iPhoneスクリーンショット

説明

「文字コード選択」は、Webブラウザと組み合わせて使用する、無料の文字コード選択ユーティリティです。

iOS 8には対応していません。申し訳ありません。

Webを見ているときに文字化けで読めないページに遭遇したことはありませんか。「文字コード選択」を使用すれば、そういったページの文字コードを変更して文字化けを解消できます。

注:このユーティリティはWebブラウザと組み合わせて使用して下さい。

iPhone用のブラウザでは、文字コード(文字エンコーディング)を変更できません。このユーティリティを使用すると、文字コードを指定してWebページを表示することができます。文字化けしたページを表示したいときには、このユーティリティをお試し下さい。

対応コード:
- Shift-JIS
- EUC
- ISO-2022-JP
- UTF-8
- Adobe Symbol
- ASCII
- Non-Lossy ASCII
- ISO 8859-1 Latin 1
- ISO 8859-2 Latin 2
- Macintosh Roman
- NextStep
- Unicode
- UTF-16
- UTF-16 Little Endian
- UTF-16 Big Endian
- UTF-32
- UTF-32 Little Endian
- UTF-32 Big Endian
- Windows CP1250 (WinLatin2)
- Windows CP1251 (Cyrillic)
- Windows CP1252 (WinLatin1)
- Windows CP1253 (Greek)
- Windows CP1254 (Turkish)

特徴:
- Safariなどのブラウザからこのユーティリティを起動します
- Webページを全画面表示。ステータスバーやツールバーが無いので画面一杯に表示できます
- 縦画面、横画面表示に対応。iOS4の機能を使って縦画面に固定することもできます
- このユーティリティで表示しているページをSafariやiNetDualで表示できます

制限:
・Webページによっては、指定した文字コードで表示できない場合があります。
・iAdは8/20現在、日本では表示されません。

評価とレビュー

2.1/5
187件の評価

187件の評価

platikodono

便利だけど時々使えなくなる

基本的には便利なアプリだと思います。

コードの自動判定は一度も機能したことがありません。
文字コード選択を間違えると白い四角が画面の半分を覆った状態で固まって動かなくなることがあります。そうなると一回アプリを閉じて再起動しても固まったままで、本体を再起動しないと動くようになりません。これが非常に不便です。
あとフォントの大きさがいじれるようになるといいです。基本的に小さすぎて読むのに苦労します。

ナイズ

なんで

こんなサクラ臭いコメントばっかなんですかね〜〜書く側の方々はワザとらしさを感じないのだろうか??

ところで見たいページを見ようにも初めの一手でアプリがフリーズしてしまい、再インストールするまで解決しません…

robimea

残念

このアプリに限らず、他の変換アプリでもiOSのバージョンが変わってからフリーズするようになってしまってますね、
残念ながら使い物にならないです。
Google Chromeであれば、設定のエンコード自動検出をオンにすれば大半の文字バケは見えるようになるのでこちらを使う方が良いと思います。

Appのプライバシー

デベロッパであるTakeyoshi Nakayamaは、プライバシー情報の使用方法およびデータの取り扱いについての詳細をAppleに示していません。

詳細が提供されていません

デベロッパは、次のAppアップデートを提出するときに、プライバシーの詳細を提供する必要があります。

情報

販売元
Takeyoshi Nakayama
サイズ
116KB
互換性

iOS 4.0以降が必要です。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語、 フランス語、 英語

年齢
17+
頻繁/極度な成人向けまたはわいせつなテーマ
Copyright
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ