スクリーンショット

説明

遥か昔から、森の中には不思議な妖精たちが住んでいた。
しかし、「霊禍」と呼ばれる災難により、森の住処がどんどん減少してゆく。
そんな妖精たちを救うために、魔法使いは「フェアリースフィア」を作り出した。
小さな球体の中だけが、妖精たちに残された最後のエデンとなるのだろうか。
さあ、手のひらに乗せよう、この素敵な楽園を。

【妖精たちの素敵な楽園で、心を癒そう】
フェアリースフィア、それは妖精たちの素敵な楽園。
好きな家具やパーツでスフィアを飾り、自分だけの箱庭を作ろう!

【妖精の依頼に応えて、仲を深めよう】
80種以上の個性豊かな妖精に出会って仲良くなろう!
妖精のお願いを聞いてあげると、良い事が起こるかも…?

【妖精との毎日を思い出に残そう】
フェアリースフィアで暮らす妖精たちを、ありのままの姿で記録しよう!
小劇場、お茶会、パーティ……妖精たちと過ごす毎日はワクワクがいっぱい!


【不思議で壮大な世界を、妖精と一緒に旅しよう】
豪華声優陣によるフルボイスで贈る、ちょっと不思議で心温まる物語。
イブ大陸を旅して、妖精たちの楽園を救おう!

新機能

バージョン 1.16.3

1.期間限定イベント実装。
2.一部の機能不具合を修正いたしました。
3.UIとテキストの最適化。

評価とレビュー

3.9/5
398件の評価

398件の評価

焼けた魚

ゲームを始められないとかいう馬鹿達がいて草

まず初めに、サービス開始日は君たちの言う「閉じられないお知らせ」に書いてあるんだよ、読めるかい?
馬鹿には何を言っても聞いてないとは言ったものだよ

と、しょうもないことで評価しておられたので語気強めで申しときました。

ゲームについてですけど、最近あるような「戦闘」がメインのゲームではないっぽいね、それっぽい敵がいる見たいな話は見られたけど戦闘は無かった。

じゃ、何をしてストーリーを進めるか?

戦闘システムは無いので、代わりに何をするかと言うと、スフィア内の決められた種類の家具を置き、+‪α、妖精達を配置して、目標点数を目指すというシステム。

点は何で決まるかといえば、アイテムそれぞれに点がある(レア度とか)、そして属性を合わせて点を上げるっぽい。

このゲーム属性が独特で「可愛い」や「優雅」「自然」という表現がされている、だけど特に覚える必要はなさそう、ゲーム内でもこういうの置いてね、こういう属性の置いてね、て直感で分かるし、なんなら書いてある。

ストーリーのゲームシステムについてはこんなもん。
次はストーリーだけど。

私が感じたままの感想だけれど、大人なストーリーではなく、どちらかというと子供向け…?

妖精たちは皆3~6?等身で、ほのぼのしたような話し、最近のゲームのようなガッツリ観るストーリーて感じではなく、誰でも気軽に見れるストーリーという感想。

良くも悪くも普通(一章終わったあとの即レビュなのであまり当てにしないで)

ここでちょいキャラデザやモデリングの話し少し挟むけど、これらも普通!可愛い!
「萌え」「カッコイイ」じゃなくて純真な「可愛い」が適当だと思う。

そして妖精には進化システムがあってだな、進化すると見た目が変わるんやけど。
進化はまだ出来てないため断定はできない、多分変わらないだろうけど。

手抜きだというもこれが適当だと言うも自由ですが、私としては適当だと思います、世界観にもマッチしている、変にリアル向きや特定層に向けてのデザインじゃないので非常にヨシ

それよりもメインのスフィア元い箱庭要素。

基本的にアイテムはステージクリアで得るか、作るか、ガチャ。
基本的に質はガチャの方がいい、ステージクリアするにはいくつか買うか作るかしないといけない。

このゲームクラフト要素もあるのよね、まぁ合成だけど。

最初からスフィアを二段階分大きくさせれるアイテムがあるので、満足しなければそれ使って大きくして、家具の配置のデザインを楽しんだらいいと思う、といってもガチャ程の家具はそんな貰えないのでイマイチパッとしないと思う。

満足行く程の家具を揃えるのは中々骨がおれる手間になると思うので頑張ってくださいね、主にガチャ。

そして妖精配置、たしか要請ごとにも気に入る家具ががあるとかないとか。

妖精配置しておくとスフィア内で動きます、眺めます、いいですね、純心の可愛いが見れます。
好きな人は好きな人要素ですね。

お次はガッチャ。

こちらは妖精と家具ごちゃ混ぜにの闇鍋でございます。
最高レアリティ星五妖精の確率は2%となんとも辛いガチャです。

ですが天井システムみたいなのもございまして。
一回引くと一つ銅月石という物が貰えまして、一定枚数集めると特定のものと交換が出来るというやつです、まぁいつものですね。

お次にUI
可もなく不可もなく

分かりにくいと言うわけでもなく、分かりやすくもない。
ただ最初は結構ぐっちゃぐちゃで何が何処にとわからなくなるとは思いますが、慣れてください、余程のソシャゲ初心者の方じゃない限りは苦痛はないと思います。

改善や要望ですが。

まず誤字や脱字ですね、大して気にはならず、またボイスが付いてますので分からなくなることはそんなにない、ただあるよとだけ。

会話進める時のタッチがこうなんというかやりにくい。
私は文字が自然と全部が出るまではあまり待たず、サクサクと読み進めるプレイ方法なので、進めた時もう一度タップして文を全て出すのですが、一瞬止まったかと思うと上手くおせておらず出せなかったり、次の文が短すぎたのか読めずに2つ先まで進んでしまうこともあります。

なのでログ機能が欲しいです。

せっかくの可愛らしいゲームですので是非頑張っていただきたいものです。
因みに私は男性です、そこの人、遠慮しないでやってみたらいいと思いますよ?

せがのびねぇ

一部声優陣がミスマッチ感…

ゲーム性はとても好きです。
キャラたちの依頼内容に合わせて指定された家具を置いてコーディネートする…某パピゲームとか好きな人にはハマるんじゃないでしょうか?それにキャラクター達もかわいい。

ストーリーやゲーム本編に使われるキャラのCGも、少々拙さを感じるものの十分クオリティの高いものとなっている。

しかし!!!しかしです!!!

男性陣の声優事情どうなってるんですか???
まだ本編を少しかじり、ガチャで得たキャラも少ないですが、一部男性陣側の声優のミスマッチ感がどうしても否めません。

柴犬という最初のキャラは見た目に合わない成人間際の声で語尾で「アン!」と鳴きます。
キツイです……最初のキャラくらいしっかり合わせてください。キャラデザはかわいいのになぜ…
本編ストーリーのブルーベリーくんも少々棒読み感があり、オマケに声圧が無いのでストーリーのBGMに埋もれかけてたりしてます。そこが可愛いのかもしれないけど…

ガチャで手に入れた緑の子(名前忘れ)は見た目的に女の子かな?って思った時の成人間際男性声ミスマッチ感!!!
ギャップを狙ったか……?

成人男性陣の声はまだ大丈夫そうですが、ショタ枠の声優はちょっとミスマッチ感があります。ロリ枠は完璧。みんな可愛い。

進化させれば青年になるっぽいんで、もしかしたらそこで声を合わせていくつもりなのかもしれませんが、そうなら声優を幼少期と進化後に分けて欲しかった…。

この声がいいって人もいるかもしれませんが私はミスマッチ感が否めなくてキツイです…
予算が足りなかったのかな…

でもゲーム性は好きですし、キャラデザも好みなので飽きるまで続けるつもりです…。

thumus

絵本のようで可愛らしいですが

11/29のイベント「花咲く季節」を遊んだ時点でのレビューです。レベルは30前後、星雲コンテストはビーナスの200位以内ぐらい。そこそこまじめに遊んだと思います。
石(とお金)を使わせるゲームだな、という感じです。石を使うと楽しい、というより、使わなきゃ楽しめない。

イベントの限定召喚に配布のガチャチケットを使えない。イベントのスタミナ自然回復に時間がかかり、上限が6しかない。1スタミナ回復に30石かかります。参考までにガチャは1回150石。
星雲コンテストはガチャ家具がないと上位は厳しい。また、1日にできる回数制限があり、以降は石で回数を買うことになる。これは強化アイテムの収集クエストでも同じです。
ストーリークエストの必須家具は素材の要求数がどんどん重くなっていくんだろうな、とは5章まで進んで感じています。
プロフィールのフレームは月パスで綺麗なものを使用することが可能なのですが、「月パス期間中のみ使用可能」ということです。
フレンドへの課金ギフト、5石を使用してお花を送るとかはちょっとあんまり見ない不思議な機能です。

何にでもランキングが絡んでいるので、癒し系箱庭ゲームという感じでは人によってはなくなっていくのではないかと。他の人のスフィアを眺める「魔法使いの集まり」にすら「いいね」数のランキングがあるので。
あとは全体的にちょっと説明がわかりづらいです。星雲コンテストも初めはどうやって昇級するのか混乱しましたし。イベントも手探りです。

ショップは課金予定がなくても、早めに生年月日の登録をした方がいいです。毎日無料ギフトがショップで受け取れるので。
コインは使い切ってもわりとすぐ不自由ない程度までは貯まります。

ゲームを起動しても、今なんにも動かせないなという状態には現時点でなっています。
課金した方が楽しめるのはそれは当然ですので、苦情というわけではないです。あくまで1ユーザーの感覚をレビューしたまでです。

妖精に関して。色んなキャラがいるのはいいと思うのですが、可愛がってあげられないなという子も個人的にはいますのでお別れ機能のようなものがあれば嬉しいです。

Appのプライバシー

デベロッパである"BILIBILI CO.,LTD."は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザのトラッキングに使用されるデータ

次のデータは、他社のAppやWebサイト間でユーザをトラッキングする目的で使用される場合があります:

  • 購入
  • ID
  • 使用状況データ
  • 診断

ユーザに関連付けられたデータ

次のデータは収集され、ユーザの識別情報に関連付けられる場合があります:

  • 購入
  • 連絡先情報
  • ユーザコンテンツ
  • ID
  • 使用状況データ
  • 診断

ユーザに関連付けられないデータ

次のデータは収集される場合がありますが、ユーザの識別情報には関連付けられません:

  • ユーザコンテンツ

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ