし。
- ユーザーデータは他者からアクセス不可能。(スマホの覗き見等による被害を除きます)

ですので安心してお使い下さい。ユーザーの検診データは、ユーザーの本体デバイスストレージ(設定で本体ストレージを選択した場合)、または、iCloud上のユーザー固有ストレージ領域(設定でiCloudを選択した場合)に保存され、他者からはアクセスできません。アプリ開発者もユーザーデータにはアクセスできませんので、これらを取得したり、利用したりすることは一切ございません。

平均寿命が伸びて人生100年時代とも言われる現在、健康寿命を伸ばす事が重要です。非医療機器であるウェアラブルデバイスを用いたヘルスケアサービスも進化しておりますが、医療機器で測定され、子供から社会人、シニアまで多くの方々が毎年受診する健康診断のデータにも、更なる活用の余地があります。healthTrackは、紙の健診データを電子化することで、体の状態や変化を分かり易く可視化し、日常的に健康意識を高めます。healthTrackのユーザー体験をさらに向上するため、今後も改善に取り組んで参ります。

healthTrackに関するご質問、ご要望、その他お問合せは、www.healthtracksupport.com よりお願い致します。また、Appの評価とレビューにご協力いただける場合は、参考にさせていただきますのでよろしくお願い申し上げます。

新機能

バージョン 1.2

ストレージ間のデータコピー機能を追加したhealthTrack 1.2をリリース致しました。

- 本体ストレージまたはiCloudに保存したデータをもう一方のストレージへコピーする機能を追加。コピーはドラッグ&ドロップで直感的に操作でき、複数データの同時コピーも可能です。

評価とレビュー

4.3/5
28件の評価

28件の評価

千葉のおじさん

使いやすいです。グラフが良い!

ここ5年間の血液検査結果を入力してみました。
入力は結構簡単にできました。その結果をグラブで見ると、トレンドが分かり、今後の健康管理に役立てたいと思います。長く使いたい思います。

開発の方にお願いがおります。一部の検査基準値が、最新でない部分がありますので、更新をお願いします。

デベロッパの回答

APPをご使用いただき、また評価とレビューをいただき、大変ありがとうございます。また検査基準値に関するご指摘、ありがとうございます。以下に回答させていただきます。

基準値がユーザー様ご認識の値と異なる理由として、
①APPの基準値設定ミス(最新でない場合を含む)。
②ユーザー様が受診された健診機関が、APPの参照値とは異なる、別の基準値を採用している。
③値域が定められていないギャップの値の扱い方によって基準値の見え方が微妙にずれる。

の3ケースが考えられると思います。それぞれ検証致しましたのでお手数ですがご参照ください。

①APPで設定している基準値が、日本人間ドック学会の最新値(2018/12/14更新)と一致していることを確認いたしました。ただし、少しずれているように見えるかもしれませんので、詳しくは以下③もご参照ください。なお、赤血球数、ヘマトクリットなど、2018/12/14の最新値に掲載されていない項目については、日本人間ドック学会の昨年改定値(2017/4/1更新)を採用しております。

https://www.ningen-dock.jp/wp/wp-content/uploads/2013/09/Dock-Hantei2018-20181214.pdf
https://www.ningen-dock.jp/wp/wp-content/uploads/2013/09/973af37ac356d09292413b7f54704df6.pdf

②APPでは日本人間ドック学会の最新値を採用しておりますが、健診機関によっては別の基準値が採用されている可能性もございます。全国健康保険協会によりますと、「基準値とは20〜60歳くらいまでの健康な人の検査結果をもとに、上限と下限の2.5%ずつを除外したもので、残り95%の人の数値の範囲」、とのことですので、母体データが異なると若干違った値になると考えられます。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g4/cat410/sb4020/ra104

③例として血小板数で言いますと、日本人間ドック学会の最新値(2018/12/14)では、基準値(異常なし)=14.5〜32.9、軽度異常=12.3〜14.4または33.0〜39.9、となっており、基準値と軽度異常の間にギャップが存在します(14.43のような、14.4と14.5の間の値)。このようなギャップ値が入力された場合でもAPPが判定不能とならないようにするには、ギャップ値を基準値または軽度異常のどちらかに含める必要がありますが、本APPでは前者に含めております。言い換えますと、日本人間ドック学会の定義が、14.5 ≦ 基準値 ≦ 32.9であるのに対して、APPの判定は、14.4 < 基準値 < 33.0で行っており、この上下限値(14.4と33.0)がデータ入力画面グラフの基準値両端に表示されるため、誤解を招いている可能性があります。実際の健診では、測定値は(血小板数の場合なら)小数点一位の値までしか出ないはずなので、例えば14.5なら基準値、14.4なら軽度異常となり、どちらも同じ判定結果になります。しかし再度検討させていただいた結果、ギャップ値は基準値に含めない方が分かり易いと考えましたので、次回のソフトウェアアップデートではそのように改修させていただく予定です。

なお、赤血球数等、一部の検査項目では男女間で基準値が異なりますので、お手数ですが、APPの設定タブより性別も再度ご確認いただけるとありがたいです。
今回は貴重なご意見をいただき大変ありがとうございました。

safari2018

わかりやすい

人間ドックの結果を入れてみたがこれはわかりやすい。iPadとも同期。

iOS常連客

レビュー

使いやすく良くできてる。

情報

販売元
Norio Yoshida
サイズ
8.7MB
互換性

iOS 11.3以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

英語

年齢
以下の理由により年齢制限指定12+となっています。
軽度な医療または治療情報
Copyright
© 2018 Norio Yoshida
価格
¥240

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

他のおすすめ