iPhoneスクリーンショット

説明

本アプリは日本国内での利用を想定しております。
厚生労働省が公式提供する、新型コロナウイルス陽性登録した人との接触をお知らせするアプリです。

■ できること
本アプリを端末に設定した人どうしの接触(1m以内、15分以上)を記録します。新型コロナウイルスに陽性と判定されたら本アプリに匿名で登録することができます。最近接触した人の中に陽性登録した人がいたら、通知と適切な行動をお知らせします。


■ プライバシーについて
氏名・電話番号などの個人情報や、GPSなど端末の位置情報を使うことはなく、それらが記録されることもありません。


接触の記録は、暗号化され、あなたの端末の中にのみ記録され、14日後に自動的に削除されます。行政機関や第三者が暗号化された情報を利用して接触歴を把握することはありません。

接触の記録はいつでも止めることができます。アプリ内の設定を無効にするか、アプリを削除してください。

■ 接触の検知方法
本アプリは、接触の検知のために、端末のBluetooth通信およびAppleの提供するExposure Notification技術を用いていることで、接触検知が可能になっています。


本アプリの利用を開始すると、端末に固有の接触符号を生成します。本アプリを設定した端末どうしが近づくと互いの端末の接触符号を交換して、端末の中に保存します。接触符号は端末の外部には保存されません。接触符号は暗号化されており、後述するマッチする鍵情報と組み合わせない限り利用されません。接触符号の保存期間は14日間です。また接触符号は10-20分毎に変更されます。接触の履歴を、行政機関等の第三者が利用することはありません。

接触した相手が新型コロナウイルスの陽性判定を登録した場合、陽性登録者の端末から他の端末に渡した接触符号を生成する際にもとになった日次鍵情報をサーバーに送信します。他の端末のアプリは、サーバーに定期的に新規に追加された鍵情報を確認に行きます。サーバーから新規に取得した鍵情報をもとに、アプリにおいて再生成される接触符号が、端末に保存されている接触符号とマッチした場合、端末のプッシュ通知を用いてお知らせします。(その際、プライバシーに配慮して、プッシュ通知のメッセージには陽性者との接触とは明示しません。)

プッシュ通知またはアプリの中から接触確認を選ぶと、最近14日間に確認された陽性登録者との接触数を表示します。陽性登録者と接触された方は、アプリの中から、症状入力フォームを用いて体調などの情報を入力すると、行政機関へのご連絡などの適切な対応をご案内します。端末の操作が不慣れな方のために、電話での連絡についてもご案内します。

陽性者との接触に関す通知を受け取るためには、OS上の接触確認機能をオンにすることに加え、本アプリのダウンロードが必要です。

■ 陽性判定の登録方法
保健所などの医療機関でPCR等の検査を実施し、新型コロナウイルス陽性と判定された場合、本アプリを用いて陽性の登録を行うことができます。(登録は任意です。)新型コロナウイルス陽性と判定された場合、厚生労働省が提供する感染症者等情報把握・管理支援システム(通称HER-SYS)への登録を行います。その際、個別の処理番号が発行されます。本アプリの陽性登録画面において、発行された処理番号を入力することで、陽性登録を行うことができます。


保健所などの医療機関でPCR等の検査を実施し、新型コロナウイルス陽性と判定された場合、本アプリを用いて陽性の登録を行うことができます。(登録は任意です。)新型コロナウイルス陽性と判定された場合、厚生労働省が提供する感染症者等情報把握・管理支援システム(通称HER-SYS)への登録を行います。その際、個別の処理番号が発行されます。本アプリの陽性登録画面において、発行された処理番号を入力することで、陽性登録を行うことができます。

■ 接触の検出/記録を停止/削除するには
本アプリの設定を用いて、接触の検出をいつでも止めることができます。また、いつでもアプリの使用を中止して、接触履歴(14日間)を削除することができます。


■ 本アプリの提供期間
本アプリは、新型コロナウイルス感染症が終息するまでの期間に限って提供を行います。


■対応OSバージョン
iOS 13.5以上


■お問い合わせ
・FAQ(お問い合わせと回答): https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00009.html
・メール: appsupport@cov19.mhlw.go.jp

新機能

バージョン 1.1.2

陽性者登録の不具合を修正しました。

評価とレビュー

3.6/5
9,217件の評価

9,217件の評価

wwwackey

アプリの評価と要望

このコロナ禍では、大変意義のあるアプリだと思う。ただ、狙い通りの効果が得られるかは実際にやってみないとわからないところもあるため、検証と今後の改善を進める為にも多くの人が検証に参加すれば良いなと思う。

iPhone7Plusを使っているが、おそらくアプリの影響か、本体が再起動しているのをよく見る。再起動中に操作したくても出来ないのは困るが、困るのはそれくらいなので、それで感染拡大防止につながる効果が得られるなら許容範囲です。

使っている感覚が全く得られないので、機能しているのかさえわからないのが問題ではないだろうかと思います。例えば当日何名の方と接触したかがわかるよう機能を追加してみてはどうかと思う。
普段どれだけの人と接触した事になるのかがわかれば、自分にどれだけの感染拡大のリスクがあるかがわかるので、生活のあり方を見直す材料になるのではと思います。

アプリの普及と利用が漏れる事なく行われれば、このアプリが外出に問題ない事を証明する事に活用出来るのではないかと思っています。
当然、接触した可能性のある方は外出自粛を強いられますが、逆に接触してない人は活動する事ができます。今は誰が接触しているのかわからない状況なので、全員に対して自粛を要望するしかないのだと思っています。それが解消できれば、だいぶ楽になるのではないかと思ってます。

I am ヌードル

開発に従事されている方々に感謝

リリース当初にあったバグは解消されてきています.コロナウイルスの接触を確認して各々の行動に注意を促すシステムが本格的に稼働を始めるとなると何とも感慨深いです.そもそもバグ在りきなのはリリース当初に判っていたことで,1ヶ月は試験運用です.恐らく実際に多数のユーザーに使用してもらい,バグ修正と微調整を行うのかもしれません.

そして,本アプリケーションを開発は,有志の方々がボランティアで行っているとのことで,ただただ感謝するしかありません.

操作に関しては至ってシンプルで,何もこちらで考えなくとも自然と扱うことのできる作りです.強いて言うのであれば,接触の確認をアプリケーション立ち上げた際の一面に表示するように変更するともっとわかりやすいかもしれません.

他の方も仰っていますが,IE縛りの古くさい国の電子システムから一気にモダンなアプリケーションをリリースできたのは,開発者のスキルの高さと熱意そのものだと感じています.電池の減りは気になりません.こちらは端末そのものの性能故のものでしょうか.Bluetooth自体もBluetooth Low Energyなる省電力規格も普及しているので,さほど問題にすべきことでもないでしょう.

レビュー見ると気になりましたので書きますが,無知な人間が勝手な思い込みと噂話に踊らされて猛烈な暴言と批判をしています.正直とてもみっともないです.理数科目から目を背けてきた方,アプリケーションを作ったことがない方,技術を正しく認識していない方,こういった方が大体騒ぎます.はずかしくないのでしょうか.

まずは感謝と労いの言葉を開発者に掛け,しっかりと活用していく.これがコロナ禍で我々が行うべきことなのではないのでしょうか.

はむたこす

みんなに使って欲しい

○2020/8/6追記

評判を見ていると地獄のようだ。少し調べれば1日の全接触回数を表示する機能は「調整中(プライバシー面やAppleとGoogleが作ったコア機能上の制限が原因?)」であることが5月26日付の厚生労働省が示している仕様書で素人でもすぐ分かる。設計段階で一応検討はなされており、実装可能であれば今後アプデが入るし、不能であれば仕方がない、ということはしばらく待てば分かることだがそれに要望や文句を言ってどうするんだ。

アプリの規約等を一切読まずに憶測だけで批判し、の割にSNSの情報は鵜呑みにしてうがい薬の買い占めに走る。本当に肝心な所が抜けている人が多いように感じる。

そして1,000万ダウンロード突破おめでとうございます。陽性者登録も徐々に増えているようで、わずかでも早期に感染に気付ける可能性があることに安心感があります。国がダウンロードを義務付けるのは憲法?法律?上無理なようですが、自治体や商業施設が独自に接触確認アプリのダウンロード者を優遇するキャンペーンとかを打ち出していく風潮が今後できればな…とちょっとした期待をしています。

○2020/7/13

陽性者のうちアプリを所持し、かつ匿名での陽性者登録を行なった人はごく少数であるとの報道が出ました。しかし私はこの病気が怖いので、身近な人のためにも少しでも早く自分が感染した可能性があることを知りたいと思いますし、接触通知を受けることで無症状であっても検査を受けることができるようなのでそれだけで価値があると感じて入れています。

接触確認機能の有効化時に個人情報の入力は一切無く、一般向けの仕様書?みたいなのを読み開発者さえもアプリ所持者の情報を閲覧できないことを知った上でインストールしました。そもそも機能のコアを作ったのは政府や有志の開発者ではなく、AppleとGoogleですからね。「登録者が少なくて意味が無いから」「政府が信用できないから」程度の理由でこのアプリを入れない意味がわかりません。意図的に入れない人は政府に抵抗している気にでもなっているつもりなのか?このご時世、その不作為は既に他人に被害を与えていますし、いつかは巡ってあなたの元へやって来ますよ。

接触確認機能自体はじきにApple・GoogleによりOSレベルで実装されるとの記事を以前見かけました。それまでの繋ぎのアプリではありますが、サイズも100MB程度で、一度機能を有効化したら通知を待つだけでほぼ起動することはなく手軽です。不具合修正も大きく遅れることは今のところありません。もっと普及して欲しい。

情報

販売元
Ministry of Health, Labour and Welfare - Japan
サイズ
148.3MB
カテゴリ
メディカル
互換性

iOS 13.5以降。iPhone対応。

言語

日本語、 中国語、 英語

年齢
4+
Copyright
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ