iPadスクリーンショット

説明

加藤磯足は、1747(延亨4)年に美濃路起宿の本陣問屋に生まれ、24歳で11代当主になりました。起村において、加藤家は、代々苗字帯刀を許された名家で、磯足は、若いころから村を治める中心的人物として積極的に村政に関わってきました。磯足の最も大きな功績は「木曽川堤の自普請運動」を先導したことです。天明年間(1781~89)に起村付近の木曽川堤防が危険な状態になったため、尾張藩に修築の請願を出しましたが、財政難のため工事は行われませんでした。そこで磯足は藩の許可をもらい、改修工事を自普請で実施。これが契機となり、各地で自普請が行われるようになりました。本作品を通じて、起宿を守った加藤磯足を知っていただけたら幸いです。

※本作品は、いちのみや市100周年市民チャレンジ事業に採択され、一部支援を受けて再リリースしています。

Appのプライバシー

デベロッパである"japan"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

データの収集なし

デベロッパはこのAppからデータを収集しません。

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

他のおすすめ