スクリーンショット

説明

村上龍の電子書籍 第二弾が遂に登場!『作家 村上龍』の原点が35年の時を経て甦る。

1976年、24歳にして芥川賞、群像新人賞を受賞した村上龍のデビュー作「限りなく透明に近いブルー」。
基地の街、福生(ふっさ)で暮らす若い男女の荒廃していく日々を描いた本作品は、その衝撃的な内容と斬新な表現方法によって、当時の文芸界に大きな衝撃を与えた。海外でも多数翻訳され、発売から35年経った今でも色褪せることなく、多くの若者に読まれてきた本作品が遂に電子書籍となって登場。

本アプリケーションでは、読みやすいテキスト文章の他、初公開となる当時の著者の手書原稿を全ページ分スキャニングして収録しています。更に授賞当時のポートレート写真16点を収録した電子書籍ならではの作品となっています。

著者プロフィール
村上龍 1952年長崎県佐世保市生まれ。武蔵野美術大学在学中の1976年に「限りなく透明に近いブルー」で群像新人賞、芥川賞を受賞。主な作品に「コインロッカー・ベイビーズ」「愛と幻想のファシズム」「トパーズ」「五分後の世界」「半島を出よ」など。2004年「13歳のハローワーク」がミリオンセラーとなる。また2010年、自身初となる電子書籍「歌うクジラ」を発売、同年11月に電子書籍制作・販売会社である「株式会社G2010」を設立。2011年、単行本「歌うクジラ(講談社刊)」毎日芸術賞受賞。

※本文のテキストは現在、日本語にのみ対応しております。

新機能

バージョン 1.4.1

・iOS 13で動作確認を行いました。
・最新のiPhone、iPadで動作確認を行いました。

評価とレビュー

3.5/5
2件の評価

2件の評価

minu0109

原稿35

原稿の35番がないので、修正希望です。

はひふへほなわ

流石に・・・

面白いっ!
丁度家にある小説をなくしちゃったので購入してみたのですが、以外と読みやすいでね。

携帯小説?は初めて読んでみたのですが、性能的には全く問題ないと思います。

ただ期待の原文版がちょっと見づらかったので☆四つにさせて頂きました。

是非ともコインロッカーベイビーズ・音楽の階段・五分後の世界などお願いします!

waga21

待ってました!

20年ぶりの再開です。読み終わると福生に行きたくなるんだろうな、昔みたいに…計画停電で蒸し風呂化している真夏の東京の電車を乗継いで、今年の夏休みに福生に行くことなるんだろう。

Appのプライバシー

デベロッパである"G2010 Co.,Ltd."は、プライバシー慣行およびデータの取り扱いについての詳細をAppleに示していません。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

詳細が提供されていません

デベロッパは、次のAppアップデートを提出するときに、プライバシーの詳細を提供する必要があります。

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ