スクリーンショット

説明

Fiery Feedsは、強力でカスタマイズ性の高いフィードリーダーであり、ほとんどのサービスと同期する後で読む用のクライアントです。

- Smart Views -
◆ Hot Links - 複数記事内で最もリンクされているウェブサイトを探します。
◆ 投稿ペースの遅いものと早いもの - フォルダには、あまり投稿されてないフィードや頻繁に投稿されるフィードの記事が表示されます。
◆ 長い記事と短い記事 - フォルダでは、記事が文字数でフィルタされます。
◆ 必読記事 - フォルダは、特別にハイライトされたフォルダです。このフォルダには最も重要なフィードを格納できます。
◆ 直近の記事 - フォルダにはその日に公開された記事だけが表示されます。

- カスタムURLシェアリング - Fieryでは、URLスキームを使用することで、他のアプリやウェブサイトと共有することもできます。このURLスキームは、自身で作成したり、アクションディレクトリやカスタマイズ可能なメールテンプレートからインストールしたりすることができます。

- テキスト抽出 -
Fiery Feedsは、自動で記事の全文を抽出したり、記事のテキストを切り詰めずにウェブサイトを表示したりします。フィードが選択モードを記録しており、オフライン時に閲覧できるように全文をダウンロードすることさえも可能です。

- テーマの自動切り替え -
明るいテーマやダークテーマを選択することができます。また、Fiery Feedsは、ディスプレイの輝度に応じて、これらのテーマを自動で切り替えます。

- フィード管理 -
新しいフィードを購読したり、購読を解除したり、フィードを移動したり名前を変更したりすることができます。
フォルダの新規追加、削除、移動、名前の変更が可能です。フォルダをグループ化することさえも可能です。

- フォルダのグループ化 -
複数のフォルダをグループ化してフォルダグループにすることができます。

- VoiceOver -
全ての機能はVoiceOverを介して利用できます。

- その他情報 -
カスタマイズ性の高さ - カラーテーマ、フォント、テキストサイズなど、Fiery Feedsの外観のほとんどをカスタマイズすることができます。くつろいで記事を読みたい環境から、見出しだけを読みたい環境まで、Fiery Feedsはぴったりです。
記事を横方向にスワイプ - 縦方向ではなく横方向にスワイプすることで、次の記事や前の記事にスワイプすることができます。横方向にスワイプすることで、次の記事に移動するために、(長い)記事全体を下までスクロールせずに済みます。
記事に既読マークを付ける - スクロール時に、ある時間より古い記事に既読マークを付けるか、特定の既読記事の上にある全ての記事または下にある全ての記事に既読マークを付けます。

- サポート済みのフィードアカウント -
◆ Feedly
◆ Feedbin
◆ Feed Wrangler
◆ Fever
◆ NewsBlur
◆ Tiny Tiny RSS
◆ Inoreader
◆ Bazqux
◆ FreshRSS
◆ The Old Reader
◆ Nextcloud News
◆ iCloud
◆ Local Only

- サポート済みの後で読む用のアカウント -
◆ Pinboard
◆ Pocket
◆ Instapaper
◆ Wallabag
◆ iCloud
◆ Local Only

- 含まれる共有アクション -
◆ Pinboard
◆ Instapaper
◆ Pocket
◆ Evernote
◆ SendToReader
◆ Buffer
◆ OneNote
◆ Messages
◆ Safari Reading List

情報

販売元
Lukas Burgstaller
サイズ
10.1MB
カテゴリ
ニュース
互換性

macOS 10.15 以降、64ビットプロセッサ

言語

イタリア語, スペイン語, ドイツ語, フランス語, 簡体字中国語, 英語

年齢
以下の理由から17+に指定されています:
無制限のWebアクセス
Copyright
© Lukas Burgstaller
価格
¥3,920

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp