iPhoneスクリーンショット

説明

【座りすぎ、ダメ、絶対!】
みなさんは座りすぎが集中力を大きく低下させることをご存知ですか? その理由は簡単で、長時間座っていると血流が悪くなり脳に血がめぐらなくなるからです。また、座りすぎは肩こりや腰痛、首こり、背痛などを引き起こし、それも集中力を下げます。この座りすぎは国際的にも大きな問題になっていて、とくに日本人は、座っている時間の長さが世界でもトップクラスという調査結果があります。
では、どうしたらいいのか。答えは単純で「定期的に立ち上がること」です。15分から30分に1回立ち上がって歩いたり体操をするのが理想とされています。たったそれだけで血流が良くなり、脳が活性化し、集中力も高まるというわけです。スタンドアップタイマーは、そのために最適化されたタイマーアプリです。

【歩くと止まるからこそ座りすぎを防げる】
スタンドアップタイマーは、スマホを持って歩くことでアラームが止まる仕組みです。従来のキッチンタイマーやタイマーアプリは、アラームが鳴るとワンタップで止められるようになっていますが、それだと面倒くさいときはすぐに止められるので立ちあがるという点では逆にデメリットになります。だからこそスタンドアップタイマーが役立ちます。これはちょっとした違いですが、毎回ちゃんと立つことを習慣化するにはこの違いがポイントになります。
また、いわゆる25分間集中して5分休むサイクルを繰り返す「ポモドーロタイマー」としても使えます。ぜひ試してみて集中力の高まりを感じてください。

【無音機能でどこでも使える】
従来のタイマーにはサイレント機能がなく、自宅以外ではなかなか勉強や仕事に使えません。スタンドアップタイマーにはサイレントモードという音もバイブレーションも鳴らないアラームがあるので、職場や図書館、自習室などでも使えます。

【主な機能】
・歩くと止まるアラーム(タイマー終了後は、スマホを持って歩くとアラームが止まります。ついでに軽く体操などをすると集中力も戻り、仕事や勉強に効果的です)
・2種類のアラーム(音+バイブレーション、サイレントから選べます。サイレントは画面に通知を出すことでタイマー終了時間を知らせる音の鳴らない無音機能です。職場や図書館などの音が出せない場所でご利用ください。)
・シンプルな時間設定(5分~60分の間でワンタップで時間が設定できます。理想は15分から30分に1回、最低でも1時間に1回は立ちましょう。タイマーはカウントダウン方式になります)

新機能

バージョン 1.4

歩行の検知精度を改善しました。

情報

販売元
ViviAun Co., Ltd.
サイズ
12MB
カテゴリ
Productivity
互換性

iOS 12.1以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

英語

年齢
4+
位置情報
このAppは使用中に限らずあなたの位置情報を利用する場合があるため、バッテリー駆動時間が短くなる可能性があります。
Copyright
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ