スクリーンショット

説明

[プレイの前に必ずご確認ください]
推奨端末:iPhoneSE、iPhone6s以上のRAM(メモリ)が2GB以上の端末
※上記の端末はあくまで推奨端末となります。推奨環境ご利用の場合でも、お客様のご利用状況や機種特有の要因により 本サービスが正常に動作しないことがありますのでご了承ください。

<『ゼノンザード』とは>

HEROZ株式会社が開発したAI(人工知能)「HEROZ Kishin」で培ったディープラーニング等の機械学習のノウハウを活かし開発された「カードゲーム」対戦特化型AIを搭載し、今までのカードゲームのようにパターン化されたCPUや人との対戦だけではなく、プレイを通じての「AI育成」や、「人間とAIの対戦」・「人間とAIの共闘」という新たな面白さを加えた新世代のデジタルカードゲーム。

<ゲーム説明>

●本格派デジタルカードゲーム

200種(※)を超える美麗イラストカードと3つのカードゲーム要素「フォース」「フラッシュタイミング」「移動式マナシステム」を組み合わせて、リアルカードゲームさながらの頭脳戦を繰り広げよう。

※リリース時点。

●個性豊かなバディAI「コードマン」

プレイヤーのバトルをサポートし、ともに成長していくAI「コードマン」。レベルやプレイイングに応じてコードマンの性格は様々に変化し、親密度が上がるとそれぞれのストーリーも解禁。個性豊かな16体からバディとなる1体と契約しよう。

CVを務める豪華声優陣にも注目。


<出演声優(五十音順)>

上坂すみれ 梅原裕一郎 黒沢ともよ 小松未可子 近藤玲奈 杉田智和 高橋李依 立花慎之介 田村睦心 中井和哉 早見沙織 日笠陽子 福山潤 藤原啓治 M・A・O 山下大輝


●バディAIによるアドバイス機能

バトル中、次の一手に迷ったらバディAIが状況に応じたアドバイスを与えてくれる。さらに、デッキ構築では、無限の可能性からより良い選択肢をバディAIが提案してくれるので、カードゲーム初心者も安心してプレイできる。


●バトル結果分析

AIによるバトル結果の分析・リプレイ機能や、グラフ化された戦況をもとに勝負のターニングポイントとなったターンからバトルをやり直す「IFバトル」機能を搭載。戦略を立て直し、プレイの上達につなげよう。


●多彩なバトルシステム

<ランクマッチ>

プレイヤーは対戦相手のバディAIと戦い、対戦相手はプレイヤーのバディAIと戦う「クロスバトル」ルールを採用。プレイヤーとバディAIそれぞれで「エレメント」(勝利ポイント)を集めてランクマッチの頂点を目指そう。


<フレンドマッチ>

登録したフレンドといつでもバトル!

フレンドのバディAIと戦う「クロスバトル」か、フレンド同士で戦う「プレイヤーバトル」を選んでバトルしよう。


<AIトレーニング>

バディAIと一緒にバトルをし、プレイングを磨けるトレーニングモードも搭載。


●カードゲーム特化型AIとのバトルに毎日挑戦

カードゲーム特化型の「オフィシャルAI」6体が日替わりで出現。ランクマッチやフレンドマッチで鍛えた実力を試そう。

さらに、シーズン毎に開催されるイベントでは、「オフィシャルAI」を凌駕する頭脳を持つ最強AI「ストライオ・ザナクロン」への挑戦権を獲得できるかも?


●ストーリー原案・世界観設定

『ブギーポップは笑わない』等で著名な小説家・上遠野浩平氏によるストーリー原案・世界観設定から生まれた重厚な物語がゲームのキーとなる。


<ストーリー>

高度に発達したAIが世界の至る所で影響を持つようになった近未来。全世界のAIを研究・開発している巨大企業<ビホルダーグループ>は、全世界の<コードマン>たちを集めて人間と組ませ、共通のルールの下にその頂点を決めるための大会<ザ・ゼノン>の開催を計画。その統一ルールとして採用されたのが<ゼノンザード>だった。



<アプリ概要>

タイトル : AI CARDDASS 『ゼノンザード』

ジャンル : AI×デジタルカードバトル

価格 : ダウンロード、基本プレイ無料(アプリ内課金あり)

ⓒBANDAI・STRAIGHT EDGE


■『ゼノンザード』公式ウェブサイト

https://www.aicarddass.com/zenonzard/


■『ゼノンザード』公式Twitter

https://twitter.com/zenonzard


■『ゼノンザード』公式LINEアカウント

https://line.me/R/ti/p/Nb6T-aK97I


本アプリケーションは、権利者の正式な許諾を得て配信しています。

新機能

バージョン 1.4.0

■V1.4.0更新内容■
・「THE 5WALLS:RAGE」デッキエントリー機能の実装
・「『双龍頭領』アオバ」の分解時のスピリット数変更とプレミアムチップ配布の終了
・デジタルスリーブの追加
・お知らせの仕様変更
・一部バトル演出の追加
・一部カードのテキストの変更
・不具合の修正

評価とレビュー

3.9/5
4,433件の評価

4,433件の評価

:(;゙゚'ω゚'):!

tcg初心者が遊んでみた

今までtcgに興味がありつつも周りにやっている人がいなかったので触れる事が出来ませんでした。
他の類似アプリも何度か触っていたのですがチュートリアルのみでルールを理解するのが難しかったり、いきなり対人戦!というのは超初心者にはハードルが高く感じてしまったり、そんな対人戦で勝てそう!と思っても相手の回線切りに遭ったり…等あまり楽しめていませんでした。
レーティング制度はあっても人気のアプリだと経験者が多く、超初心者には厳しく感じる事が多かったのです。

そんな中とあるプレイ動画でゼノンザードを知り、対戦中にAIからアドバイスが貰える点に魅力を感じ早速DL。
初心者には本当にこれが助かります。わからない内はとりあえずAIに助けて貰いつつ、ある程度理解したら自分の考えで動けば良い。
自転車の補助輪のような存在です。

対人戦も私は相手のAIと戦い、相手は私のAIと戦うので直接人間と戦う事がない。この点は賛否両論あるかもしれませんが、私にとっては「AIは回線切りをしない」というのが本当に大きなメリットだと思っています。(残念ながら私のAI戦のリプレイを観てると回線切りをするプレイヤーはこのゲームにも一定数存在していますね…)
手札事故以外のストレスが対戦中に無いのは本当にありがたいです。

ある程度経験のある方はAIのアドバイスはいらないのかもしれないです。特に序盤は。
ですが私のような初心者だと特に「AIと一緒に成長している」という実感が強くなるゲームだと思います。

本当にすごく楽しいです!
ゼノンザードを開発して頂いてありがとうございます。これからも応援しています。

確かにガチャは渋い

長所と短所を客観的主観的織り交ぜて

長所は、キャラデザが凝っておりCVにも製作陣のこだわりを感じています。また、ルールも個人的に評価は高く、色々なTCGの良い点を研究して作られてるなぁという印象を持ちました。
ここからが重要で短所なんですが、初めに運営自体の問題でメンテの何時間もの引き伸ばしに対してどう考えているのか知りたいです。少しそれますが最近ではユーザー獲得の為にガチャは多くひかせる傾向が強い中、このアプリではチケットをかなり渋る傾向にあります。比較としてシャドバというおみくじがありますがあちらでも新弾で10は配りますがこちらはその半分の5です。話を戻し運営側に非があるメンテの引き延ばしでようやく終わったかと思うとまず謝罪が一切なく何事もなかったかのように始まります。始まると同時に既に詫びチケが在るものではないのかと思いつつもその後に詫びチケと共に謝罪が来るのかと思いきやそれもありません。完全に何もなかったかのような態度が少し不快でした。
また、どうみても使用率が著しいクラスへの規制がない点も気になります。前環境では黄や後半は白が永遠はびこっていましたが規制はなし。第1弾だからかと思いきや今回も紫の一強を感じていた所で私の確認ミスもありましたがアプデで今回は情報を確認せず修正を期待しましたがその予想は裏切られました。極め付けは現環境の紫が一強に加えて6コストの主軸ミニオンがかなりの運要素が絡み当たればゲームエンドまたは逆転制圧と言ったような形でそれをやられる度に負けると正直イラつきます。
このアプリには期待している分評価は厳しいかも知れませんが正直性能の調整ミスはどのカードゲームにもつきものですのでそこからを折角デジタルなのにその利点を生かしてなるべく早い修正を心がけて頂きたいです。
あくまで個人的な意見ですが間違ったことは一切言っていないつもりですので、もし今から始めようと思っている方や運営の方が拝見されていましたら参考にして頂ければ幸いです。

追木サムア

色々とこれから

カードゲームのルールについて

デュエマのマナとバトルのシステムにMTGの呪文の応酬をゆるくしたシャドウバースみたいな感じ。マナが溜まりやすいが手札が切れる。バランスははっきり言って悪いが初期なので盤面を並べて勝つという基本的な闘いはできる。よって相手が特定のデッキでなければ後述する対戦相手がAIな点と相まってバトル自体は面白い。

良い点
システムとして対人戦が対戦相手とのAIと戦うのでストレスがなく、AIもプレイヤーより少しだけ賢いのでほかのDCGより全体での対戦での不満点がない。実際自分と同じデッキを使ったAIに五連敗した。

悪い点
無課金にあまり優しくない。
最初のバラマキだけだとろくにデッキは作れない。ログボ、デイリーミッションなどの恩恵がなさすぎる。シャドウバースが流行ったのはそういうのがあったからなんで少し見習っても良いだろうに。
ゲーム自体の環境がとても悪い。今の環境デッキがそれぞれの色の特色を全部詰め込んだようなデッキなんで簡単に言えばぶっ壊れ。以下例え
(遊戯王:全盛期のBF
デュエマ:全盛期のグレンモルト
シャドバ:アルベールロイヤルとエイラとニュートラルヴァンプと超越のハイブリッド)
そもそも実質使えるマナ二倍で相手ターンに勝手に展開して地味にサーチして無限に顔を殴りつつ展開して全体バフするとかなんか頭シャドバかよ。クローズドベータちゃんとしたのか?

備考
まあ悪いところも述べたがバトル自体は面白い。バトルを評価してくれるシステムやあの時もしこうしていればを考えられるIF戦ができるなど、AIならではのシステムがありユニーク。課金も初期投資と考えればカードゲームってことでまあ割り切れる。

結論
将来性は確実にあるが運営がそれを活かせるか微妙すぎる。カードゲームの運営なんてたかが知れてるがそれでも期待していい。無課金に厳しいが遊べなくはない点を考慮して星3。
運営がんばれ!声優もアニメもキャラクターも力入れてるんだから調整も力入れてくれよ!でないとバンダイのエロメンコって呼ばれるぞ!

情報

販売元
BANDAI Co., Ltd.
サイズ
346MB
カテゴリ
Games
互換性

iOS 11.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語

年齢
9+
まれ/軽度なアニメまたはファンタジーバイオレンス
まれ/軽度な過激な言葉遣いまたは下品なユーモア
Copyright
価格
無料
App内課金有り
  1. Zストーンa ¥120
  2. Zストーンb ¥730
  3. Zストーンc ¥1,100

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ