ENEOS サービスステーションアプ‪リ‬ 4+

ENEOSのご利用がもっとカンタン・便利に‪!‬

ENEOS Corporation

    • 無料

iPhoneスクリーンショット

説明

◆いつも行くENEOSのSSからお得なクーポンが届く!
◆いつもの油種と給油量を簡単設定!
◆スマホで簡単、スピーディーにお支払い!
さらに、
◆いつ・どこで給油したか履歴をチェック!
◆ポイント連携でさらにお得に!

アプリの機能や詳しい使い方については、
ENEOS サービスステーションアプリ紹介ページをご覧ください。
https://eneos-ss.app/

▼SSアプリの使い方
https://eneos-ss.app/usage/
▼よくあるご質問
https://eneos-ss.app/faq/
▼お問い合わせ
https://eneos-ss.app/contact/

※QRスキャンによる各種サービスはSSアプリ提携サービスステーションが対象となります。
※QRコードでお支払いいただくためには、モバイルEneKeyの設定が必要です。
※同時に複数のポイントカードと連携することはできません。
※登録されているクレジットカードによっては連携できないポイントカードがあります。

新機能

バージョン 1.3.0

トップページのレイアウト変更を行いました

評価とレビュー

1.9/5
874件の評価

874件の評価

gmmigmikuzu@

2回給油してみての所感

■良いところ
・エネキーは車の鍵に付けてるので探す手間が無くなる
•クーポンセットできるのでそのままアプリのQRコード読ませれば1ステップで出来る
•エネオスカードが給油してから利用状況の反映が2週間かかっていたので、給油履歴がアプリ上で残る。
•給油量の指定をアプリ上で出来るので操作が少なく済む(そもそも出光のドライブペイは設定出来るのにエネキーはできない?)
■ダメなところ
•QRコードの読み取り感度が悪いので、エネキーの方が操作性がいい
•QRコードリーダーとicリーダーの距離関係か、エネオスアプリの画面からApple payに変わってしまう。
そのためQRコードが出てない状態で操作してしまう。画面が見えない状況なので、気づくのに時間がかかる。
※ハードの問題なので対策は厳しそう
•エネオスアプリ読ませた後の計量器の画面のUIがゴミ。給油指定の確認画面がキャンセルの方が目立つ色なので咄嗟にキャンセル押しそうになる。多分計量器メーカー側の設定だからスタンドによって変わる
★要望点
•スマホでエネキーの設定して、エネキーを読ます方式の方がハードの操作性がいい。
•月の給油単価平均出せるなら給油ごとの単価も表示していただきたい

★総評★
•スピードパスプラスを復活させた方がマシ
•後発だからこその機能が欲しかった。

ZERO iPhone

利用する価値なし、登録するだけ時間の無駄。

いつものスタンドでモバイルエネキー初回登録でボックスティッシュプレゼントのPOPがあったので登録してみました。

まず、クレジットカードの下8桁がわからないと登録できない。

クレジットカードを持ち歩かない人はその場で登録できません。

物理エネキーの番号を入力した後に、最初にエネキーを作った店舗が表示されて、別の店舗を選びたい場合は、店員に店舗の番号を聞いて入力しないといけない。

深夜とか混んでたりしたら登録できないんじゃないの?

やっと登録できてガソリン入れようとしても、アプリのQRコードを全然読み取らない。

店員にやってもらってやっと読み取りできた。

もっと読み取り精度あげてよ。

アプリに表示されるQRコード小さすぎなんじゃないの?

iPhone12ProMaxで小さいんだから、他の画面の小さいスマホだともっと読み取りにくいんじゃないかと。

アプリにクーポンの項目はあるけど、クーポンがありませんと表示される。

LINEのプロモーションコードとは別らしい。

LINEのコードは別途入力が必要。

フォローしてる店舗のLINEのコードは自動適用してよ。

いつもの給油設定ができるので、少しタッチ回数は減らせるけど、QRコードの読み取りにくさでアプリのほうが給油できるまでの時間はかかる。

給油履歴が残るのかと思ったけど、家に帰ってから確認しても履歴が残っていない。

履歴が反映されるまでにどんくらい時間かかるの?

おまけに物理エネキーを使っていて、アプリに物理エネキーを登録した人は、プレゼント対象外と言われて何ももらえなかった。

だったら、最初から物理エネキーを登録すると対象外って書いといてよ。

登録するのに時間かかっただけで何のメリットもありませんでした。

からなねはやねは

モバイルEnekeyがない場合の操作方法が難しく、不親切です。

私がENEOSを利用するとき、現金払いで給油しています。
 しかし、モバイルEnekeyがなくてもクーポン等の機能が利用できると知り、アプリを登録してクーポンを使おうとしました。
 
 ENEOSの給油機での最初の画面は、支払い方法を選択する画面になっています。
 私の場合、「ポイントカード」または「現金会員」を選択しています。(今回は「ポイントカード」を選択)

 その後、クーポンをかざすステップでアプリのQRコードをかざしましたが、「当店では取り扱いできない」という旨のエラーになってしまいました。
 
 何度やっても同じエラーになるので、結局はフロントへ行きスタッフに尋ねる羽目になりました。
 そして、スタッフと共に給油機の元へ行き、スタッフの方が操作方法を教えて下さいました。
 
 最初の支払い方法選択の画面で「ENEOS SSアプリ」を選択し、アプリのQRコードをかざす必要があったようです。
 その後「モバイルEnekeyが未設定」という旨のエラーが表示され、支払い方法選択画面に戻りますが、そこで希望の正しい支払い方法を選択すると、アプリクーポン適用になっていました。
 
 モバイルEnekeyを設定しておらず、アプリで決済を完結しようとしていないので、最初の支払い方法選択画面で「ENEOS SSアプリ」を選択するなんて思いもしませんよね。

 難しい操作方法で、非常に不親切だと思います。

 また、難しい操作方法にも関わらず、アプリ画面・給油機やその周り・アプリのウェブサイト に操作方法の説明がないのも、非常に不親切だと思います。

 私は他にも類似アプリを利用しています。 出光の「Drive On」です。

 出光(apollostationなど)のスタンドの場合、 給油機で最初にアプリの有無が尋ねられ、アプリがある場合は「アプリあり」を選択し、アプリQRをかざします。

 ということで、出光の方が親切で分かりやすく、戸惑うことなくに操作できます。
 その点から、出光のアプリ・スタンドに軍配が上がりますね。
(出光のアプリには決済機能がないなど、単純比較はできませんが)

Appのプライバシー

デベロッパである"ENEOS Corporation"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザのトラッキングに使用されるデータ

次のデータは、他社のAppやWebサイト間でユーザをトラッキングする目的で使用される場合があります:

  • 使用状況データ

ユーザに関連付けられたデータ

次のデータは収集され、ユーザの識別情報に関連付けられる場合があります:

  • 財務情報
  • 連絡先情報
  • ID

ユーザに関連付けられないデータ

次のデータは収集される場合がありますが、ユーザの識別情報には関連付けられません:

  • 位置情報
  • 連絡先情報
  • 使用状況データ
  • 診断

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ

ライフスタイル
ライフスタイル
ライフスタイル
ライフスタイル
ライフスタイル
ライフスタイル