iPhoneスクリーンショット

説明

bREADERはiPhoneに最適化された電子書籍リーダーです。
青空文庫やEPUB、PDF等の電子書籍を、縦書き、横書き、オートスクロール表示など自由なスタイルで読むことができます。
※ iOS 10.1 以上の iPhone が必要です
EPUB3形式のファイルにも対応しました。iOS5では、ヒラギノ明朝体での表示も行えます。

【bREADERの特長】
■多様な電子書籍フォーマットに対応
bREADERは、「青空文庫」の10,000点以上の作品を全て無料で読むことができるのはもちろん、
EPUB形式の電子書籍、PDF、TEXT、JPEG/PNG-ZIPファイル等も閲覧可能
■iPhoneに最適化されたユーザーインターフェース
bREADERは、タッチパネル操作を前提として、素早く、簡単に操作できるように設計されています。
・ピンチイン/アウトで瞬時に文字サイズや行間の変更が可能
・画面をしたから上にめくるようにするだけで、簡単にしおりを挟めます。その他輝度調整、昼/夜モード切替、画面回転制御などもワンタッチ
・iOSと同じような操作で文字選択や辞書連携(大辞林、大辞泉、Dict+等)が可能
・縦書き/横書きに加えて、縦画面/横画面、巻物風に連続して自動スクロールさせて読む機能など、多様な表示モードに対応
・本棚もピンチイン/アウト操作で拡大縮小が可能(リスト表示モードもあり)
■キレイな版面表示
bREADERは、iPhoneでも極力美しい版面表示ができるように心がけています。
・「太字」「挿絵」「絵文字」「傍点」「傍線」「縦中横」「割り注」「横組み」など多くの青空文庫注記にも対応し、これまで不可能だった版面表示が可能
・ぶら下げ、追い出しの禁則処理だけでなく、行末揃えや引用符の自動整形などにも対応し綺麗な版面表示が可能(青空文庫)
・iTunesからお手持ちのフォントを追加可能(TrueType, OpenType Font)
■独自の自炊小説閲覧支援技術「brc」
bREADERは、自分でスキャンした小説を快適に読むための独自技術「brc」を提供しています。
・小説などをスキャンした画像ファイルを「brc」にドロップするだけで、通暁のテキストのようにピンチ操作でフォントサイズの拡大/縮小できるようにすることが可能
■本を読み込む、本を作る機能を搭載
bREADERは、Web上にある小説を読み込んだり、クリップボードにコピーしたテキストやURLから簡単に「本」を作ることができます。
・Open in機能に対応し、本のファイルのURLリンクやDropBox等の他のアプリから連携してインポートすることが可能(ZIP, PDF, EPUB, TXTファイル)

・クリップボードにコピーされたWebサイトのURLや文字列から新しい「本」を作成することが可能

【その他の機能】
・本棚やリスト表示画面では、自由に選んだ複数の「本」を、1つのグループとしてまとめることができます
・背景色/文字色のテーマ選択や画面の白黒反転ができます
・閲覧画面に時計を表示することができます(ワンタッチでON/OFF可能)
・タッチ位置のガイド表示やタッチ領域の左右反転、本体をひっくり返すだけで反転するよう設定することもできます。

新機能

バージョン 1.4.7

・iPhone XS / iPhone XS Max に対応
・いくつかの不具合を修正

評価とレビュー

4.1/5
157件の評価

157件の評価

RT1129

iOS10

20170330追記 追加したファイルを一部認識なかったりいよいよ動作がおかしくなってきました。今後は32bitアプリは動かなくなるなんて話しも聞こえてきます。電子書籍が普及してきたとは言え、まだ電子化にタイムラグが大きかったり、旧作が電子化されないなど自炊環境がまだまだ必要な状況です。有料アップデートで構わないのでぜひiOS10.3への対応をお願いします。

iPhone7 iOS10にてリフローから元の画像への切り替えができなくなっています。
長らくアップデートがされていませんが、自分にとってbReaderとそのリフロー機能はiPhoneから離れられない理由の一つです。
Androidにも似たような機能を持つアプリはありますがリフローの精度、リーダーとしての使い勝手ともにbReaderには及びません。
対応アップデートを有料バージョンアップでも良いので望みます。

kasei-san

数式表示不可能

EPUB3では数式表示に対応したが、ビューワー側が対応していないと表示できない。残念ながらこのアプリでも対応する気はさらさらないようだ。そしてiOSではEPUBの数式がきちんと表示できるアプリが存在しないということがわかった。その他の機能は優れているだけに非常に残念だ。MathMLとMath-Jaxに完璧に対応してくれれば1万円でも払うし、星5評価に値するのだが。既に英語圏では数式を含むEPUBファイルは多数登場しつつある。著作権切れの本や論文などを、PDFのみならずEPUBでも作成し配布しているのだ。ビューワーや技術が日本でも普及すれば遠からず日本語の数式を含む本も爆発的に普及するだろう。それなのに、誰一人数式に対応するアプリを作成していないとは、リフロー形式のメリットもあったものではないな。iPhoneなどの小画面で閲覧できる最大のメリットがリフローなのに数式が全く読めないでは本末転倒だ。何故誰もやらないのか。初代iPadを使っているのでiOS5で動作しないと困るが、iOS5でも動くEPUBビューワーで数式が少しだけ表示できる(MathMLの一部のみ)はiBooksとsReaderのみ。KindleもKinoppyも対応していないし、当然このアプリも対応していない。電子書籍屋や青空文庫なども、数式を含む本に真摯に対応しておらず、このままではこの分野で欧米にぼろ負けすることが予想され先が危ぶまれる限りだ。以上のように、文章だけの本しか読まないなら悪くないが、数式表示に期待しているなら金の無駄なので辞めたほうがいい。

kota01

マーカー機能を切に望みます

このツールを使わせていただいてから、私にとっての読書、本というものがガラッと変わりました。

自炊できる環境を整え、本棚をスッキリさせるだけでなく、brcを使うことで明らかに読書がしやすくなり、一月に読む冊数が格段に増えました。

なぜなら、一に、本の収納場所を気にして、買うのをためらっていた本を迷わず買える。
二に、重くて持ち歩くのが億劫だった本も常に携帯できる。
三に、紙面が大きいために視線の上下移動に疲れる本、文字の小さな本でも、軽くて自分の好きな文字サイズや行間で読める。

紙の本が持つハードルが取り払われたために、よりたくさんの読書ができるようになったのです。これは何物にも変え難い収穫です。
作者の方には、本当に感謝しています。

ただ、ひとつだけ贅沢を言わせていただくなら、マーカー機能をつけていただきたいです。
ただ読むだけでなく、自分の知識として吸収していくための読み方をする場合、マーカー機能は大きな力になります。
それがあったら、もう電子書籍の完全な理想型としか言いようがありません。(本当は書き込みもできればいいなと思いますが、それは流石に難しいですよね……。)

今後の開発を心から応援しています。
ありがとうございました。

※なお、起動しないというレビューがあるようですが、iPhone4Sでは特に問題なしです。

情報

販売元
INFOCITY, Inc.
サイズ
50.8MB
カテゴリ
ブック
互換性

iOS 10.1以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語、英語

年齢
このアプリケーションのダウンロードは、17才以上の方が対象です。
頻繁/極度な過激な言葉遣いまたは下品なユーモア
頻繁/極度なアニメまたはファンタジーバイオレンス
頻繁/極度な過激バイオレンス
頻繁/極度な成人向けまたはわいせつなテーマ
頻繁/極度なアルコール、タバコ、ドラッグの使用または言及
頻繁/過激な性的表現またはヌード
頻繁/極度なホラーまたは恐怖に関するテーマ
頻繁/極度な擬似ギャンブル
Copyright
© 2011 INFOCITY, Inc.
価格
¥480

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ